ベタ凪&澄み潮を攻略

2014/5/31 | 投稿者: なおき

昨夜の釣行です。
スリットと根が複合しているエリアを選びました。理由は海が静かなので、少しでも流れの利いている地形が有利と考えたのです。

水辺に降りるとベタ凪に追い打ちをかけるかのように澄み潮で、釣果をあげるハードルがあがりました。
そんな状況なので、ルアーのシルエットを小さくみせ、且つ根掛かりを防止するため、スカッシュF95をセレクト。1時間くらいピンスポットから広範囲まで、付近を探りましたが反応はありません。

そこで、シルエットは大きくなりますが、動きの小さいNL-Tにチェンジ。
沖の根と根の間は割と潮が動いていたのでヒットゾーンはソコ!と、予想していたのですが、手前の潮が抜けているシモリで違和感が…。
瞬間、リーリングを止めると、ガバガバ!と、シーバスが水面をわりました。
一瞬、フッキングしましたが、フックアウト。その後も同じような位置でバイトが相次ぎます。
ベタ凪&澄み潮のせいか、かなりのショートバイト。活性そのものは高いのですが、動きの良いスカッシュではなく、動きの弱いNL-Tに反応することを考慮すると、やや警戒気味と思われます。
アタックを感じた瞬間、無理やりのアワセにうまくヒット。やっとやっとでランディングできました。

クリックすると元のサイズで表示します
この季節にしては、かなりスレンダー。捕食能力が弱いのかもしれませんね。

クリックすると元のサイズで表示します
コンディションの悪いシーバスを相手にする場合は、動きの弱いNL-Tが強い。
これは僕が幾度も経験していることです。
ベタ凪&澄み潮の磯がらみを攻略するには、やはり夜間に部があります。コンディションのよいサカナが入っていれば、動きの強いルアーでのアピールが有効となり、コンディションの悪いサカナが入っていれば、動きの弱いルアーが有効となります。

動きの弱いルアーは、一見釣れなさそうに感じますが、時として強い武器となりますので、磯がらみのポイントに限らず、とりあえず色々な釣り場で試してみてはいかがでしょうか。
2



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ