2011/3/7

ドロマー考察。  

今日はドロマー1から組み直してました。
かなりいい感じなものができたので今日はドロマーの考察記事書こうと思います。


まずは構築。


4 x 天雷の導士アヴァラルド公
1 x 光牙忍ハヤブサマル
4 x 超次元ドラヴィタ・ホール
2 x シークレット・クロックタワー
2 x エナジー・ライト
1 x スパイラル・ゲート
3 x アクア・サーファー
4 x ゴースト・タッチ
2 x マインド・リセット
2 x アンラッキーダーツ
4 x 超次元ミカド・ホール
2 x 超次元バイス・ホール
2 x デーモン・ハンド
1 x 闘竜死爵デス・メンドーサ
3 x 王機聖者ミル・アーマ
1 x 魂と記憶の盾(エターナル・ガード)
2 x 陰謀と計略の手
2 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
1 x 時空の踊り子マティーニ/舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ
1 x 時空の賢者ランブル/恐気の覚醒者ランブル・レクター
1 x 時空の脅威スヴァ/神の覚醒者サイキック・スヴァ
1 x 時空の雷龍チャクラ/雷電の覚醒者グレート・チャクラ
1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート
1 x 時空の封殺ディアスZ(ゼータ)/殲滅の覚醒者ディアボロスZ(ゼータ)

・デッキの概要

説明不要だとは思いますがまぁ簡単に。
ハンデスやドロー、次元の展開などを行いつつアドバンテージ面で有利に立っていくデッキです。

・デッキの詳しい説明

超次元呪文10枚

【超次元ミカド・ホール】
【超次元バイス・ホール】
【超次元ドラヴィタ・ホール】

このデッキのフィニッシャーでありメインカード。
アドの取り方が尋常じゃないから強い。
ミカドは相手の小型破壊しながら次元が出せる
バイスは相手の除去札もしくはロスソを抜きとれながら次元が出せる
ドラヴィタは好きなの回収できるうえハンド切らさず次元が出せる
弱いわけがないですね。
なるべくホールは埋めないようにしてプレイしたい。
出すクリーチャーは序盤なら主にチャクランブルでけん制するかキルを巻く。中盤以降は場を制圧できるドラヴィタかディアスを出したりガンヴィートで除去をしたりするのが基本。
マティーナはビート相手への最後の砦ですね。
まぁ出すクリの選び方はかなり難しいですけどね。

軽量ハンデス呪文8枚

【ゴースト・タッチ】
【マインド・リセット】
【アンラッキー・ダーツ】

ロストソウル入れるよりはハンデス呪文増やした方がいいと思い増やした。
マインドリセットは先行2tに打つと相手の初動を遅らせることができて不滅オロチやドロマー同系相手に強い。
ゴーストタッチはシールドトリガーというところがビートにつよい。
2t後攻のタッチは言うまでもなく強い。
アンラッキーダーツは上の2枚よりは少し劣るが手札が減らないハンデスなので終盤特に優秀。

軽量ドロソ 8枚

【シークレット・クロックタワー】
【エナジー・ライト】
【天雷の導士アヴァラルド公】

クロックは軽い安定剤。マナの少ない序盤だけでなくマナが増えてきた終盤でも3枚確実に見れるので強い。ライトアヴァは言うまでもなく。3コストで2枚以上引けるカードは強い。
アヴァ以外はドラホで回収できるから強い。

その他(防御系やデルフィンメタ等) 14枚

【スパイラル・ゲート】
【アクア・サーファー】
【デーモン・ハンド】
【光牙忍ハヤブサマル】
【闘竜死爵デス・メンドーサ】
【王機聖者ミル・アーマ】
【魂と記憶の盾】
【陰謀と計略の手】

上4種類は防御。トリガー6+ハヤブサ
速攻ビートは怖いので通常のドロマーよりトリガー多め。
デモハンはセツダンメタにもなる。
ハヤブサはドラヴィタとも高相性
スパゲーは軽量除去で強い。

不滅オロチに入っているデルフィンが出ると終わるため
アクア・サーファー、デス・メンドーサの2種4枚も突っ込んで多めに対策。
サーファーは速攻メタ。デスメンドーサは除去で普通に強いので腐りにくいはず。

ミルアーマは多色なのでガン積みはせず。
コスト軽減が強いのは言うまでもなく。

盾はドラホで回せる確定除去ってだけでチートクラス。流石殿堂。
陰謀も3積みたいが多色なのが好きじゃないしサーファー3積み構築なんで2枚。

入れてないカード

ストロング・スパイラル(枠とバウンス枠の都合)
ノーブル・エンフォーサー(メタられまくってるから弱い)
予言者マリエル(ミカドで即死です)
不滅の精霊パーフェクトギャラクシー(出しても直接アドにならないので)
ローズ・キャッスル(速攻メタはサーファー、キル除去はミカドで十分かなって)

長文失礼しました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ