2010/4/18

平成18年3月定例会一般質問  高橋宜宏の一般質問集

指定管理者制度について

問@ 市は今回、20区分にわたり指定管理者制度を導入。が、4区分の公募選定のうち家族旅行村と温泉4施設は該当なしだった。その問題点は。また改革プランに市立みどり保育園等市立保育園に、管理者制度導入の検討・実施とあるが、その内容と実施時期は。

 問題点として、十分な公募期間を設定すべきであったことと基準価格の設定が厳しすぎたこと等がある。また市立保育園については、入園児の推移や保護者の意見、地域的な役割等勘案の上、具体的な検討重ねていきたい。


問A 指定管理者制度は本来、行政コストの削減と多様化する住民ニーズに対応する制度。企業にとっては新たな市場の誕生でもある。今後は評価基準を明確にし、決定後はホームページ等で選定の経緯を公表することも重要。また今回、ほとんどが随意選定。制度の趣旨を考えると、透明度を高めた公募型に漸次変える必要があると思うが如何。

 指定期間終了後の取り扱いとしては、今後公募の方向で行きたい。 

<提言> 指定管理者制度は経費削減だけを目的にしてはならない。公共施設が住民のものである以上、サービスの向上の提案が不可欠であることを要望する。 
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ