2022/1/14

明けましておめでとうございます&ご報告  メディア告知



会社の公式ホームページを新設しました。
https://monsterkiss.co.jp
新しい仲間たちと、新しい旅を描いていけたらと思ってます。
今後ともよろしくお付き合いください。

2022年1月14日 株式会社モンスターキス代表 小塚拓矢


(トップ画はスマホ用、コチラはPC用バナー画像。
時代の変化に対応して、どちらでも快適にご覧いただけるよう、
それぞれデザインしたので、両方お持ちの方は両方でお楽しみください)

2021/12/31

2021年振り返り〜銀河鉄道の夜に〜  近況報告@富山

クリックすると元のサイズで表示します
(2021年の目標、土日で100目チャレンジに、
前回更新以降でカウンターと撮り忘れた魚4種)

早いものでもう大晦日、
2021年もあとわずか15時間ほどになりました。

昨年2020年の振り返りを書いてもう1年経ったのか・・・
年々、1年が過ぎ去るのが早く感じますが、
1年/36歳として、2021年の1年間は人生全体の3%以下。
旅を志した18歳の頃と比較すれば、
人生における時間の価値(≒割合)は半分程度になってる計算。


「時間は買える、でも“時代”は買えない!」

時間の価値なんてどんどん下がってくぞ、
そう若者を煽ってきたけれど・・・
それは、永遠に生きられるならの話。

そろそろ、自分も“残り時間”を考える歳になってきました。

「行けるうちに行っとこう!」

家庭持ちになり、コロナ含めて
時間の価値に新たな高まりを感じた……そんな2021年でした。

クリックすると元のサイズで表示します
前回更新の20目+参考4目以降、
28目まで追加8目+カウンターと撮影忘れた参考4目を追加し、
正式記録28種、参考8目を加えても事実上36種で終了)

前置きが長くなりましたが、恒例の年末の振り返りに入ります!

まずは、2021年の新年の挨拶と、
その後語った2021年の抱負についての検証。

いち釣り人としての部分で、ざっくり
@週末限定100目→未達成(36目)
Aカムルチー90UP→未達成(MAX80cm前後で未計測)
Bアカメ120オーバー→未達成(釣果ゼロ)


有言不実行も甚だしい1年でございました(反省)
いち社会人(株式会社モンスターキス代表)としても、
うーん、達成率50%以下だな……とはいえ理由は明確で、
まだ公開できないがポジティブなものなのでご安心あれ。

1月中旬にピークを持っていくべく年末年始も“ほぼ”仕事漬け・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
(“ほぼ”の理由、同時並行しなきゃならんのが想像以上にエネルギー使う。
先日娘も1歳の誕生日を迎えました……と、脇を固める?飼い犬2匹。
“スマッシュケーキ”なる怪イベント等々・・・
自分にとってはアマゾンに行くより未知の体験が目白押しで、嬉しい悲鳴)

世のお父さん達は、こういう状況で釣ってたんだなと。
いざ自分も同じ立場(サンデーアングラー)に経ってみると、
年間36目が、僕の週末の限界でございました。

クリックすると元のサイズで表示します
(新作・すり抜けフロッグも試作金型完成、
来年はテストできる段階まできたぞ!)

Aカムルチー90UP、に関しては来年に継続。
今季はモチベーション物体が間に合わなかったので……ってことで。
Bアカメ120オーバー、に関して“冒険”は半分まではきた感覚。
取り組む中で、自らハードルを上げちゃった……

クリックすると元のサイズで表示します
(現在発売中のフィールダー誌に現状報告)

参考までに、日記から集計すると、
2022年の釣行日数は159日でした。


時系列で1年を振り変えれば、
今年も結局コロナに振り回された印象。


クリックすると元のサイズで表示します
(年始にホットなテーマを思いつき、道具までは準備。
とはいえシケと緊急事態宣言で出船は流れ続け・・・来年の釣り始めにしよう)

クリックすると元のサイズで表示します
(3月、秋田遠征。メガドッグ2個“付け”。
2021年はビッグベイトの新しい可能性を模索しようと構想を固める)

クリックすると元のサイズで表示します
(4月、沖縄遠征。マングローブジャックとのやりとりに思うところあって
「今年は1割程度、トレブルフックを再導入してみよう」と決める)

クリックすると元のサイズで表示します
(“アーチャーフィッシュ”じゃなく“鉄砲魚”が釣りたかった。
滞在中に緊急事態宣言が近く発令されると固まり、消化不良で富山帰宅)

クリックすると元のサイズで表示します
(でもそこには、“冒険”が待っていた〜!
居住水系、マザーリバーの怪物。小学校区内モンスター)

クリックすると元のサイズで表示します
(緑のイーラにライムグリーンのラビットファーの“草パターン”
都合2匹手にして、“ビッグベイト・ソウギョ”を確立!?)

クリックすると元のサイズで表示します
(ちょうどこの頃、妻の“連れ子”である
12歳のお婆ちゃんウサギ「ぷち」が、足を脱臼。
結婚後も全然懐かなかったため、そこまで愛情を感じていなかったが
日に日に弱っていく姿を見ていると、
せめて余生を楽しんで欲しいと情が湧いた。
そんな日々中で思いついた、“ラビットファー”による“草パターン”。
ソウギョ釣獲以後、ますます愛おしくなっていった・・・)

クリックすると元のサイズで表示します
(ちょうどその頃、だんだん消えゆく「ぷち」の命を引き継ぐように、
飼い犬2匹の間に、子犬が2匹誕生@自宅。
産箱の段ボールを噛みちぎり、苦しみながらも、無事出産。
哺乳類の自然分娩に初めて立ち会い、色々と感動した。
組み写真右下は、多少日付が前後するが、夏に貰われていく前日に撮影。
そんなこんなもあって“犬2匹”は、2021年の大きなテーマになっていく)

クリックすると元のサイズで表示します
(6月、魂の揺さぶる冒険を求め、臭い泥水に潜る!
緊急事態宣言明けのタイミングで、霞ヶ浦へ。
4度目の正直、国内でヌードリングに成功!心から絶叫!)

クリックすると元のサイズで表示します
(こっちもリスクを負うことでのみ得られる感動がある(と思う)
もう一つのインフィニティ、「MX-00」(軍手)にて。
詰まるところ、最強の“ロッド”は己のウデだ)

クリックすると元のサイズで表示します
(7月、北海道へ。コロナのせいで開発・プロモーションが進んでいない
渓流系ロッドの一斉テスト。ビッグベイト・テンカラ!?)

クリックすると元のサイズで表示します
(やはり人を襲うヒグマの存在は尊い。背筋が伸びる。
人間が、いち生物に過ぎないと、謙虚な気持ちにさせてくれる。
去年ジョイクロマグナム230で納得のイトウと出会えたので、
それ以上に魚が近そうなルアーは投げる気がしない。今年はメガドッグ縛り。
彼らの生息域に身をおくだけで嬉しい・・・
三発出て乗らず、「もっちょい、回収時に水絡みしてくれたらな」と
“グッドガメ”チューンを思いつく。で、ボウズ)

クリックすると元のサイズで表示します
(そんな北海道遠征中に、「ぷち」は月に還っていった。
出発前、僕が見た生前最後の姿。12年7ヶ月、大往生だった。
ペットにしろ、いよいよ後期高齢者に差し掛かった両親にしろ、
今後こういうことが増え、時に「行かない」という判断も出てくる……
「行けるときに、行こう!」と改めて思った。
月を見れば「ぷち」を想う……苦手だった夜釣りが、そうでもなくなった)


さて。


そろそろ9月、
「今度の16日で、もう10年なんだなぁ」

8月のアカメ遠征(10日間)に惨敗し、
毎年(ほぼ)9月に続けていた仙台参りを、
10年の節目となる今年は16日にしようと計画を立てていた……そんな頃。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

偶然、目に留まった画像に、固まった。

ビッグベイトをテーマにしてきた2021年、

まさか自分に、
ビッグベイトが投げ込まれるとは思わなかった。



クリックすると元のサイズで表示します
(“ゲームフィッシュ”として、トレブルフックで投げていたタイミングで。
10月の高知遠征(10日間)も完全なノーバイトに終わったが、
11月、遂に“メガドッグ2連”で魚が釣れた。“2個で釣った1匹”)

「2人で釣った1匹ですから」

……もう1回だけ、今年中に高知に行こう。
12月、仕事の合間を縫って、
3日間だけ、高知でメガドッグ2連を投げる時間を作ることができた。
もう、他のルアーは持参すらしなかった。

「ぷち」に会えないのは寂しいが、
その夜、澄みきった冬の空には、満点の星が輝いていた。

クリックすると元のサイズで表示します
(“怪魚”として、シングルフック2本×2人分。
抵抗を失ったメガドッグ2連を手に空を仰ぐ。
なんだか星空に吸い込まれていく列車のよう)

8月に10日間、10月に10日間、
そして12月に3日間……
合計23日竿を振って得た、1バイト。


「“冒険”は、半分は終わってしまったな」

釣れるか、釣れないか、わからないから投げ続けた。
ここからは先は、確率論だろう。
釣れるまで釣り続ければ“必ず”釣れる。

「現代のエベレスト登山と、
どっちが難しい…“冒険”に近いだろうな?」


帰路、そんなことを考えていたーーー。

クリックすると元のサイズで表示します
(最小限の殺傷で、最大限の感動を得たい。
12月、釣り納め遠征@東京湾は、胸にシングル2本のみでランカー)

最後はうまくまとまらない文章になったけど、
チビたちが妻の実家で待っているので、この辺で。

2021年も大変お世話になりました。
みなさま、良い年をお迎えください!



2021/12/26

Rod and 古田 2021年12月号  Rod and 古田

クリックすると元のサイズで表示します

■特集オレ:「2021年総集編」

早いもので今年も残りわずか、ということでお約束の総集編です。
(天候不良で予定していた遠征がすべてなくなりました・・。)

まずはアオウオ。

クリックすると元のサイズで表示します

3月の利根川某所、まだ吐く息の白い季節にこの釣りが始まった。
今年から本腰を入れたのもあって
「まずはなにかしらを掴めればいいかな」って考えていたけれど、
蓋を開ければ初日で1本釣り上げることができた。
久しぶりに心から震える一匹だった。
それと同時に釣りという遊びが持つ不確定な運の部分を強く感じて、
他人の魚に嫉妬するのが馬鹿らしくなった。
そういう意味ではぼくを大きく成長させてくれた一匹だった。

それからアカメ。

クリックすると元のサイズで表示します

去年、一番釣りたかった魚。やれることは全部やった上でちゃんと釣れてくれなかった魚。
息の詰まるコロナ渦で熱くなれる魚がいたことに心から感謝した。
去年の経験を活かし、今年は徹底的な泳がせ主義で挑んだ。ボラの確保・輸送、タックルや仕掛け。語れることは多くはないけど、「釣った」というよりは「釣れてくれた」という事実が心から嬉しかった。それと同時に140pオーバーという魚が現実味を帯びて、一生涯の目標として追いかけようと思った。

オフショアからはキハダ

クリックすると元のサイズで表示します

はじめての場所に仲のいい人たちと。
気張らず遠慮しなくてもいい遠征を来年はもっと計画していきます!

そしてGT。

クリックすると元のサイズで表示します

釣り上げることは終わりではなく始まり。そう感じた一匹。
遠征する身としては、船が出るのも運なら釣れるのも運。
それでも掛ければ獲れるという魚でもないというのが面白く感じるところ。
この魚をもっとたくさん釣りたい。そのためにたくさんのことを知りたい。
来年ももっとバッチバチにいくよ。

というわけで、振り返ってみると今年は前半が好調だったなと。
むしろ後半は度重なる天候不良で遠征が中止続き・・。
でもまぁ、それも釣り。腐らず愚直に行き続けるしかない。
というわけで、年末は中止になる見込みのヒラマサを捨て、
GTを追い求めることに。
仕掛けや運を語る前に、とりあえず行く。
それを止めたときが年をとったと感じる瞬間かもね。

■今月の散財
 金額:10,000円

クリックすると元のサイズで表示します

買ってみたもののこれ何に使おうかな?笑
土佐啓作のカジキ針。アクリル板を貫通させるといわれる鋭さ。
アカメの泳がせにどうかな〜と。

■今月の釣行 
日数:5日 金額:8,000円

アキ船長の船でボートシーバスに。お世話になった皆さんありがとうございました。

■今月の釣りガール

今回はりさらいず第二弾。

https://instagram.com/risa__rise?utm_medium=copy_link

前回、書き切れなかったのが悔しくて悔しくて、泣きの一筆。
この企画で限界だけは認めたくない。
だって妄想なんだもん。限界があっていいはずがない。
見方を変える。否、味方を変える
(けんちゃんからKBT先輩に)

「悔しいってなんだよ笑」と言われるかもしれないが、
これがこの企画のリアル。
それなりのリソースを割いてやっています。
一人が寂しいこの時期に一人ぼっちのあなたに読んでもらえればそれでいいかな。
少し遅れたけどメリークリスマス。
来年ももっと苦しみましょう。

全文はブログ「私立・釣旅妄℃学園(男子校)」にて。

りさらいず記事直リンク↓
https://ameblo.jp/monsterfish334/entry-12717591669.html

■2021年総決算(1年分を小塚集計)

「今月の散財」「今月の釣行」年間合計金額:178万3553円



Photo & Text by Furuta Atsushi
Edit by Kozuka Takuya


クリックすると元のサイズで表示します
(フルちゃん、1年間お疲れ様。
年末年始、富山に遊びにきたら、
先日届いていた累計1億個記念突破デザインの特別?Verを贈ります。
1年旅した牛くんは、どうぞ、ご自由に…… by小塚)

2021/11/26

『MX-∞』“OceanWing”って竿。  近況報告@富山

クリックすると元のサイズで表示します
(長かった……とりあえず「メガドッグ2連結」でサカナが釣れた!
“フックポイント2個までルール”は据え置きだけど。by『MX-∞』

いきなりだけど
2021年は全然、魚に触れていない。
でも、過去に1、2を争うくらい、
回数だけ見ればフィールドには立っている……。
今取り組んでいる釣りが、楽しすぎて!


(唯一無二の一本。今年は過去イチ、『MX-∞』を振っていると思う!)


クリックすると元のサイズで表示します
(130g×2個=260g、中でも空気抵抗の大きなジョイントベイト?を
より遠くに飛ばすには……回転しちゃうスピニングより利がある)

超重量級ルアー、超高負荷、対超大物のニッチな要求……
が故に、集まってくる熱い思い。
『MX-∞』はそれらの受け止めてくれる、
懐の深さを持っている。


「とにかく釣りたい!」、数やサイズ、種類……そんな釣りの果て、
「未だ見ぬ釣りを描きたい!」
現在、そんな亜空間に迷い込んでしまっている僕の衝動にも、
付き合ってくれている(笑)

そもそもが“シーラカンスロッド”として、
発売当初(2015年)から、イカれた竿ではあった……。

クリックすると元のサイズで表示します
(開発テスト@与那国島2014。
2kgのオモリをつけ、500m先でヒットした“深海の剣”メカジキ)

クリックすると元のサイズで表示します
(2015年、パプアニューギニアの未知の深海を
“リュウグウノツカイパターン(?)”で開拓)

その後、反動というか何というか、
対極にある小物釣りに熱中した時期(2017〜2019)も・・・

そして、時流れ……コロナ禍(2年目)。
海外に行けない、ぶつけどころの無い衝動は、
再びゴッツイ竿を握り、こういう形で結実を始めた……。

クリックすると元のサイズで表示します
(メガドッグ2連?2個付け? ルアーの“2個付け”は
タコ釣りではスタンダードになりつつある……であれば、メガドッグで)

クリックすると元のサイズで表示します
(今年のトカラGT遠征。1バイトのみで終わったが……)

“2連”の真意は、本懐を遂げたときに語るにして、
ユーザーさんからの釣り報告もかなりイカれている。

クリックすると元のサイズで表示します
(アカメ131、泳がせ釣りにて)

クリックすると元のサイズで表示します
(なんという頭のサイズ)

クリックすると元のサイズで表示します
(腹を支える手の、小さく写ることよ!)

同じく今年、
ルアーで135という怪物を手にした津田くんは・・・


クリックすると元のサイズで表示します
(このアカメ135も、『MX-∞』絡みの魚。
『MV-75』ブランクにMX-71リールシート、
そして『MX-∞』グリップエンドの“3個イチ”仕様にて)

今度はこんな怪物を・・・

クリックすると元のサイズで表示します
(今度は、オール『MX-∞』でホシエイ。
グリップが全長で約70cmあるので……まぁ、イカれてるねw)

クリックすると元のサイズで表示します
(笑っちゃうデカさ。『MX-∞』を作って以降、やる機会も報告もないけど、
船からであればタイのプラークラベーンも想定して作ってはいる)

作った当初(2015年)はキワモノ扱いされ、
それは今も大きく変わってはないけれど(笑)

「『MX-∞』じゃなきゃダメなんです!」

という熱い連絡を頂く、
ドラマチックな報告を聞けるのも、この竿がやっぱり多い。

クリックすると元のサイズで表示します
(「ミズタコには最適!」と言い切って下さる大友船長にも、
ようやく発送する事ができました。写真は、春に撮ったイメージ。
必要とあればレンタルして下さるので、相談してみてください)

流石に、
他のモデルと比べて生産ペースは早くない竿なので、
在庫しているときに「一応……」とゲットしておいてもらえると、
嬉しいです。
「コイツじゃなきゃ」って仕事、してくれますので。


『MX-∞』、何用の竿かと問われれば、
「シーラカンス用です」と答えてます。ニヤッとしてくれる貴方へ。)


2021/11/26

Rod and 古田(2021年11月号)  Rod and 古田

クリックすると元のサイズで表示します

■特集オレ:「東京Life.2」

11月の遠征はすべて悪天候で中止に・・・。
今年のGT遠征はこれで終わりか〜。もっと行きたかったなぁ。
でも、来年に行きたい場所もできたし、新しく開拓したい場所もある。
日本もまだまだ捨てたもんじゃないね。

東京湾のシーバスも相変わらずで、船に乗っても渋い日が多いらしい。
去年がむしろ楽園だったのか。
そんな中で、まずめ時のワンチャンスをものにして嬉しい1本。
今年初の1本で自己記録更新の85cm。
トップに出ても慌てずに対処するこれまでの経験が活きたかな。

クリックすると元のサイズで表示します
(『MX-9S』とブランクは同じ、
グリップはアップロック、ガイドは大径&少数設定のプロト。
製品化後もこのワンオフ仕様を好んで使っている)

タックルはMX-9S(プロト)にツインパワーSW8000、
PE4号でキハダと同じタックル。
これでメガドッグをビュンビュン投げていると周りからの視線がすごい笑
でも、ビッグペンシルで飛距離を稼いで広範囲を探る釣りには最高にいいし、
ベイトと違って手首も痛くならない。

周りからもよく話かけられる笑 
「それどこの竿ですか?」って。

まぁ、こんなタックルでやっている人いないもんね笑

パックロッドかつラインが太くできると荷物も減るし、
電車だとすごく楽。
大抵の魚は抜きあげられるからランディングネットも不要。
9Sはライトな装備でヘビーな釣りをするのにいいね。

オオニベ狙いでビッグミノーを遠投するのにもいいし、
そのタックルでそのまま、ブリトップもやれる。
都市部に住みながら休日は郊外に出かけて釣りをする人に、
この竿を使ってみてほしいなと思います。

さて、今年もあと1か月で終わり。
12月は因縁のヒラマサ相手にギアを上げていこうかな。
12月の27〜29日午前中まで石川県珠洲市のヒラマサ船を予約しています。
興味のある方はぜひ。9Sをお持ちの方は特に。
今回は乗合なので乗れるときに来て、帰りたいときに帰って大丈夫です。
金額、場所、出船時間、空席状況などは下記からご確認ください

https://www.tkg-bliss2020.com/

一緒に乗ってくれる人はご連絡いただけると嬉しいです。
all1234@ezweb.ne.jp
もしまとまった人数が集まるなら宿も予約しようかな?あればだけど。

■今月の散財

 金額:100,000円

クリックすると元のサイズで表示します

プロQを大量に買ってみた。

■今月の釣行 

日数:8日 金額:30,000円

クリックすると元のサイズで表示します

2発組んでいたGT遠征が中止・・。オオニベ狙いも爆砕。
せっかくITO Warks でルアーを塗ってもらったのに。
来月のヒラマサで20キロをやっつけたい

■今月の釣りガール

今回はりさらいず
https://www.instagram.com/risa__rise/


ブログを読んで「なんか違うな」と感じたなら、それは正しいと思う。
文中、俺君は一言も発していないに等しい。
それがすべてであり、リアル。
同じ空間にいながら、一緒にはいない。そんな感じ。
いつの日かの雨の中、ごめんねなにも言えなくて。
こういうの書いていると涼宮ハルヒをまた見たくなるなぁ。

描き切れなかったこの借りは来月で。
やるよもう一回、りさらいずで。絶対読んで。後悔させないから。

全文はブログ「私立・釣旅妄℃学園(男子校)」にて。

りさらいず記事直リンク↓
https://ameblo.jp/monsterfish334/entry-12712264586.html

Photo & Text by Furuta Atsushi
Edit by Kozuka Takuya




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ