2017/11/27

まず幼児教育の無償化を  議員日記

平成29年10月31日


私は42歳で市議になり、当時破綻寸前だった宇佐市の財政状況にかんがみ、行財政改革を最重要課題と考え、市職員に嫌われながらもさまざまな提言を行い改革を実行してきた。

こういう中でも、子育て問題や教育問題は予算を惜しまず子どもや保護者のサービスを充実させてきた。

子どもは国の宝だし、国家百年の大計として金がかかっても投資しなければいけないからだ。

年金・医療・介護と同じように社会で子育てや教育を支えなければならないと考えている。

超・少子高齢社会を迎えている中、この問題に関し、ようやく政府・自民党も重い腰を上げようとしている。

高等教育無償化の議論もあるが、まず幼児教育の無償化を実現させてほしい。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 議員 高橋 宇佐



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ