2020/9/12  5:54

白人専用カフェの不気味さ  アメリカ政治

中華街ってあるじゃないですか。横浜の他にも、長崎や神戸にもあるのかな。でもそれらは中国系の人たちが結果的に集まって暮らしていることとが多い空間ということであって、「他の人種はお断り」ではないですよね。この差は大きすぎると思うんですよ(・・;

アメリカではあいかわらず一部の左派カルト教団(=自称リベラル)が人種に基づいた「人種隔離政策」をこの現在に行っています。ミシガン大学の「白人専用カフェ」は、詳しく話を集めてみると、他の人種でも利用はできるらしいです。ただし、「白人専用スペース」があって、そこは白人専用。

いやいや、おかしいでしょ。 1960年代じゃないんだから(・・;


問題点

1)片親が有色人種の場合や、エリザベス・ウォーレンみたいに100年前に有色人種の血が入ったらしい白人の場合はどうなるのか。あたしの考えでは「純血な白人や黒人、日本人」なんているわけない。あたしもDND検査したら0.1%くらい、ミクロネシアの血が入っていました。

2) そもそも目的は何なのか? これがかつての人種隔離時代とは違って、白人であるだけで撲殺されるという事例がアメリカで実際にあるので、ある種の自衛のためにつくられた可能性を否定はできない。

3) 伝統的に、人種差別に反対してきた左派リベラルが、なぜ全く矛盾的に過剰な人種差別を展開しているのか? 彼らこそ実は、人種差別思想を根強く持っているのでは?という、そこはかとない疑いはおそらく事実でしょう。


もちろん、こういった人種差別カフェはあくまで一か所であり、人種間対立も実際にはごく一部の都市でしか起きていない。そう、意外にも、たいていの都市はポートランドみたいにカオスにはなっていないんですよね。


あたしはこの機会にいっそ「黒人優遇措置」自体を停止するような、トランプ大統領の路線を支援しています。連邦政府のレベルでは「クリティカル・人種理論」が廃止され、そこに隠された問題点が浮かび上がってきました。トランプ大統領という人は、良くも悪くも「邪悪の存在を開示する」という不可思議な大統領です。


最近、好んで使う表現なんですが、「90年代のアメリカ民主党はリベラル左派」であったと思うんですよね。それがどこでどう間違ったのか、今のアメリカの左派は暴力を基軸として、ファシズムと抑圧を行うようになってしまった。トランプ大統領がジョークのように登場した4年前、トランプこそが暴力・抑圧・ファシズム・差別を推進するものとして攻撃されていました。しかし時間が経ってみると、どういうわけか「反トランプ=反自由主義」という奇怪なことになってしまいました。あるいは、気づかなかっただけで、もともとそうだったのだろうか・・・。


クリックすると元のサイズで表示します

2020/8/17  22:21

黒人による人種隔離政策がアメリカで起きている  アメリカ政治

クリックすると元のサイズで表示します

アメリカの古き良き文化が、日々、破壊されています。テキサスのスペアリブは美味い🐻

暴力組織 BLM は最近、黒人専用学校を作り始めています。黒人による、人種隔離政策、つまりアパルトヘイトがアメリカで起きています。その犠牲者は白人とアジア人で、アジア人はなぜか「白人の一種」というナンセンスがまかり通り、特に白人を排斥するこの行為。完全に人種差別であり、人と出自と肌の色でしか判断しないリベラル左派(を偽装した無政府主義の暴徒)の慣れの果てでしょう。

最近のBLMは白昼堂々と他人の邸宅に押し入り、「この家をよこせ」と脅迫したりしている。8才の女子を射殺したり、トランスジェンダーを殺したりと、まさに殺戮集団で、しかもブルーステイトの検事や市長がこれに加わってさえいる。

日本の人はあまり知らないかもしれませんが、殺人というのは起訴できなければ、罪を問えないのです。だから司法が犯罪者側についていると、手のうちようがない。

もちろん、トランプ大統領はなぜ介入しないんだという疑問はあるでしょう。理由は簡単で、基本的には大統領は州内の出来事には介入できないのです。これは考えてみると不可思議な話で、アメリカ大統領の超越的とも見える権限は実は外交においては強大なのに、国内においてはむしろ弱い。これは民主主義としてはそうあるべきなのだろうけど、今回のように無政府主義者と司法が組んでいる場合に、そのシステムの欠陥が浮かび上がってきました。

トランプ大統領は少なくともカリフォルニア州とニューヨーク州の知事を反乱罪で逮捕すべきでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

2020/8/10  15:39

投票詐欺は存在する(アメリカ)  アメリカ政治

こんにちは、アメリカ政治評論家の、風俗嬢ゆかです🐻

クリックすると元のサイズで表示します


陰謀論に聞こえるかもしれませんが、アメリカには「投票詐欺」というのがあります。それは主に投票権利の無い不法移民や、連邦法違反の犯罪者、またはすでに死亡している人や、さらには犬や猫などのペットに投票させるというものです。いや、これはジョークではありません。

先日もフロリダ州で、10年以上前に死んだワンちゃん宛に「大統領選挙の投票用紙」が届いたという話がありました。しかも似たようなケースは極めて多く報告されていて、間違いなく事実です。また、不法移民を恐喝し、民主党に投票させているというのも事実で、だからこそ民主党は「聖域都市」というのを運営していたんです(聖域都市は動画で検索してみてください)。


クリックすると元のサイズで表示します

このように、「郵便による投票(mail in ballot)」は極めて不完全で、本当に実在するアメリカ国民による投票なのかを、確認する術が実はありません。トランプ大統領が急いで対策しているけども、間に合うかどうか・・・。

民主党は間違いなくチートします。それに関連し、一部で噂されている「疫病のロックダウンは、直接投票を妨害し、郵便投票にして、チートするためのスキームなのでは」という話ですが、可能性は高いです。アメリカ民主党とはそこまで邪悪なのです。

これを読んで、いくらなんでも陰謀論じゃないの?と思われるでしょう。しかし、アメリカの政治というのは、もはやそこまで闇に落ちています。


というわけで、夏の唐沢山城での撮影でした^^v
それでは・・・ あと3日でいよいよオペです(><)b 緊張する・・・。

---

*9月〜11月も姿をくらましているので、ご連絡は暗号化されている「テレグラム(Telegram)」かDM専用のツイッターアカウント(@MjouOukoku)からよろしくです〜♪

*プレイは一切お受けできません。

クリックすると元のサイズで表示します

2020/7/24  23:27

ポートランド市長はテロリスト(本人が公言  アメリカ政治

久しぶりにゆっくり音声でやってみました♪ (動画は笠間城散策)

内容は重い(・・;

「市長がテロリスト!?」




いやいや、そんなバカな。政府の職員がテロ組織アンティファのメンバーなんてありえない!と思うでしょ。それがあるんですよ。ポートランド市長は「自分はアンティファメンバーだ」と長いこと公言しているみたいです。市長が隠れもしないテロリスト(・・;

一部のメディアがトランプ大統領が連邦軍を違法にポートランドに動かしているという物語をつくろうとしていますが、これは誤りです。トランプ大統領と連邦軍はポートランドの「連邦ビル」に入ったのです。これは連邦職員のトランプたちにとっては職場なので、「不当に占拠」には該当しません。

ポートランドの市長については、2年前くらいから時々話を集めていたんですが昔からアンティファメンバーです。これらの話は基本的に、グーグルやツイッターに自動検閲されるので、検索してもあまり出てこないかもしれません。




AutoPage最新お知らせ