2018/11/23  16:48

あのとき岩櫃城へ行っていたなら・・・  上州群馬をゆく

時は天正10年(1582年)の2月の夜。真田昌幸さんのところへ秘密の手紙が届く。

”武田家はもはや滅んだも同じ。わが織田家は武田家とは長く戦い続けているが敵は武田勝頼のみであり、家臣に恨みはない。もしも貴殿が武田家を離れて織田家に降伏するならば、沼田城、名胡桃城、上田城、岩櫃城は安堵し、家臣として召し抱えてもよい。 - 署名:織田信長、織田信忠”

とのこと。しかもあのろくでもない穴山梅雪@武田家親類衆筆頭(汗)の添え状つき。真田昌幸さんはこの手紙をもって武田勝頼さんのもとへ会いにゆくのですよね(・・; 武田勝頼を裏切ることはできないから、自分の領地である岩櫃城へお連れするのだ!って。天嶮の岩櫃城ならたとえ4万人の織田軍相手でも、籠城してチャンスをうかがえると。

そこで、岩櫃城へゆくことができなかった勝頼さんの代わりにわたしが行ってきました(・・;

このあたりはまだまだ入り口付近で、本丸はもっと上にあります。そこよりもさらに上に二の丸があるという珍しいつくりになっています(うちらは入り口とスタンプまで)。

クリックすると元のサイズで表示します


今では道が整備されていますが、400年前の当時はかなりの山道だったと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

お城にひたすらこもることを籠城と言うけれども、これは「食べ物」と「水」の2つが無くては全然意味がなくて、すぐに落ちてしまう。でも岩櫃城はかなり広い面積な上に、この山を包囲することは不可能。しかも野菜や水などもお城の敷地内で入手できそうなので、ここに籠城すれば1〜2年は持つかもしれないという雰囲気。


クリックすると元のサイズで表示します

でも運命とはどうしようもないもので、武田勝頼は結局この岩櫃城へは行かずに、小山田信茂という家臣の守るお城・岩殿城へ落ち延びます(噂では勝頼軍はもはや500人くらい)。しかもそこで裏切り(小山田信茂の家臣の独断によるものだったとか)にあって、天目山へ退避。わずか20人くらいとか。古代中国の時代に、劉邦に破れて落ちのびた項羽みたいな状況です。

岩櫃城へ向かっていたなら・・・。歴史は少しは変わっていたかもしれない・・・。ただ、どちらかというと勝頼から信用されなかった真田昌幸さんこそむなしいよ><

続100名城「岩櫃城」にて。

クリックすると元のサイズで表示します

---

参考資料:
真田三代、武田勝頼、真甲陽軍鑑


 ← ランキングになってます♪

2018/11/13  8:38

山ごとお城な岩櫃城をゆく(1)  上州群馬をゆく

クリックすると元のサイズで表示します

うわ、雨降りそうだな〜><B

さて、群馬での2日目は吾妻(あづま)という場所にある「岩櫃(いわびつ)城」へ。これも続100名城で山城です。高崎のホテルから群馬原町までは44kmでほぼ1時間くらい。近いような遠いような・・・。でも1時間というと都内東から新宿に行くようなものなので、高崎に宿をとったのはとりあえずは正解だったと思う(・・; 途中の渋皮は地理的に日本のちょうどど真ん中に位置しているらしいです。中之条とかは温泉などで有名なところですね^^v 外国の方もたまにすれ違いました。

クリックすると元のサイズで表示します


上州こと群馬の地図再び

クリックすると元のサイズで表示します


駅で無料で入手できる岩櫃城のガイドマップ。ものすごく凝っています。岩櫃城関連だけでも5つくらいはマップがあるんじゃないかというくらいの「真田推し」。無料パンフは10種類を軽く超える勢い。

クリックすると元のサイズで表示します


駅には到着したものの、いつものように土地感覚がゼロ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

とりあえずタクシーを呼ぼうということになって地図を眺めていると・・・。

とても紳士な方がお声をかけてくださって、「100名城ですか?もしよかったらご一緒にタクシー乗っていかれます?」とのこと。ぜひお願いします〜(・・;!! しかもおごってもらっちゃいました♪ めちゃくちゃ嬉しいです^^v

岩櫃城を散策してゆきます♪

クリックすると元のサイズで表示します


 ← ランキングになってます♪

2018/11/1  15:11

真田さんの沼田城を訪れる  上州群馬をゆく

こんにちは^^ ほぼ雨のない日が続いている関東です♪

え〜と、今回は沼田城の続きを書きたくて写真を見返していたんですが・・・。その場では結構いい感じかなと思っていたものの、ゆっくりしてから見返してみると、意外に枚数少ないし変な色とか多い(・・; とはいえ、現地でもうちょいねばるというのもできなかったりして、悔しい気持ちの残る沼田城でした。勢いでわたしの悩み相談なんですが、望遠ズームレンズってありますよね。詳しくはないのですがaps-cの「70-300mm」とかフルサイズの「70+200mm」とか。あれって、カメラマンさんと被写体とのあいだに、どうしても物理的な距離ができてしまって、それがそのまま心理的な距離になってしまうような気がして、何度やっても慣れません>< だって、135mmくらいだと結構遠いですよね・・・。どうやって遊べばいいのか(ーー;


クリックすると元のサイズで表示します

今回の続100名城に追加されたのは群馬のお城は「沼田城」「名胡桃城」「岩櫃城」の3つ。どれも真田ファミリーに縁の深い場所ということもあり「3つのスタンプ揃えるとクリアファイル(真田3名城)」がもらえます!しかもどこにも販売されていないので、実際にまわらないと手に入らないレアリティー(・・; 

スタンプはこれです〜!
クリックすると元のサイズで表示します


どのお城も真田さんと北条さん、それに秀吉さんも絡むという豪華な物語がついていて、歴史的には深い意味のある空間ながら、残念なことに「天守」やそれに類似する建造物は今ではもうありません(なくても私は気にしないのですが・・・)。でも最近の発掘調査で沼田城には「5層の天守閣」があったという証拠がでてきているようで、そのうち復興されるのかもしれません(かなり時間かかるようには思うけど・・・)。この下の写真が発掘中の天守跡。

クリックすると元のサイズで表示します

沼田城は真田昌幸さん(当時の彼は武田さんのとこの人で、信幸やゲームで有名な幸村さんの父)がいろいろな計略をはりめぐらしてその手中へ。でも秀吉さんの天下統一が間近になると、豊臣と北条の都合で無理矢理に北条さんの領土になってしまいます。


クリックすると元のサイズで表示します

そして、沼田城から目で見える距離にある名胡桃城(続100名城)というのを北条さんとこの家臣が無理矢理に獲得したことをきっかけにして、秀吉さんの小田原征伐がはじまるという、超大イベントのきっかけに(・・; 裏で画策していたのは真田昌幸さんだとあたしも思います。

この城址は資料館が併設されていて、中にあった模型も撮影できたりして、とってもいい感じでした。開放的な雰囲気と、自由気ままな空間。堅苦しい施設はどうにも好きになれなくて(ーー;

クリックすると元のサイズで表示します


この石垣は真田信幸さんの当時からあるものらしく、現存しているものらしいです。御殿桜とも呼ばれている大きな桜の木々がある空間で、春とかにはにぎわいそう♪

クリックすると元のサイズで表示します


沼田といえば「蕎麦」が有名なので、当日あいていそうなお店に向かいました。次回あたりは久しぶりのグルメ日記♪ 先月も今月も来月もお城へゆくぞ〜!

クリックすると元のサイズで表示します


---おまけ---
また少しずつ「ご当地限定おみやげ」がたまってきたので、コメントかメール(もちろんどちらも非公開にしますのでご安心を)でご応募いただいた方に、先着1名ずつ実際におみやげをお送りします(・・;! ネタではなくてちゃんとお送りします。でも「郵便局止め」という匿名配達をご利用できる方のみになります(あやしい・・・)。クリアファイルかボールペンのだいたいどちらかですかね(・・;

 ← ランキングになってます♪

2018/10/21  16:15

沼田城をゆく(1)  上州群馬をゆく

前回の日記からあっという間にもうほぼ1週間も経ってしまっている(・・; えーと今回はまず東京駅にいきました。そして高崎から沼田へ向かう。あ!高崎に滞在した理由は沼田や岩櫃などへの中間地点のような気がしたので・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


噂によれば、このあたりはとても雪が降るらしく、冬に訪れるのは難しいと思っていたので、秋の紅葉前という妙な時期に訪れてみました。(→この、かなり雪が降るというのはわたしの思い込みで、現地でタクシーの方に聞いてみたら”たいして振りませんよー”と言われてしまった^^;)


上州群馬はとても広く、見たいところもいっぱいあるし、移動距離も片道で100kmを超えてしまうので日帰りは諦めて宿をとることにしました。お外に泊まるのは実はとても久しぶり(・・; 

クリックすると元のサイズで表示します

旅の前の準備はワクワク感が絶好調ですごい楽しい♪ 群馬にある100名城はすべてまわっていたので、今回は続100名城をめぐってみました! 予定していたのは、「沼田城」「名胡桃城」に「岩櫃(いわびつ)城」の3つ。もしできればローカル線で右下の栃木にある唐沢山城も考えてはいたんですが、「1日1城」がやはり限界のようでした(ーー; 特に思い入れのある場所はゆっくり見たいし・・・。

今回かなり予想外だったのが「高崎〜沼田」の電車の本数がめちゃくちゃに少ないこと。なんと1時間に1本がベースで、たまに2時間とか空くときもあるという鬼門に(><) いつも通りに土地感覚がないので、実際の移動でどれくらいかかるのかが試してみないとわからないというパターンでした。結果、「名胡桃城」は今回はパス^^; 沼田と名胡桃は物語とかでもよくでてくるように「すごく近い」から2つまとめていけるかな・・・と思っていたんですが、沼田城のあとで蕎麦をまったり食べ過ぎていたのもあって、名胡桃はいつかのお楽しみになりました。


クリックすると元のサイズで表示します

沼田といえば、「天空の城下町」としても有名な空間だそうで、行く前はてっきり平地にあるのかなと思っていたんですが、街ごと高い標高にある感じで、ものすごいびっくりしました(・・;

とにかく短いながらもいろいろと詰まった旅でした☆ わたしのとても悪い癖で、いくつもの旅日記をかなりランダムにアップしてしまい、自分でもわけがわからない感じです(ーー;

とりあえずは沼田城へ向かいます(・・;

クリックすると元のサイズで表示します

 ← ランキングになってます♪



AutoPage最新お知らせ