Mariaガールとアオリイカ

2010/10/21 | 投稿者: なおき

今日は波が高いのでシーバスを釣りに行くとMariaガールに連絡。

でもMariaガールはアオリイカがいいと返答。

こんな波のある日はシーバスがいいのっ!と、僕。
波にラインがもまれて、フワフワに巻き取るとライントラブルもあるし・・・。

お前、縛り上げるぞ・・・。と、ドスの利いた声で答えるMariaガール。

クリックすると元のサイズで表示します
結局、脅迫に屈した僕はアオリイカ狙いに付き合うことにしました。

クリックすると元のサイズで表示します
沖から大きいうねりがきて、足元をザザザー!と、すごい勢いで流れていきます。

ヘタに前へ出ることが出来ません。

だから波打ち際から離れてエギ王Q温チャージをキャストすることにしました。

こんな状況のサーフでイカなんて釣れるわけないやろ・・・。

Mariaガールは少しずつ移動しながらイカを探します。

そして気が付くと僕から結構離れた場所にまで移動していました。

しばらくするとライトを照らしながら歩いて近寄ってきます。

ほら、言わんこっちゃない。ライントラブル起こしよった。
あんチクショー、ボロクソに叱ってやる。

クリックすると元のサイズで表示します
・・・。
イカ持ってきてる。

クリックすると元のサイズで表示します
あら〜、この状況で釣っちゃったのね。
すごいわ、アナタ。

満面の笑みを見せるMariaガールです。

僕はシーバス狙いでNL-1をキャストしていたのですが、イカが釣れるとなればイカを狙います。

クリックすると元のサイズで表示します
そして、僕にも釣れました。

クリックすると元のサイズで表示します
まぁまぁいいサイズです。

クリックすると元のサイズで表示します
Mariaガールのテキトーなイカ狙いの提案でしたが、終わってみれば大成功。

クリックすると元のサイズで表示します
シーバスを狙い続けていても釣れるかどうか分からない状況でしたが、イカはうまく当たれば釣れるものですね。

イカは、シーバスよりも沿岸部の回遊が多い分だけ釣れる確率が高いことをMariaガールは理解していたのかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します
ともあれ、Mariaガールの提案に助けられました。

僕だったらシーバス以外、頭に浮かびませんから。

いい勉強になったことは言うまでもありません。
21



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ