2020/8/13  15:49

オペ、失敗しました  私的な日記

麻酔が気がづに、尿道内部を削ることができずに、今回は延期。

来月、危険度の高い脊髄麻酔で、やり直します。

自殺したい。

もうそろそろ、死にたい。

なんで生きるの? なんで?



2020/8/3  1:11

尊厳死をできる場所とアメリカ論  私的な日記

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

スイス(xオランダ)が、外国籍の人の尊厳死(安楽死)を受け入れています。ただし、医師が注射することはできずに、医師の監督のもとで、恋人や家族と同じ部屋で、本人が致死性の薬物を注射し、自らの命を合法的に断てるのです。

なんていう、素晴らしい話か。


話はかわり、アメリカでは連日、国内テロが続き、ほぼ毎日、殺し合いをしているようですが、もはやコーヒー飲むのと変わりません。集団自殺もものすごい増えています。当たり前でしょう。

アメリカというのは本当におかしな国です。もちろん中国はゴミのような国であるし、日本もうわべだけの風情はまだかろうじてあるだけの二流国ですが、しかし、まさかアメリカがここまで内側から破壊されるとは。

アンティファとblmに資金と武器を提供していたのは、なんとカリフォルニア州の知事でした。しかも武器の仕入れ先は中国で、資金は1000兆円相当のマネーロンダリング。完全に犯罪です。ここまで堂々としたテロリストが政治家というのは、日本では今のところないでしょう。少なくともこっそりとしています。

中国の違法改造武器は、福岡にも輸入されているとの話がありますが、日本人の場合、おそらくは気性が荒くないから内戦にはならないでしょう。ただし、アメリカがレポートの中で指摘しているように、沖縄の独立は中国による国家分断作戦であり、よほど警戒していないと危ないでしょう、また、残念ながら中華街は基本的には中国スパイの活動拠点です。これは世界の常識で、スパイ防止法すらない日本では、対処はできないでしょう。アメリカの神頼みを待つしかないいっぽうで、アメリカ自体が受けているダメージは極めて大きく、余裕がないかもしれない。

わたしのこれらの話が誇張や誇大妄想に聞こえるのも無理はありません。たいていの日本人は知らないからです。しかし、ありえないことに、これらの情報はほとんど事実でしょう。

ただし、ここでひとつ言うべきことがあります。
アメリカの暴動は、シアトル、ポートランド、ミネアポリスなどの都市のごく一部でしか起きておらず、日本で仮に言ってみれば池袋の東口でテロが多発しているのを、東京でテロ多発と表現するという一種の詐欺です。実際には暴動は極めて限定的であり、イメージにあるようなトランプ派と反トランプ共産主義者がアメリカ全土で銃撃をしているわけでは全然ありません。これは意外に気づかない話かもしれません。

さて、わたしたちは来年まで生きているでしょうか。そもそも生きる価値があるのか。
タグ: 尊厳死 安楽死

2020/7/30  18:03

身辺整理とか  私的な日記

最近、身の回りのいろいろなものを整理して、捨てさっています。オペまであと2週間。


クリックすると元のサイズで表示します

タメ年の友達が生前墓を買っていて、あたしも欲しい。海が見えるところがいい。若い人が自分の墓を買う、これほどわかりやすい描写はない。



隠遁してもう長いこと経つ。カラダが痛むときと痛まないときがあって、原因がよくわからない。

クリックすると元のサイズで表示します



病院から生きて帰ったら、ガールズバー行って、レズ風俗で黄昏てきます。

クリックすると元のサイズで表示します

何もせずに、ただ、人のぬくもりだけを感じていたい・・・。


--- for the liberty and freedom

クリックすると元のサイズで表示します

2020/7/16  10:40

壊れゆくカラダ  私的な日記

クリックすると元のサイズで表示します

このところ、もう機会がないかもしれないと思い、アメリカ政治について書き続けてきました。今までのソフトダークなM嬢っぽい感じから一変しているように見えたかもしれませんが、隠していただけで、あたしは本質的に反体制でダークなのです。そうでなければ、風俗なんてやってないでしょう。


クリックすると元のサイズで表示します

来月のオペまで時間があるものの、患部が痛んだりして、死を願わない日は一日も無い。この壊れたカラダでは、おそらく100名城の200個制覇は無理ですが、生きた証としてやってます。


クリックすると元のサイズで表示します

あたしには世継ぎがいません。それがむしろ救いだと思った。


クリックすると元のサイズで表示します

人間四十年。下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり。
ひとたび生を受け、滅せぬ者のあるべきか。

さあ、旅にでよう。命が消える前に。





AutoPage最新お知らせ