2011/3/29  18:04

中通りの文化財等被災状況  東北地方太平洋沖地震
 ガソリンの給油が少しずつ可能になり、昨日あたりから、被災状況が徐々に判明してきました。多くの方々から情報をご提供いただき、厚く御礼申し上げます。

 今日までに判明した中通りの状況をお知らせします。緊急を要する被害が出ています。

■須賀川市
@旧長沼エリアにある文化財収蔵庫のうち、プレハブ2棟が藤沼湖の決壊により流出・崩壊。プレハブ内の出土品と民具が流出。
 ※メール配信先には1棟と報告しましたが、2棟の誤りでした。
A同上収蔵庫の母屋部分も、決壊による濁流で基礎部分半分が流され、崩壊の危機。危険なため立ち入れない。

■桑折町
@旧家の土蔵・屋根等に被害が出ている。
A旧伊達郡役所も被災。
Bその他、石造物の被害が多い。

■福島市
@文化庁指定伝統建築物の竹屋旅館、宮下町教会が被災。宮下町教会は解体が開始されている。
A耐震補強されていなかった写真美術館(花の写真館)は、当分の間閉館。
B福島県立美術館・福島県立図書館・福島県文化センター・福島県歴史資料館も休館中。
C福島市文化財調査室は土器30個ほどが破損。旧飯野町収蔵品の破損は10個程度。
D福島県文化振興事業団の山下町調査室と渡利保管庫は、収蔵品には被害なし。機具の一部に被害あり。
E福島市資料展示室(ふれあい歴史館) 備品・収蔵品の一部に被害あり。
F福島市史編纂室のガラスが大破。

■二本松市
@歴史資料館は土器が10個体ほどは破損。軸物のハコ等が被害にあっている。建物は無事だが漏水のため休館中。
A智恵子記念館は展示ケース1個が破損したが資料に影響はなく、通常どおり開館中。
B大山忠作美術館は作品は無事だったが展示施設に損傷があるため休館中。

■白河市
@福島県文化財センター白河館(まほろん)収蔵庫の鉄骨が破断。基礎にもひびが入り、収蔵庫は立ち入り禁止状態。他にも被害があり休館中。
A鹿島神社境内の灯籠、小峰城の石垣が崩落。
B白河市歴史民俗資料館は被害なし。

■棚倉町
@公民館内に設けられている資料室の土器等の展示物、宇迦神社の境内にある歴代藩主奉納の灯籠・狛犬、棚倉城石垣の一部(民有地)等に被害が出ている。
2


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ