2019/6/13

福山ギグに向けて。  live info

昨年に続きまた福山でギグできる。
今回は初めてのハコ、Live Veneu 5¢(ex.明治館)

その昨年9月にMUSIC FACTORYで打ち上げの際にANNYギターのヤスヒロから今日は楽しかったから是非また福山でやりたい!と。
やる時ゃ一緒にやろーな!と約束して願い叶ってこの日を迎えます

やっぱ福山だからと思いここはひとつThe lostnumbers主催のBeating Targetsの形で。
割とポップな企画に異色のカラー、PSYCHOBILLYバンド出演…逆にこういう方がお互い燃えるよな!

俺はPSYCHOBILLYをあまり知らないのだけどANNYは別。
もうANNYと言えばヤスヒロ。
彼はステージではイカつく粧しこみオドロオドロしいナンバーもポップなナンバーも得意とする格好いいボーカルギター。
でも何より義理堅くてみんなに優しくて…
もうそんなんカッコ悪いわけないと。

出会いは俺らのデビューギグでDJ 河原くんが斡旋してくれた。もちろんフライヤーなどでバンドは知ってたけどあの日、初共演して顔見知りに。

そうだ、彼らを回想していて思い出したことある。いつだったか…ANNY企画Pink Night。
場所は岡山ブルーブルース。
この日、久しぶりのお客さん…友人が何人かは来ていたみたい。
ラストナンバー「Let Forever」(←すっげーカッコいいナンバー!)のクライマックスのとこでヤスヒロは

久しぶりのヤツら、今日はありがとう!
俺たちいつもここにいるからまた遊びに来てくれよ!


2003年結成の長く活動している彼らだから説得力ある言葉で感動したんだ。
若干、小川直也に見えなくもないヤスヒロはオトコマエだったね

そんな彼らのアルバム発売記念を福山で一緒にできるの嬉しい。
尽力してくれたThe lostnumbersにも感謝。

この福山でギグする時に必ず一緒になってる虚弱ラリアットギター西田もいるのが心強い。

嫌いな街だった福山にこうやって仲良くなれた友人たちができた事も少しずつ遅れた時間を取り戻せてる気がする
あとはそこでめっちゃええギグするだけ。
俺が20代の時に全然感じれなかったこの福山の地のパンクの楽しみ方、燃え方…取り戻すようやるんだ、ガッカリしたくないんだ。
これ個人的なテーマ。

ベース井上とのギグもこの日いれてあと2本。
この日が終われば広島市にて鉄太氏との共同企画We Will Survive。

どちらも全力のその上いくやつブチかますから。夏本番前に燃え尽きるくらい。

まずは福山駅前Live Veneu 5¢にて会いましょう、その次は広島市薬研堀comaって事で!

今回のチケットは来月6日のWe Will Survive広島編の1000円割引がついてます!
(当人のみ有効)

6/15(土)
【Beating Targets Vol.5】
@福山Live Veneu 5¢

ANNY
The lostnumbers
The Poptonez
TheKingOfCentimeters
虚弱ラリアット
FRIARS"N"SNIFFERS

OPEN18:30 START19:00
Ticket\1500(+1dr\500)


クリックすると元のサイズで表示します
↓今回のチケットは両面仕様。5¢アイコちゃんありがとうございます!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します





↓2分1秒のとこにFNS収録!
サビのとこは
「They just make us disgusted!」
和訳すれば
「俺たちはウンザリするだけ」の意。
一緒にシャウトしてくれよ!





0

2019/5/28

福岡ギグを終えて。  live info

We Will Survive福岡編、終わりました。

前回の熱量そのままで!と意気込んでたこの日。

どのバンドもクオリティ高いステージでした。

キャッシャー業務をこちらで請け負ってたので来場のお客さんたちが準備してたイベント記念teeを渡しているところが目の前でみて少しでも喜んでもらえるなら、そしてこの後の各バンドのギグを楽しんでもらえたら、そう思っていたよ

各バンド、ほんとにカッコ良かった。
キャッシャーを俺とマサミツでやってて彼がその場を離れステージを観に行ったとき1人になって頭の中でまとまらない考えがグルグルしてきた。

どうも開場したときから不安とかモヤモヤ、そして各バンドは絶対素晴らしいステージするはずだからそこに俺たち・・

いまを楽しめないやつは明日も楽しめないだろ、やることはやったんだあとはステージでブチかますだけだ、それはどんなお客さんでもその数でも、さっきからバタバタしててベース井上とあまり喋れてない、彼はあと3回のギグをどうやってくれるのだろう、それが聞きたかった、俺からも言いたかった、福山から福岡まできて何を俺は考えてるのだ、俺は浦和で何に感動したんだ、俺たちは名古屋で何を得たのだ、そうだやるだけだ、精一杯。

共同主催の鉄太氏は見たことないハッピーな酔い方をしている
友人のNughty Eagleは初DJなのに慣れた手つきで俺たちのためのストライクな選曲をしてくれている

恒例のステージ袖で声をかけあってグータッチ、テンパってあまり覚えてない。

でも珍しい1曲目のアレで吹っ切れたよ。

天才カメラマンHBK!(@fukcrechbk)氏があの瞬間をこんな形に残してくれました

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

DJタイムでは・・

クリックすると元のサイズで表示します

アフターギグは・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


この日、熊本からきたBUILD奥村くんと昨年自主企画以来に会った。
さっき思った弱音を聞いてもらったんだ、すると
「企画は内容、だから質は高いよ!」

同じくALCOHOLIXタケオ氏にも同様の話を聞いてもらった、今度は
「企画は続けること!だからまだ頑張って!」

この2人って要所要所でタメになる話を聞かせてくれたけどこの日の2人の言葉には励まされた。

共通するのは真面目に捉えたいところをガチで取り組むこの2人に感謝!

この日はどれだけ飲んでも酔えなかった(いやそもそもバタバタして飲めなかった)、ほらやっぱり四次元でギグすると俺は何かある。

こんな名うてのバンドを揃えてのギグ、悪いわけもなくどのバンドも盛り上がってた。

他にも親が大好きな白(kuro)のメンバーと親が同級生というパンクフリークとの出会いあったし、たぶんペパーランドやママ2辺りで顔合わせてたであろうロッカーとも話せた。

W.W.S福岡編、来場してくれたみんなありがとう!

名古屋に続きこの福岡でも優しさも勇気ももらった俺たち次は・・・

俺が住む街、福山!

3回目だね、大嫌いな街、福山。
(友達は優しいツレばかりよ)

The lostnumbers企画
Beating Target ANNYレコ発

ベーシスト井上とのギグもあと2本。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2019/5/23

福岡ギグに向けて。  live info

We Will Surviveの第2回目は福岡。

前回の岡山は2月の大寒波な日だったけどペパーランドは詰め掛けてくれた大勢の客とどのバンドも素晴らしいギグで熱い夜になりました。

「このバンドならこのバンドとの組み合わせが面白い!」そんな絵を書いてるから面白い。
テーマというかね。

俺たちのホンイキのstreet punk、、、そこから派生する繋がりあるもの。

今回は福岡でやれる。
本音は出演して欲しかったバンドもまだまだいっぱいいるけど今回はこの豪華ラインナップ。

今を取り巻くことでムカついたり(いや実際口論したよ)理解も同意ももらえず悲しくなったりの中、いま俺ができる事はめっちゃかっこええギグすることだけ。

これだけのメンツなんだから。

いつも福岡四次元でギグすると何か出会いやドラマがある。

このWe Will Surviveでまた新たな福岡メモリーを彩りたいとマジ思うね。

癒着や慣れあいのイベントではないんで。

======================

そして発表しなきゃいけないことがあります

結成よりメンバー変わらずこれからもこのメンバーなんだ、と思ってたけど・・

ベーシスト井上が関東転勤のため脱退せざるをえない事になりました。
6〜7月の福山〜広島ギグは彼は東京からくるんだって。
大変だよ・・福岡/山口/福山で今までやってきたけど流石にちょっとこれは・・
レコーディングスタート前でこれで良かったのか・

彼も抗ってくれてはいたみたいだけどサラリーの世界、、これもワーキングクラスということで温かく見守って決定している7月までのギグは彼との最後のプレイってことで思う存分に楽しもうと思うよ。

口数は極端に少ないけど人の話は確実に聞いてくれててバンド内のマーチャンダイズもデザイン関係も全て彼のセンスでした
パンク関連以外も色んなものへの造詣深く博学な一面ももっててなんていうかハイセンスな井上でした

彼の最後のベースプレイを見届けてくださいな。



・・・・・。

ってところでこっから本音。

オーイ、井上くんよぉ!

これからどうするんじゃ、あのダウンピッキングを俺は感じれないのかこの野郎!

なかなかあのダウンはいないぞこの野郎!

つーかこの1年様子おかしかったのこの事だったのかこの野郎!

俺がうまくやれなかった時に話をきいてくれてアドバイスくれたじゃんかこの野郎!

だから今度は俺が聞いてやりたかったよこの野郎!

去年の自主企画の打ち上げ終わった後の深夜の天神の大通りで俺がまだこれからだな!というと珍しく「そうですね!」ってチャリ押しながら言ったじゃんか?
あれ嬉しかったぞこの野郎!

つーか広島市でのギグで最後なんて俺の前バンドみたいじゃんか、またトラウマができそうじゃこの野郎!

バイバイは言わんぞこの野郎!

いつまでも第5のメンバーじゃこの野郎!

一緒に色んなとこ行ってギグできたこと、ありがとうじゃこの野郎!

残った3本が過去ベストギグの1,2,3、にするぞこの野郎!



スミマセン、取り乱しました。

キミのベースを最後まで感じて楽しむよ、それもあと3本。


これをみた人、井上のベースをばっちり楽しんでください。

福岡ラッズ!ファーム!メイト!

まずは福岡四次元で会いましょう!

We Will Survive in Fukuoka

【open/start】
18:30/19:00

【adv/door】
\2,500
(+1drink order)
18歳以下¥1000


獅風丸(宮崎)

ALCOHOLIX

The Practice

KUOLEVA

CRIKEY CREW(岡山)

FRIARS"N"SNIFFERS(福岡/山口/福山)

【sound select】

鉄太(広島)

Naughty Eagle(広島)

入場者にイベント記念teeシャツプレゼント!


クリックすると元のサイズで表示します
2

2019/3/27

名古屋ギグを終えて。  live info

先に結果から言うと最高な夜になったよ。

カッコいいなーって思ってたNORTH WESTのベーシスト・ナミさんの主催の「うさぎ好き」なメンバー含むバンドを集めてのイベントだったこのカードは終始「優しいフィーリング」に溢れた夜になりました。

パンクロック好きによる優しい気持ちのイベントってもそこはどのバンドも普通に遠征も音源もだしているバンドだから俺はこんな時・・っても最近よく思うのはVA2枚とギグの評判(←これは自信ある)だけでここまで大事な良質な企画に呼んでもらえるもんだと。
ギグが終われば必ず言われる言葉で

「単独音源を・・」

そんな中、企画者にはお客さんには以前よりもありがたく感じるようになったとこにこのイベント。

NORTH WESTの動画ずっと観ててこんなとこでもギター弾けたら。。と浮気心がでてもうこのチャンス逃がしたら次はないと思ったんでセッションの計画まで打診して。
そしたら心良く承諾してくれて。

うさぎ好きがテーマで(ってことはThe Ladsbeatとまた一緒にできる!)NORTH WESTのステージでもギター弾ける、そんな初名古屋。

ついでに言うなら最近できてる新曲は俺らの理想のイメージに近いハードなのもキャッチーなのも両方イケる雰囲気になってきてイイ感じだから楽しみで仕方なかった。

開場したらのっけからお客さんも楽しんでて。
いつも名古屋がこうなのではなくてこの企画のパワーだなとはみんな思ったはず。

ほんと普通にリラックスして楽しめたなぁ、以前ベーシストのナミさんを岡山で観たとき「ジョーンジェットだ!」って思ったけど念願のNORTH WESTを初めてステージ観て思ったよ。
旦那さんであるシンガー望月くんの「切ない系ボイス」と絡んでテクニシャンなドラムが交わればジョーンジェットなんかじゃなくてこ当たり前だけどの人はこの人でこんな女性ベーシスト観たことないって。
ライブ前にスタジオで軽く合わせてたけどもうその時も楽しくて楽しくて。
俺の出番前にそんなん観てしまったから余計にワクワクして。
結果はコレ!



もう最高に楽しかったな。。
俺わかった。なんでこの人にこんなに惹きつけられるか。
ナミさんはパッと見はキュートなんだけどステージ上がったらバッチバチなこの人。
俺はoi!/street punkやるのも観るのもそんなん目指してる。
曲もステージもカッコ良くても中身が伴わないクソ野郎だったらなんか冷めるな、もう。
その中身ってのは俺の基準だけど。

このバンドは音もステージもカッコいいけど・・何よりハートフルな人たちだった。
正味なとこ、いっぱい話し込んだことなかった、でもスタジオ入ったりお茶したり。
優しい言葉と対応に自分もこうなんなきゃって思ったもん。
イベント前もずっと大忙しだったこの人たちのイベントに出れた事に本当に感謝。。
会場にはメンバーによる手作りの心温まるものがいっぱい飾られてたよ。

そしてフライアーズ出番前。
不思議なことにさっきのセッションも今日の会場めちゃ雰囲気いいし客もさっきより楽しんでていつものイベントよりファンな空気がすごくでてる。
なのにやっぱフライアーズ出番前の俺たちはいつものあの空気になったんだよ、少し緊張感を持ってね。
いつもよりメンバーも楽しそうなのはこのイベントのおかげ、でもギグだけはガチ。

やっとやれるこの名古屋。
憧れてた名古屋は良心あるバンドのおかげで俺はやれる。
だったらブチかますよ、SEが鳴って表情が変わったんだ。

本番こんな感じ!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

Questions And Answersのトミー君がここにいるだけでサプライズなのにマジな目で俺らを観てくれてた。(会場いた時しこたまビックリした)
exDREXたくみっくすもTakeちゃんも見守ってくれてる。
ジロウちゃんは名古屋のマスコットなんかでなく国内の大事なスキンヘッドだ。
ベムくんは何だか孤高の雰囲気をずっとだしてカッコいい。。
朝からアテンドしてくれたタゴさんもこの日をずっと宣伝してくれてた。
The Solutionメンバー&チームには癒されるなぁ。
知らないお客さんもイイ感じに観てくれてる。

ギタートラブルが気にならなかったといえばウソになるけどもうそんなん関係ない。
だってそんな楽しい空気だったんだもん。

俺はやり切った、めっちゃ楽しんだんだ。

アンコールだけナメんなよフィーリングで。

この日、The Ladsbeatやチュウサク君と久しぶりの再会あったりUSE Me AGAINと嬉しい出会いがあったりと何もかもが素晴らしかった。

以前に浦和で見知らぬ大勢のUrawa Firmが俺たちを待ってくれていた事を肌で感じてその時に勇気とちょっとの自信を手に入れた。
あの感慨深さと似てるかも。。
今回もいまだにうまく言えないけど間違いなくバンドの財産を手に入れてます。
きっと日を追うごとにわかってくるかと。
ひとつ確実な事はNORTH WESTみたいな慈悲深いバンドになりたいよ、俺は。


トミーくんとこのあと2人で4時まで飲んだ。イイ話できたなー
クリックすると元のサイズで表示します

リョウエイくん、タゴさん、史さん、ナミさんチアーズ!
クリックすると元のサイズで表示します

これたくみっくすと。ギターのアドバイスを素直に聞きたくなる1人!
クリックすると元のサイズで表示します

ジロウちゃん、7インチ完売おめでとう! すごいよ!
クリックすると元のサイズで表示します

名古屋の名店!
クリックすると元のサイズで表示します

こんな素敵な飾りも!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

キミたちのおかげで名古屋でギグできて素敵なバンドと出会えたよ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お見送りにきてもらった時にお二人の顔を俺は見れなかったよ。。。
クリックすると元のサイズで表示します

俺たちFRIARS"N"SNIFFERS、新たな心を手に入れた名古屋ギグ。
まだ成長できるはず。
ありがとう、NORTH WEST!
チアーズ、ナミさん!

名古屋から帰ってきてこのナンバーが頭の中グルグルしてます。
https://m.youtube.com/watch?v=w-GzxrsmaB8

本当は気持ち切り替えて博多いくぜ的な気持ちだったけど、、
この優しさの気持ちもってWe Will Surviveに立ち向かいます!


クリックすると元のサイズで表示します
4

2019/3/20

名古屋ギグに向けて。  live info

初めての名古屋でいつもと違う場所ってだけでも興奮するのにテーマが俺らには・・いやこのロック界隈では初めてでしょう、「うさぎが好き」っていうテーマで。
だから何か違うかっていえばそうじゃないけど何かしらのテーマがあった方が面白いというのは間違いないわけで。

今回の主催者NORTHWESTを認識したのはTHE HIPSと岡山ペパーランドで対バンした2017年11月の少し前の10月大阪にて。
対バンを毎回チェックしてるんだけどその時にカッコいい女性ベーシストだなぁと。
調べたらウチと同じでうさぎを飼っているそうで。
その旦那さんが大阪BITE AND DIVIDE発売記念に来てたので少し話したことがきっかけだった。

その岡山ペパーランドでのTHE HIPSのステージングがカッコ良くてずっと気になってたとこにメインバンド?的に捉えれるNORTHWESTを夫婦でやっていることを知って益々興味沸いて。

カッコいいから好きになった、うさぎをどうぶつを大事に向き合っている、もうそれでじゅうぶんでしょう?
リスペクトする理由なんて。
こんな人たちと繋がれることが有難いよ・・

イベント誘われて都合もつけて出演できるこの内容が件の「うさぎナイト」

話は脱線するけども。
なぜ我が家でうさぎがずっといるのかというと妻が独身時代に勤務してたホームセンター内にあるペットコーナーで店員が高いところからうさぎを落としてしまい首が曲がったままの売り物にならないという障害をもったうさぎを引き取りその子を連れて結婚、一緒に暮らしたことがきっかけ。
俺個人は16年間、拾った犬を飼っていて亡くなった時に悲しすぎて、もうどうぶつたちと生活を送れない。。って思ってた。

新婚生活、その時からうさぎと共に生活をともにしてきていつも感じるのは可愛いだけでなく奥ゆかしいいきものじゃないか・・と。
犬とうさぎしか知らないけれどなんていうかどうぶつをみると優しい気持ちになる。

勝手な理由で飼えなくなり里親募集のあったうさぎ、ペットショップで売れ残ってしまい処分寸前のうさぎ、ブリーダーが無責任に手放そうとしたうさぎ、なぜか山に捨てられていたうさぎ・・etc
そんなうさぎを引き取りいつもうさぎといっしょに生活してます

話もどして。
マジなとこギグするのにそのどうぶつ好きとは全く関係ないといえばそうなのかも・・・

違うな!
立派なテーマだと思います。

メンバーの関野家でもかわいいワンちゃん飼ってたりと心はどうぶつたちとともにある。
ついでにいうなら友人のSkinheadロッチも野良猫ちゃんにごはんあげたりとみんな優しい。

俺らは硬派なバンドやりたいよなってメンバーの総意あるけどこんな優しい気持ちもって
そんな人の集まりのイベントだからもう開催されるだけで有意義なことかと。

しかしそこは初の名古屋ということで俺たちの鉄板セットリストで全力で挑みます、もちろん。
岡山ペパーとか福岡四次元って続くことあるから毎回セットリストちょいと変えたり大胆に入れ替えたりするけど今回はいちばんオハコな並びでブチかまします。

中部尾張三河地区のYobs、いまだ見ぬ名古屋のロックフリーク。
俺たちがFRIARS"N"SNIFFERSじゃ!
そんなギグするんでよろしくぅ!

クリックすると元のサイズで表示します



↓2分1秒のとこにFNS収録!
サビのとこは
「They just make us disgusted!」
和訳すれば
「俺たちはウンザリするだけ」の意。
一緒にシャウトしてくれよ!





1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ