2017/11/24

岩国ギグに向けて。  live info

friars”n”sniffers初の岩国。

この中国地方で特殊な地方都市ってあるじゃんか。
例えば岡山県津山市のPUNKコミュニティ。
山口県下関市から飛び出た国内国外から今も人気のJapanese hardcoreバンド白(KURO)。

上記全て頭数だけでなく熱い何か雰囲気あったと感じてるわけ。

今回の岩国はがっつりSKINHEADのイメージ。
そしてSTRONG CROWDの活動あったから感化されたSKINHEADたちがいたと言う事実。
あるべき地方パンクシーン。

俺も噂をきいて2000年頭だっけ?初めて行ったんだ。
既にSTRONG CROWDは岡山ペパーランドで観戦していてカッコ良さはよく知っていた。
ライブハウス666(現CLUB LOUD STAR)で昼間にPUNK SHOPをやってると聞いてライブと兼ねて遊びに行った。
店名はLeaders。
会えばいつもニコニコしているギターボーカル秋山氏だけどギグ始まればイカついサウンドに乗せ歌い込むスタイル。
地下の怪しく薄暗いハコの666には近くにある米軍基地からも客としてきており盛り上がってた。
相当数のoi!/SKINHEADバンドが岩国に招待されSTRONG CROWDがサポートする、そんな図式に俺が憧れないはずがない。

前バンドで出れなかった岩国。
今回、STRONG CROWDからお呼びかけられ感謝してます。
岩国だけではないけど「ここでやりたい!」と思った街やライブハウスでやれる事は足跡を残すということに興奮するんだ、いつも。

そして。
こんな事を記さない方がスマートなんだろうけど…
俺ら正直なバンドなんで聞いてよ。

前回の岡山が終わり自分、、というかバンドを見直していた。
手応えを感じているのにあともうひとつ、というか。
プレイより気持ち、の事で。
「気合い」だけでも「楽しい」だけでもダメ。

ギグが出来れば何でもいいとも思ってないしどうやったら大切にステージが出来るか…
簡単に言えばもっとイケてるギグが出来るか…
こればかり考えていた。

大切な友人、先輩後輩すべて関係なくこれを話すと立派なアドバイスをくれる。

悟りを開くにはまだ早い。
こうやって階段をひとつずつ上がろうとしている。いま少し引っかかっただけだ。
気のせいではない。

このバンドは山あり谷ありで映画「スクールオブロック」の世界観がお似合い。
そんなつもりじゃなかったけどね、もっとスマートにやれると思ってたけど。

もしもよ?
カッコ悪い、しょっぱいステージと感じたならそう言ってみて。
聞くよ、ちゃんと。
俺らに期待してくれてた人で話が理に適ってりゃ謝るだろね。

いや、それでもグッドステージの自信は今だってあるからそんなギグと思ったならそう言って。
そのリアクションこそ金じゃない財産なんだ、それ。
前ならドヤ顔させてくれ、と抜かしてたな。
今の俺たちはそのギグを見届けてくれた事にお礼を言わさせてよ。
声を掛けづらいなら拍手のひとつでもいいんだ。
俺もそんなキミに心からサムアップで返すから。

この岩国でまたひとつ階段を上がれるか見届けておくれ、胸に残るギグ目指すから!

クリックすると元のサイズで表示します

STRONG CROWDアタマの秋山氏の仕事中に押しかけたんだ。
この絵がほしくて。フェアに俺も仕事着で笑
健闘を誓い合おうとするとあの笑顔で良い酒飲もうや!だって。
嬉しいね!
クリックすると元のサイズで表示します





↓2分1秒のとこにFNS収録!
サビのとこは
「They just make us disgusted!」
和訳すれば
「俺たちはウンザリするだけ」の意。
一緒にシャウトしてくれよ!
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ