2011/1/22

(無題)  

『マルコハイビート。』
マルコハイビート。
4 x フェアリー・ライフ
4 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
4 x クゥリャン
4 x エンペラー・マルコ
3 x 爆竜 GENJI(ゲンジ)・XX(ダブルクロス)
1 x クリスタル・アックス
3 x コーライル
3 x ナチュラル・トラップ
3 x 火焔タイガーグレンオー
3 x 斬隠テンサイ・ジャニット
2 x 超次元フェアリー・ホール
3 x 超次元ボルシャック・ホール
1 x 破壊と誕生の神殿(エターナル・サンクチュアリ)
2 x 電磁翔天ピピッピ
1 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
2 x 時空の英雄アンタッチャブル/変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード
1 x 時空の探検家ジョン/冒険の覚醒者ジョンジョ・ジョン
1 x 時空の踊り子マティーニ/舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ
1 x 時空の戦猫シンカイヤヌス/時空の戦猫ヤヌスグレンオー
1 x 時空の鬼若コーシロウ/戦鬼の覚醒者ダンジューロウ
1 x 時空の侍ボルメテウス・若武者・ドラゴン/戦国の覚醒者メビウス・武者・ドラゴン

これで明日ナスカ心中してきますwww
今日はジャンクのドロマーヘブンズに負けたんで明日こそ・・・

とりあえず構築はJIGENJI理論で
0

2011/1/19

暇だし一応更新  

不滅オロチってやばいらしいね。実際やったことはないけどヤバそうな臭いしかしない
とりあえず対策が浮かばないので流行る前に権利取りたいね
0

2011/1/11

ついにラスト。  

http://blog.ap.teacup.com/yusukeblog/60.html4番目

ついにラストです。ラストは環境考察ですが、

まず言えるのはビートもコントロールも超次元が強いってことですね。

ミカドやボルシャックは除去しながら次元が出せますし、フェアリーホールは7コスに繋げながら、エナジーホール、リバイヴ、ドラヴィタはタイプは違えど手札を減らさず次元を出すことが出来ます。すなわち、アドを取りながらハイスペックなクリが出てくると考えれば次元を使わない理由がないですよね。

なので、超次元を最大まで生かせるデッキが強いというわけです。

アヴァ公は呪文主体にすればほぼ3枚引けますし、ミルアーマは次元呪文の連打を可能とする、そしてドラヴィタを生かすなら軽い呪文を増やせばいいのです。なので、ドロマーは次元を最大限に活用できてると言えますね。
だから強かったのです。Mだって次元を上手く使いこなせる能力だからこそあそこまで強くなったのです。

超次元の他に強いのはGENJIですね。
これはブロッカーをほぼ全否定するようなスペックです。
これでロリエスやバキューム等ブロッカー付き置きドローは使いにくくなりましたし、マティーナやチャクラも弱体化されました。
赤入りビートにはほぼ必ず入ると言っても過言ではないと思います。
これに先程述べた次元と合わせたビートが流行っているのも納得です。
また、これといった対策が少ないのも強さに拍車を掛けています。

かといって、強い強い言ってるだけじゃ進歩がないので対策を考えてみましょう。

超次元は、超次元を生かすためには呪文主体になりがちなのでそこを突きましょう。
序盤にクイーンや、マクスウェル、デルフィンあたりで呪文を縛るのが早いでしょうかね。この辺はゴーゴン等と違って超次元と割りと好相性なのが強いところです。
後は、チューザもいいです。GENJIの台頭でブロッカーが減り、ハヤブサが殿堂した今、攻撃が通りやすくなっております。タイムラグをなくすためヤヌス等でSAにしてしまえばかなり強いと思います。
出てしまうことを想定して、ストスパや、陰謀と計略の手、牢獄、リフスト、ケロディフロッグ等軽くてアドの取れる次元対策も多めに用意したいところです。

GENJIの対策は難しいところですが、除去へのタイムラグを減らすため確定除去のSトリガーを増やしたり、ゼロカゲ等GENJIを確実に止められるものを使う、もしくは先にGENJIよりパワーの高いクリを建てて置くなどが有効な手段だと思います。

シノビが減ったので必然的に除去トリガーの枚数も増え次元メタのクイーンはGENJIよりパワーが高いので、ものすごく対策に困ることはないですが、それでもかなりきついです。

最後に、忘れてはいけないのが速攻です。

次元やGENJIに頭を取られて忘れがちですが、しっかりと対策しておかないと痛い目にあいます。
ジェスターやゴーゴン等厄介なクリが入る青黒、速度の黒緑この2つは特に厄介です。

対策にはトリガーを増やしたり、トリガーを踏ませる工夫をする、シノビを増やすなどがありますが、あまり無理に対策すると他のデッキに勝てなくなってしまいます。

次元GENJIビートや、次元コンのように速攻対策にスペースを裂けるデッキか、扉やヒャックメーのように元から速攻に強いデッキを使うことが大事だと思います。

ここまで長々と語りましたが、やはり、環境の中心は次元だと思います。
次元をどう使いこなすか、どう対策するか。この2つにかかっていると思います。

ここまでお付き合いいただき、誠にありがとうございました。
1

2011/1/11

新年記念企画4番目  

http://blog.ap.teacup.com/yusukeblog/59.html3本目

ついに最後のリアルデッキ。余ってたフェルを使ってデッキを作成。
これだけ完成度が格段に低いと俺は思う。

1 x 光牙忍ハヤブサマル
1 x 魔光王機デ・バウラ伯
2 x 超次元ドラヴィタ・ホール
4 x エマージェンシー・タイフーン
1 x スパイラル・ゲート
1 x ザ・ストロング・スパイラル
3 x エナジー・ライト
1 x 超次元エクストラ・ホール
1 x ミスティック・クリエーション
1 x アクア・サーファー
4 x ゴースト・タッチ
1 x 魔弾ソウル・キャッチャー
4 x プライマル・スクリーム
2 x 怨念集結
2 x デーモン・ハンド
4 x 魔光帝フェルナンドVII世
4 x 魔光騎聖ブラッディ・シャドウ
1 x 魂と記憶の盾(エターナル・ガード)
1 x 陰謀と計略の手
1 x 聖鎧亜クイーン・アルカディアス
2 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
2 x 時空の英雄アンタッチャブル/変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード
1 x 時空の探検家ジョン/冒険の覚醒者ジョンジョ・ジョン
1 x 時空の踊り子マティーニ/舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ
1 x 時空の霊魔シュヴァル/霊魔の覚醒者シューヴェルト
1 x 時空の雷龍チャクラ/雷電の覚醒者グレート・チャクラ




フェルナンドと言えば山札が切れやすくフィニッシュ力が弱いものというのが今までの常識ですが、ドラヴィタホールとエクストラホールで使いたいカードが落ちてもカバーでき、フィニッシャー級のクリを出せるのは強いです。
弱点といえば、必須パーツが落ちやすい所と対策が増えてきたところですかね。
ちなみに、クリエーションはクローンファクトリーに変える予定。
光が10しかないのでほとんど引けないのですが、光増えたら回らなくなるんでこれでいいと思います。
プレイングの基本としてはとにかく早く墓地を溜めつつフェルナンドを出していく感じです。11000とでかいので確定除去以外ではほぼ死なず強いです。
ディアスがない人がドロマー組もうとしたらこうなってしまいました。

かなり粗削りで自信がないので診断激希望。
0

2011/1/11

3本目  

http://blog.ap.teacup.com/yusukeblog/58.html2本目です。

早く5本目の考察が書きたいので少し簡易的になります。

後さっきの記事を見た人からもう少し弱点とかも書いたほうがいいという意見があったので強いってだけじゃなくそういう部分を書いていこうかなと。

では現行手持ちデッキの2つ目のアナカラードルゲです。

1 x 光牙忍ハヤブサマル
2 x エナジー・ライト
3 x スペース・クロウラー
1 x ストーム・クロウラー
1 x ノーブル・エンフォーサー
2 x アクア・サーファー
2 x ローズ・キャッスル
2 x 超次元リバイヴ・ホール
1 x 威牙忍ヤミノザンジ
2 x デーモン・ハンド
1 x 威牙の幻ハンゾウ
2 x 魔刻の斬将オルゼキア
2 x ロスト・ソウル
4 x フェアリー・ライフ
4 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
2 x 西南の超人(キリノ・ジャイアント)
2 x 超次元フェアリー・ホール
2 x 陰謀と計略の手
4 x 剛撃戦攻ドルゲーザ
2 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
1 x 時空の英雄アンタッチャブル/変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード
1 x 時空の踊り子マティーニ/舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ
1 x 時空の鬼若コーシロウ/戦鬼の覚醒者ダンジューロウ
1 x 時空の賢者ランブル/恐気の覚醒者ランブル・レクター
1 x 時空の斬将オルゼキア/魔刻の覚醒者G(ギャラクティカ)・オルゼキア
1 x 時空の脅威スヴァ/神の覚醒者サイキック・スヴァ



【デッキ解説】
ライフ→西南→ドルゲといけたら理想だが、そううまくいかないので西南を3にし、その分ブーストからのロスソで手札を一気に削いだりゼキアで相手のクリを一気に破壊したりできるので、柔軟に戦えるようになっているはず。
トリガー、シノビを積むスペースがあまりなかったので速攻にはやや弱め。
だがしかしコントロールには終盤マナ、手札のアド共に常にリードして戦うことができるのでかなり戦いやすい。メインのフィニッシャーはドルゲの他にセツダン。ランブル、Gゼキア等。プレイングは臨機応変に、西南に頼りすぎず地道にブーストし、スペクロを並べていく感じのプレイングを心がける。

現在の型では入っていないがバイケンを複数積んで牽制しつつシノビをもう少し増やして守るのもありだと思うが、それではコントロールに弱めなのでロスソ、ゼキア、リバイブホール等を複数積んで対抗しようとしています。
とりあえず、少しずつ練っていくつもりです。

まだまだ粗削りですが、感想、診断など募集しております。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ