2014/2/13  10:01

2月23日開催地域史研究講習会のお知らせ  東北地方太平洋沖地震
 毎年度の恒例行事となっている福島県文化振興財団(福島県歴史資料館)主催の地域史研究講習会が、2月23日に開催されます。
 福島県歴史資料館サイト

 東日本大震災により、歴史的建造物や仏像などの多くの文化財が被災していますが、今年度の講習会は、過去から現在に至る修復事業の歴史や、修復作業を通じて明らかになった事実について焦点を当て、地域史研究の方法とあり方について、最新の研究成果に基づき理解を深めることを目的としています。

 特に、今回の講習会は、被災した仏像の胎内から鎌倉時代後期の文書が発見されたいわき市長福寺の事例が広く一般向けに紹介される初めての機会となっています。

 定員は350名までで、会場に余裕がある場合は当日の申し込みも可能ですが、配付資料が不足する場合も考えられますので、参加を希望される方は事前にお申し込みください。

日時  平成26年2月23日(日) 午前10時00分〜午後3時00分
会場  福島県文化センター 小ホール (福島市春日町5-54)
主催  財団法人福島県文化振興財団
後援  福島県史学会  福島県歴史資料館友の会
資料代  300円
定員  350名 ※事前申し込みが必要です。会場に余裕がある場合は開催当日の受付も可能ですが、配布資料が不足する場合もありますので、可能な限り事前にお申し込み願います。
申込方法  電話・ハガキ・FAX・Eメールにて申し込みをお受け付けいたします。
電話以外でのお申込みの場合は、「平成25年度地域史研究講習会参加希望」と明記の上、住所、氏名(フリガナ)、緊急の場合のお電話番号をご記入ください。
※万一定員に達して受け付けられない場合のみ、事務局から返信いたします。
申し込み先 (財)福島県文化振興財団 歴史資料課
    〒960−8116 福島市春日町5−54
      電話 024−534−9193 Fax 024−534−9195
    e-mailは office●history-archives.fks.ed.jp(●を@に替えて送信願います)
  ※お寄せいただいた個人情報は、本講習会終了後に破棄いたします。
内容
9:30〜10:00 受 付
10:00〜10:10 開会挨拶・日程説明
10:10〜11:00 報告1 「大正時代の恵隆寺観音堂の修復について」
       渡邉 智裕(福島県文化振興財団 歴史資料課)
11:00〜11:10 休 憩
11:10〜12:10 報告2 「過去・現在・未来の懸け橋 地域の歴史と仏像・神像の修復」
       松岡 誠一 氏(仏像文化財修復工房代表)
12:10〜13:00 休 憩
13:00〜14:40 講 演 「いわき市長福寺本尊地蔵菩薩坐像納入文書について」
       西岡 芳文 氏(神奈川県立金沢文庫 学芸課長)
14:40〜15:00 ディスカッション   (進行 渡邉 智裕)
15:00 閉 会

1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ