2012/12/2

回想2  亮一

同1997年
相も変わらず奇怪なファッションが横行する私の周辺。ファッション雑誌のチェックは日課であった。仲間内でも多くの人間が愛読した某雑誌には毎回ストリートスナップが掲載されており、その人のコメントも一緒に掲載されていたのだが、何故かその頃は皆、好きなブランドと好きなバンドを載せるのが定番となっていた。そして、そのなかでビジュアル系バンドに混じりながら、圧倒的に興味を引くバンド名。そう、SEX PISTOLSである。いや、バンド名だけに興味をもちまして。だって見たことも聴いたこともないし。ボンテージのねーちゃんが乳振り回しながら唄うくらいに思っていたのだろう(笑) 正直、すぐにCDを買ったかどうかは定かではない。覚えていない。ただ、最初に買ったのはシリーズもののベストアルバムであった。そして、帯には「みんなピストルズで大きくなった」と書いてあった(笑) これ言うと、逆に狙ってるみたいに思われそうなんで嫌ですけど、マジで、びっくりしたのであります。わからん、何故か、これだと思ったのです。97年時にはすでに20年前の音楽、決して重たくない、速くない。黒夢の方が速い(笑)歌詞やろ、多分歌詞や。そう考えると、訳のわからんジャパンオンリーの編集盤を買ったのは正解だったのである。訳詞つきですから。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ