2015/2/8

高橋よしひろが提言し、実現できた政策(その13)  高橋よしひろが提言し、実現できた政策

高橋よしひろが提言し、実現できた政策(その13)

○大分県で2番目に高いラスパイレス指数の改善を。

(H14年9月・H14年12月議会の一般質問で提言)

⇒平成16年に100.5まで低下。



○地震や洪水、土砂崩れなどの自然災害に備えたハザードマップ(災害予測地図)の作製を

(H16年9月議会で提言)

⇒H17年4月、県砂防課と一緒に作成し、各地域の公民館に配布。


○H15年に自治法改正で、公の施設の管理方法が指定管理者制度に移行でき、民間事業者、NPO、ボランティア団体などに委託できるようになった。図書館を含めた公の施設に対し、指定管理者制度の積極導入を。

(H15年9月・H16年12月・H17年6月議会で提言)

⇒改革プランに盛り込み、現在、随時導入している。



○旧安心院町・院内町での移動常任委員会の積極導入を。

(H17年、議会運営委員会で提言)

⇒H17年9月議会より導入。
0
タグ: 市会議員 政策 宇佐



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ