ローライトゲームで奇跡の2尾目

2013/8/27 | 投稿者: なおき

スカッシュ95のフローティングは、ナイトゲームでの使用が多い僕です。
それは、活性があがって捕食範囲が広くなるシーバスを上層で食わせるためであります。

変わって、日のある時間帯は、中層から下を意識してサーチしますので、シンキング系やダイビング系を使用しています。
明るい内はシーバスの捕食範囲が狭く、上層までの捕食を控える傾向にあるからです。

そこで、スカッシュ95のシンキングを使用して、ローライトのシーバスゲームにチャレンジしてきました。

流芯の向こう側、ややアップ気味にキャストして流されながらカウントダウンします。
流れに乗ったところでリーリングを開始。

程なくして、鈍い感触が伝わり、アワセを入れた瞬間に『ゴボゴボ!』っと、デカイ口を開いたシーバスが頭だけ出してエラ洗いしました。



『うわっ、デカっ!』



ウルトラライトアクションのロッドにPE0.6号なので流れに乗ったシーバスはラインをジージーと引きずり出していきます。

テンションを少しも緩めることなく、シーバスを刺激しないよう騙しだまし寄せにかかりました。
幾度の抵抗を腕と膝で吸収しながらランディング体勢にまで持ち込み、最後はコンクリートに膝ま付きながらグリップでキャッチ。

ヒットしたのはこのサイズでした。
クリックすると元のサイズで表示します
厳しい自然を長らく生き抜いた強い生命力の老成魚。
尊厳で偉大な風格。

クリックすると元のサイズで表示します
硬く厚みのあるクチビルには、スカッシュ95Sのフロントフックが内側に刺さっています。
フックが割としっかり入っていたので安心です。

クリックすると元のサイズで表示します
↓8月前半↓に続き、偉大な風格を持つシーバスとの出会いは2度目となりました。
http://www.fimosw.com/u/hokuriku/uyn4u7fu633t7z
小物釣り師の僕とは無縁の賢者。
しかもシーバスの活性が下がりが気味となる8月の出会い。



釣りからだいぶ離れていたので運が貯まっているのかな。



奇跡の出会いに感動と興奮を覚えた僕でした。
あの引きの強さは生涯忘れないでしょう。

次の出会いこそ、何年か先まで待たなきゃいけないだろうなぁ。
1



2013/8/27  18:27

投稿者:なおき

じゅんちゃん、爆りたい!

2013/8/27  15:59

投稿者:じゅん

>>なおちゃん

わかるキラキラキラキラキラキラ

5〜60バンバン釣れた方が楽しいハート

2013/8/27  11:52

投稿者:なおき

じゅんちゃん

ありがとうございます!
デカイのもいいけど数も釣りたい。笑

2013/8/27  11:20

投稿者:じゅん

ランカーオメ…キラキラキラキラキラキラキラキラ

お見事(""`д´)ゞ!!!!

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ