2019/11/21

ごみ焼却場、24年度に供用開始  議会での舌鋒・筆鋒!

令和元年11月21日

昨年2月の定例会で正副管理者の意見の合意ができず、9対2で否決されたごみ焼却場の契約案件。

その後も、ごみ焼却場の計画で、主要8項目のうち7項目が正副管理者で一致してしておりませんでした。

ところで昨日行われた宇佐・高田・国東広域事務組合議会での私の一般質問に対する管理者・事務局の答弁によりますと、この度8項目が大筋合意できたとのことです。

このまま行けば、24年度に供用開始となります。

めでたし、めでたし。


クリックすると元のサイズで表示します

                 朝日新聞

クリックすると元のサイズで表示します

                 毎日新聞

クリックすると元のサイズで表示します

                 大分合同新聞
0
タグ: 舌鋒 筆鋒 提言



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ