2019/3/20  18:13

病み上がり写真。手術終わりました。  マイポートレート

膀胱関連の手術、終了しました。慢性の病気なので完治はしないですが、なんとか日常生活と多少の旅くらいはできるくらいには回復・・・したと思いたいところです。。。

クリックすると元のサイズで表示します

ニコンにはDシリーズという古いレンズがあるんですが、これはその魚眼16mm/f2.8。


クリックすると元のサイズで表示します

300mmのf4。望遠はよくわからないです。。。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

最近もう体力と気力がなくて、できるだけ現像ソフトを使いたくないので、いい加減です^^;

桜は、できれば撮りにいきたい。。。



2019/1/31  12:48

池袋の風景と珈琲伯爵(2)  マイポートレート

最近あまり体調がよくなく、なかなか記事アップやコメント等できずにすいません(ーー; 今回の写真もトキナ 50mm/f1.4 FFというレンズの試し撮りを兼ねてます〜。


池袋といえば、やっぱりこの通り。

クリックすると元のサイズで表示します

ここに・・・。いつもあれがあったなぁ・・・。


クリックすると元のサイズで表示します


再び珈琲伯爵の中へ。24時間営業というのも歴史的な名店の証。

クリックすると元のサイズで表示します


フォーカスが全然あってない^^; けども、最近、なんだかもう、そういうのはあまりきにしなくなったというか、雰囲気さえ伝わればそれでいいやという気分に。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

南蛮ガラスがとても美しいです。グルメ日記をいろいろとアップデートしまくっていますので、お暇なときにでもご覧くださいませ☆ ヨーロッパ料理、アメリカ料理、日本料理、中国料理の4ページがありますが、「レトロ喫茶」というページも準備中です♪


タグ: 池袋 写真

2019/1/26  1:14

思い出の池袋北口と珈琲伯爵  マイポートレート

お久しぶりです〜。トキナユーザーのゆかです(・・; 池袋の北口に行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

わたしが前に1年だけいたお店があった場所。楽しさがや忘れられない素晴らしい思い出があった一方で、やはり辛い思い出も多かった場所。でもやっと向き合えた気がする・・・。


クリックすると元のサイズで表示します

レトロ喫茶としてとても有名な「珈琲伯爵」様。池袋で「伯爵」といえばココのことです♪ 24時間営業でいろいろな人がその香りと味わいを楽しみにくる名店。そのうちグルメ日記にも掲載します^^;


クリックすると元のサイズで表示します

池袋の北口にはいろいろな風俗店や飲み屋さんがある歴史的な空間。この通路を右に抜けると線路の逆側に出られます。


クリックすると元のサイズで表示します


以下はぐだぐだトーク〜

トキナさんのレンズは初めてだったのですが、新作の「Opera」というもので、設計はペンタックスさんらしいです。50mm/f1.4なのにオートフォーカスで、ニコンさんなどのそれらに比べたら半額以下というかなりやばいレンズです。わたしは撮ってもらうばかりでよくわからないのですが、色味はほんのちょっとだけ淡い青がかっているかな?と感じます。あとこれも少しだけだけどなんとなく淡い感じかも。ボケの円に緑や紫のにじみなどはほとんどないように感じます。ノクトンレンズに近いというお話もあるものの、そこまでレトロな雰囲気ではないと感じました。シャープといえばシャープなのだろうけども、そこまで硬い感じでもなくて、わたしは好きなレンズです。

もう少しだけ池袋にお付き合いくださいませm(_)m


2019/1/13  15:44

奈良時代のお城?  マイポートレート

こんにちは、魔理沙です。あ、間違った、ゆかです☆ あいかわらず一進一退な体調ながらも、様子を見ながらお城をまわってます。


去年の秋の終わり頃に宮城県のお城をいくつかまわってきました。それがここ。

クリックすると元のサイズで表示します

国府多賀城です〜♪ お城というか城柵というイメージですが・・・(ーー;


仙台駅からわずか4駅。方角としては塩釜のほうかな?

クリックすると元のサイズで表示します


しかもこのお城は続100名城ではなくて100名城。造られたのは西暦724年で奈良時代でも前半のあたり。古い・・・。めちゃくちゃ古い(・・; 


スタンプはこちら♪

クリックすると元のサイズで表示します


720年代といえば、平安時代まであと70年以上。ヨーロッパではフランク王国(今のフランス+イタリア+ドイツの原型)さえも、まだできていないようなほとんど古代時代。中国には唐という王朝があって文化の爛熟期。そんな時代の日本がつくった東北地方の拠点のひとつがこのお城だったそうです。


クリックすると元のサイズで表示します

つくったのは「大野東人(おおのあづまびと)」という人。・・・。それって名前なんだろうか(・・;? 奈良時代の資料ってどうも怪しげなことが多く、いまいち信用しにくいという印象があったりします・・・。


ギリギリ間に合った紅葉。

クリックすると元のサイズで表示します


一緒にいた友人
「何もないんだけど。」

う〜〜〜〜〜ん。確かにせめて小さな資料館くらいは欲しいところ;; 

クリックすると元のサイズで表示します

奈良時代のお城跡は結構いくつか100名城関連にリストアップされてます。秋田城とかも。仙台といえばやっぱり奥州最強の伊達さんの青葉城(=仙台城)が有名ですが、わたし的には「白石城」というところが結構好きです。主に写真が撮りやすいという理由によります(・・;

次回はその「白石城」あたりを書いてみようかなと思います。見てくださってありがとうございました^^v

---



AutoPage最新お知らせ