2014/8/14

官兵衛と宇佐神宮  Just a Ronin ! 日記

平成26年8月11日

おはようございます。

昨夜のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」。

意外と知られていませんが、宇佐との面白いエピソードもあるんですよ。

宇佐神領は平安時代をピークに、戦国乱世になるとことごとく没収させられ、この頃宇佐八幡宮は大変没落していました。

官兵衛が豊前を領した時、こういう状況を見かね、宇佐八幡宮へ宇佐郡向野村を300石寄付。その後、豊前の国主となった細川忠興はトータルで1000石を寄付しています。

また第二之神殿を黒田長政、第一、第三之御殿を細川忠興が、西大門を黒田節で有名になった母里太兵衛が建立した由です。

詳しく知りたい方は福岡藩士だった貝原益軒の「豊国紀行」にも書かれておりますのでお読みになるといいでしょう。

こんな事を知っているだけで「軍師官兵衛」がまた一段と楽しくなりますよ。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ