2021/7/4  22:28

独立記念日にて  アメリカ政治

こんにちは、ゆかトランプです🐻 

クリックすると元のサイズで表示します

藤沢で撮影した食べ物のお写真とともに、アメリカの独立記念日を祝いたいです♪


クリックすると元のサイズで表示します

最近、東京オリンピックというのが話題になっているそうですね。あたしはいろいろあったんですが、このオリンピックに賛成です。なぜなら、数年後に北京オリンピックがある。これは全体主義かつ非民主主義的な中国政府が行う北京オリンピックとは違い、自由かつ民主主義的な日本は、オリンピックを開催できるのだ、と歴史に刻む必要があるから。平和の祭典たるオリンピックは、自由で開かれた国の重要な一部である日本だからこそできるんだ、と後世に残したい。


クリックすると元のサイズで表示します

日本の外務省が「日本の法体系にはジェノサイド(民族虐殺)についての明記が存在しないから、中国をジェノサイド認定できない」という、わけのわからない理由で中国を非難できなかったことは、後世の歴史に残ってしまう。ジェノサイドというのは「大量の殺人」ではない。ジェノサイドというのは、特定の民族の消滅を目指し、固有の言語を禁止し、子孫を残すことを抑圧し、文化を消滅し、それを個人ではなく国家が行なっている一連のことを、ジェノサイドというのです。旧ソ連スターリンのウクライナ虐殺、オスマントルコのアルメニア虐殺、ドイツナチスのユダヤ人へのホロコースト、カンボジアのポルポトによる虐殺などがあります。これを今まさに、中国政府はやっているのです。先の大戦で日本は結果的にナチスドイツと同盟してしまった。しかし、日本はジェノサイドはしていないのです。そこがかつてのドイツや現代の中国と違う。


クリックすると元のサイズで表示します

中国を間接的に支援してしまうのはやむをえない。現代の服や食べ物はサプライチェーンが複雑化しすぎていて、生産国はトレースできても、素材がどこでつくられたかまではわからない。しかし、ユニクロのように「ウイグル問題は政治なので、ただの一企業である自分たちはノーコメント」ということは人間として倫理が欠如している。

日本はいろいろありながらも、アメリカを旗とする、自由かつ民主主義を掲げる国なのです。中国のように不自由かつ非民主主義的な全体主義国家ではない。日本は、国家の利益のために、個人の存在や利益など全くどうなってもいいのだ、という国ではないのです。

もちろん課題に対して賛成や反対はあるでしょう。しかし、対立する意見を全て国家の名の下に抑圧し、関係者は全て処断する、ということを今もやっている中国のような国家とは違い、日本にはまがりなりにも言論の自由がある。アメリカのそれほどは強固ではなく脆いけれども、違う意見を封殺するような国ではないのです。

わたしは中国の古代史や中世の歴史が好きで、今でもよく触れるし、中国料理も食べるし、音楽も聴く。しかし、現在の中国政府は民族虐殺をやっている段階で、日本の仲間にはなりえないのです。


クリックすると元のサイズで表示します

@7月4日 アメリカ合衆国独立記念日にて

タグ: 独立記念日

2021/6/21  12:24

ワクチンの緊急使用の法的問題  アメリカ政治

日本に限らず、たいていの先進国では10年以上という人体を対象とした治験を経なければ、ワクチンや薬は正式に認可されません。従って、今回のワクチンは「緊急使用」なのです。その定義は実は明確で、日本国の公式サイトにも明記されています。その中のひとつに、

「他に有効な治療薬などの手段がない場合」

というのがあります。今回の疫病については、「イベルメクチン」「アビガン」「HQC」などの有効性が確認されており、特にイベルメクチンはきわめて有効であるとファウチ自体がメールで書いています。しかもイベルメクチンは日本人の開発であり、アビガンはあの富士フィルムの開発です。

これらの薬の効果をひたすらに否定し、効果がない、と主張した理由を、最近になって旧メディアなどは、
「トランプが憎いから、それらの薬の効果を否定した」
ととんでもないことを平然と言っています。これは犯罪行為です。

先に書きましたが、他に有効な治療薬があるので、ワクチン自体を中止するのが妥当なはずです。それが法治国家のあるべき姿です。

現在のワクチンは、
・安全性の確認がとれていない(厚労省にも明記されている)
・10年後や次の世代などへの影響は、全く不明である
・データの改竄が明らかになっているものだけでも多すぎる

など問題が多すぎます。一部に、「いや、このワクチンは安全だ」と主張する人がいますが、それらが医師などであろうとも、その主張に根拠がありません。10年経過していないのだから、10年後の結果は不明なのです。

そうはいっても、たいして死亡例などがあがっていないと主張する人はいますが、日本というの国の歴史上、壮大なデータ改竄や捏造がされたことが何度もあります。そもそも有効な治療薬があるのだから、ワクチンを実行すること自体に法的な大問題があります。

イベルメクチンやアビガン、HQCについての研究がどう進むかを、あたしは気にかけています。これらが行われないようならば、日本の科学分野と学術は死んでいるも同然です。

#イベルメクチン
#アビガン
#HQC



2021/6/12  13:41

ファウチメールと日本人の語学力問題  アメリカ政治

アメリカの報道自由法や情報開示法により、アメリカの公務員であるドクター・アンソニー・ファウチの3000通近いメールが外部に公開されました。内容的には1文メールもあるけれども、長いメールもある。なお、ファウチメールの中には内容の怪しいものもありますがしかし、ファウチメール自体がフェイクであるという可能性はありません。本人がメールは事実であり、全て記憶しているとまで討論会で言ってましたからね。

その中で日本人に深く関係のあることを3つ。

・コロナウイルスはサーズウイルスにHIVなどを結合し、感染力を高め、致死率を高めた人工ウイルスである。わたしも開発に関与した。

・ヒドロクロキシン、イベルメクチンは極めて有効である。

・マスクは常識的に考えてまったく意味がない。


など。さて、内容の是非はちょっと置いておきます。あたし個人としては、ファウチが想像で上記の発言をするとは考えられないから事実であると考えますが、反対意見があっても別に良い。もっと重要な話を書きます。


「日本人は英語ができないというフェイクニュースについて」

です。あえて年齢でくぎります。たしかに現在40才以上の場合、学校でやった英語は古めかしく使い道のない英語であり、当時はリスニングもヒアリングと呼ばれていたり、外国人の英語を聞いたり見たりするだけでも、毎月10万円くらいかかる時代でした。しかし2000年前後にインターネットは普及しはじめ、2005年あたりでは比較的多くの人がユーチューブなどで外国人の英語を無料に味わえるようになりました。(もっともツタヤなどでdvdなどを借りて誰でも英語を聴ける状態ではあったのですが・・・)。

日本の学校では小学校から英語をやっているそうです。高校まで卒業する日本人が大半だと考えると、少なくとも10年近くもリスニングやライティングを含む英語をやっています。にもかかわらず、

「ここは日本だ、英語は知らない!日本人なら日本語使え!」という教徒がいます。日本人が英語ができないというのは、フェイクニュースです。さらにいえば、文科省などの能力に疑問の多い組織が、あえて使えない英語を国民に教えることで、英語系情報を遮断し、愚民のままにしておく政策だとわたしは考えています。

ファウチの件ですが、ワクチンの話は置いておいます。効果があるかないかはわかりません。長期的な安全性は厚労省の公式ページにあるように不明です。

ファウチはその大量のメールの中で、
・わたしはヒラリークリントンの逮捕につながる証拠を持っている

とも書いています。それならばなぜFBIやCIAに報告しなかったのでしょうか?


最近の会見では、趣旨として「わたしに質問をするな。わたしに質問することは、科学への攻撃と同じ意味である。」と言っています。つまり、彼は「オレが科学だ!」という迷言を歴史に残してしまいました。これは科学者としては最低であるし、学者としても最低でしょう。問題外です。

さらにファウチはイベルメクチンなどの有効な薬について発表している研究者を脅迫し、「研究を撤回しないと、お前のキャリアを破壊する」と言っていたことが浮かび上がってきました。これは重大な告白であり、嘘の可能性は低いでしょう。事実の場合、もはや犯罪行為だし、人間としての基本的な倫理観が欠如しています。

そのファウチが開発したのが、ワクチンなのです。あなたは信用できますか? わたしを疑わしく思うのは当然でしょう。それならばファウチの動画を見てください。ファウチメールを読んでください。



2021/6/7  14:12

ファウチゲートが開いた  アメリカ政治

アメリカの報道自由法により、公務員であるドクターファウチ(疫病関連のトップ)のメールが1000通、開示されました。その中に彼自身の言葉で書かれているのは、

1 コロナウイルスはわたしとチームが中国の人民解放軍と協力して作成したものである(すでにレシピが提示された)

2 トランプ大統領が服用していたハイドロキシンはコロナウイルスに大して極めて有効であり、ほとんどの重症化を治癒可能だがこれは極秘にしなければならない

3 マスクはまったく意味がない

4 ロックダウンは意味がない

などがファウチにより記載されている。これ自体はすでに事実として確定している。ファウチは、

「メールの表記に誤解があり、多くの人は内容を誤解している。しかし、コロナウイルスは自然発生ではなく、武漢研究所であるとは思う」

と主張。


アメリカ政治について知らない方も多いと思うので解説します。ファウチが武漢研究所に資金提供していたのは事実です。ただし、一介の科学者が一存でそんなことできない。武漢研究所は人民解放軍、つまり中国軍の管轄です。だから、当時の大統領であったオバマがこれを許可した以外にありえない。当時の副大統領はバイデンです。

現在考えられるのは、オバマの許可により、ファウチがコロナの研究を武漢でやっていたのでしょう。アメリカでやらなかったのは、あまりにも危険すぎるからです。そして、中国側の杜撰な管理で、ウイルスが漏洩したのでしょう。あたしはオバマが生物兵器を悪意をもって開発していたとは思いません。そうではなくて、生物兵器やウイルス兵器に備えて、ワクチンなどの開発をするためにやっていたのでしょう。ところがウイルスが武漢からリークして、しかもファウチやオバマがからんでいるという話になると、あたかも攻撃用のウイルスを作成していたかのように見えてしまう。だからファウチは隠蔽したのでしょう。

結果的にはトランプ大統領の話はたいていは正しかったのです。





AutoPage最新お知らせ