2020/10/4  21:08

彼岸花とスマホのセキュリティについてクマ🐻  ITテクノロジー

今年は静かに中秋の名月が過ぎ去ってしまいました。夏が終わり、秋の音が聞こえはじめるころ、土手にはこの花が咲き乱れます。

クリックすると元のサイズで表示します

ニコンさんの200mm/f2 という伝説のレンズを試す機会がありました^^


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

アルカロイド系の神経毒があるのでマジ触らないでね(・・; さわっても命に危険はないだろうけども、指でつまんだりしたら人体には本気でやばいです。


クリックすると元のサイズで表示します

一部で評判の良いこのTシャツ、オリジナル作品です(・・;


まだもうちょっとだけあるので、それは次回に〜♪


-- おまけネタ。
スマホのセキュリティについて、メモってみました。

下に行くほどハードル上がるようになってます。

1 常にVPNに接続。「weVpn」が良いらしいですが、とりあえずは「NordVpn」などでも年額2000円くらいです。あ、自分のデバイスなら5〜6台くらいに同時に使えます。スマートテレビなどにも使えます。ちなみに VPN と聞くと何か悪用を前提としているような響きがありますがそれは誤解です。本来的にはセキュリティーを高めるためのツールであって、日本では残念ながら対策不十分です(ーー; ホテルやカフェなどの WIFI につなぐときには必ず VPN を経由したほうがいいです。直接につなぐのは危険すぎます。

2 Bluetoothは画像送受信時以外は常にOFF。Bluetoothはセキュリティーに根本的な問題あり。

3 ブラウザは常時 https を選択。クッキーは問題ない。

4 メッセンジャーはシグナルかテレグラム推奨 → どちらもおすすめです。テレグラムは日本語対応が93%みたい。

5 メールは暗号化対応で送受信続き → プロトンメールが無料でおすすめ

6 ラインはインストール自体しない。このグループは登録したデータベースを削除しない疑いが濃厚です。

7 FTP 使うなら常に SSL かそれ以上のセキュリティ設定


ここまでやってもまだセキュリティーが不安というマニアな人へは・・・

8 リナックスOSのスマホ「パイン」を使うことで、アップルとグーグルを離脱。比較的、専用アプリもそろってきているとか・・・。あたし的にはそこまではやりませんが、GPSを完全無効化しつつもスマホでネットをするには、おそらくリナックススマホがベストです。3万円くらいで意外にお手頃(・・;

9 バーナーフォンを使う(アメリカのスパイが実際に使う手法で、一度使ったら破壊して燃やして破棄します笑)


#IT基本 #ネット基礎
#スマホのセキュリティ #VPN


2020/10/1  10:40

テレグラム(Telegram)とシグナル(Signal)  ITテクノロジー

おはようございます、セキュリティ系元風俗嬢のゆかです🐻

クリックすると元のサイズで表示します


1 まずはフェイスブックの「メッセンジャー」を用意します。
2 それをアンインストールして完全に削除してください(汗
3 無料アプリの「テレグラム (Telegram)」か「シグナル(Signal)」をインストールします。


テキトー解説

☆テレグラム
生産国 ロシア
お値段 無料
対応デバイス pc、スマホ、タブレット
広告ブロック 極めて強力。政府も介入不可能。 *NSA, CIAなどは除く
アプリの言語 英語など(現在は日本語なし。日本語メッセージはもちろん使えます)
暗号レベル 256のアメリカ軍用レベル
ログインセキュリティ 二段階認証とピンコード対応
特殊な機能 シークレットモード(送信したテキストを指定の時間経過後に自動消滅。サーバーからも完全に削除)



☆シグナル
生産国 アメリカ
お値段 無料
対応デバイス pc、スマホ、タブレット
広告ブロック 極めて強力。政府も介入不可能。 *NSA, CIAなどは除く
アプリの言語 英語、日本語など
暗号レベル 256のアメリカ軍用・政府レベル
著名なユーザー エドワード・スノーデン、アメリカ上院議員はシグナルのみ利用可能。
ログインセキュリティ 二段階認証とピンコード対応


これらのメッセンジャーアプリはラインのようにメッセージを収集、解析、蓄積、行政に送信などをしていません。ただし、以前の投稿と同様にテロ、暗殺などは適用外です。ラインは表面的には「日本製」ですが、資本の多くは韓国であり、いくつもの事例から、極めて危険なメッセンジャーアプリだと断言できます。特に、絶対に銀行や他の ID などと関連づけしないでください。LINE Payなど論外です。


暗号化されていないメッセンジャーはあまりにも危険なのですが、現状では「テレグラム」か「シグナル」の二択だと思います。


ゆか流まとめ
セキュリティは高望みすればほんとにキリがなくて、突き詰めると「バーナーフォン」という一度使ったら物理的に自己消滅する使い捨て電話などがセキュリティは高いですが、CIAやMI6、モサド以外でそんなものを使う必要はありません🐻

フェイスブックグループは中国政府にユーザーデータを何度も売買していたという濃厚な疑いがあります。少なくとも大量のデータが盗まれたのは事実で、しかもよくあります。

ラインはQRコードなどもあり便利に思えますが、QRコードはハッキングの温床なので、できるだけ読み取らないほうがいいです。わたしはそのようなQRコードの存在を知っています。フィードバックやアンケートも送信すべきではないです。

WIFI につなぐときには、
1 VPN でセキュリティの基本を確保
2 その上で、暗号化されたテレグラムやシグナルなどを使う

という風にすれば、メッセージが外部に漏れることは激減するはずです。


2020/9/30  15:00

広告の無いメールをご紹介 (検閲回避)  ITテクノロジー

先日、オペを終えて、少しずつ再開しています🐻


あたしはとにかく広告が大嫌いです。政府のプロパガンダも大嫌いで、それらのナンセンスを排除できるメールを探し続けていました。その結果、たどり着いたのはこの2種類。どちらも「無料プラン」と「有料プラン」があります。

ただし、どちらも前提としてテロや臓器売買、暗殺などの行為は全く想定していません。あくまで一般的な「広告ブロック」と「検閲回避」のためのメールです。

いずれも日本語対応に加えて、「Pin 設定」と「二段階認証」にも対応しています。メールは暗号化されており、Gメールやヤフーなどの怪しすぎるメールとは全然違います。


プロトンメール (Protonmail) @スイス

クリックすると元のサイズで表示します

この画面は有料版の機能ですが、無料版だとアドレスは1個のみとなります。でも完全に無料です。


トゥタノタ (Totanota) @ドイツ

クリックすると元のサイズで表示します

特にドイツのトゥタノタには「開くためにパスワードが必要なメール」というものを簡単に作成できます。送受信で暗号化され、受信相手もパスワードを入れないと開くことすらできません。しかも、開いてから指定の時間が経過するとサーバーからも完全に自己消滅するという機能もあるみたいです。

プロトンメールもトゥタノタメールも「ログなし」をポリシーとしていて、サーバー側でもメールの内容やログを確認できません。特にプロトンは政府の要求にも一切応じないという凄まじい運営です。

これらのメールに合わせて「VPN」を使用すれば、追跡されることは基本的にありません(実はあるけど、日常的には無いレベル)。どうせクリックしない広告ならばはじめから「広告無しメール」が良いに決まっています。

グーグルとマイクロソフトはユーザーのメールを勝手に読んでおり、解析し、蓄積しています。そのような邪悪なポリシーは絶対に許容できません。

この2つのメール会社は EU や国連などの抑圧的な政治組織から独立していて、今の段階ではベストだと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

2020/9/1  9:26

Nord VPN のご紹介。うるさい広告の回避方法  ITテクノロジー

あたしが嫌いなもの。それは「広告」です。特に日本の広告は、「うるさい、下品、バカ」と三拍子揃っています。それを回避するには・・・

VPN を使えばいいのです^^v


携帯を立ち上げてこのような画面が出ます(ガラケーでは使えません、たぶん)

クリックすると元のサイズで表示します

接続したいサーバーを世界中から選びます。中国やタイなども選べますが中国はおすすめできません。


クリックすると元のサイズで表示します

アメリカのサーバはやたらに早いので、速度的な遅延を体感することはまずありません。
IPアドレスを偽装してしまえば、ユーチューブやアマゾンなどの広告から、日本のものは表示されなくなります。ただし、当然ながらアメリカの広告が表示されます。でも意外にもあまり騒がしくないし、比較的まともな広告が多いことにびっくりしています。

ただし、アマゾンプライムビデオやアマゾンショッピングなどはアプリから閲覧している場合、IPを変更できない可能性が高いです。

あたしはとにかく楽天モバイルやソフトバンクの広告が大嫌いで、激しく嫌悪しています(・・; なので、ユーチューブで日本の広告を99%排除できて、ストレスがかなり減りました。


クリックすると元のサイズで表示します
タグ: Nord VPN



AutoPage最新お知らせ