突撃、シーバスフィッシング!

2010/9/13 | 投稿者: なおき

キャストのし易い日中にシーバスを狙って釣りに来ました。

夜間練習をしているのでキャストは幾分か決まると思います。

前回はメバルタックルを使って 『うぐい』 を狙い、小さいシーバスをキャッチしたMariaガールですが、今回はシーバスタックルを使ってシーバスを狙いに来ています。

瀬に立ち、瀬尻をチェックします。
ルアーはデイゲームにめっぽう強いタイトスラロームをセレクトしました。
ボトムノックでシーバスを誘うメソッドです。

クリックすると元のサイズで表示します
しばらくすると何かがヒットしました。

クリックすると元のサイズで表示します
それほど大きな魚ではなく、ファイトに余裕があります。
嬉しさのあまり、ピースなんかしてます。

クリックすると元のサイズで表示します
おっ、今回もまたシーバスだ。

クリックすると元のサイズで表示します
でもあげてみると、残念ですが、『うぐい』 でした。

僕的にはガッカリしましたが、Mariaガール的には魚が釣れて嬉しいようです。

クリックすると元のサイズで表示します
その後もシーバスを狙い続けます。

クリックすると元のサイズで表示します
でも結局シーバスはノーヒット。

『うぐい』 を狙ってシーバス、シーバスを狙って 『うぐい』。

まるで正反対の釣果です。

今度は両方狙ってみましょうか。

何が釣れるか・・・。
ソウギョだったりして。


でも魚釣り自体楽しんでいるMariaガールを見ていると、忘れかけてしまいがちな、釣り自体を楽しむと言うことを思い出させてくれます。

何も釣れなくて、ついイライラしてしまったり、誰かに八つ当たりしてしまったり、と、誰かに迷惑や嫌な気分を与えてしまうことがあります。


こんな自分は最低なアングラーです。


何が釣れても何も釣れなくても釣りをしていることに幸せを感じる。

ルアーがボトムに触れただけで魚のアタリと勘違いしていた、あの頃のワクワク、ドキドキ感をいつまでも忘れずフィールドと向き合っていきたいと思います。
14



2010/9/13  23:48

投稿者:なおき

みつさん

こんばんは。
温かい応援のコメントを頂きまして誠にありがとうございます。

彼女はいま釣りの楽しさを少しずつ体感しているようです。

本人が過ごしてきた今までの生活からかなり脱線しているようで、うぐいでもかなりご満悦でした。

自然て素晴らしい、釣りって楽しい。そう思ってもらうだけで、僕も嬉しく思います。

みつさんがおっしゃる通り、恐らくこれから自分で考えて魚を狙うようになるでしょう。

キャストがうまくなり、アクションが入れられ、ノットを覚え、狙った魚をどんどん獲るようになれれば…と、思います。

でも魚が釣れなければ釣りをやめるかもしれません。そうなってしまっても仕方ありません。

でも魚釣りを経験してくれただけでも、彼女の人生の中で語り継がれる出来事であるに違いありません。

のろまだと思いますが、どうか長い目で見てやって下さい。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

コメントありがとうございました!

2010/9/13  20:30

投稿者:みつ

楽しい釣り風景が目に浮かびます(^.^)

大物ウグイをゲットしたので、次は本命の大物シーバス釣れそうな気がしますね(^_^)v

今までMariaガールさんは、釣らせてもらってる状態ですが
釣るだけではない、考える楽しさも徐々に解ってほしいですね!
モチロン焦らずに楽しみながらですがね(^.^)/~~~

http://blogs.yahoo.co.jp/brcky795

2010/9/13  19:41

投稿者:なおき

RYOさま

お疲れ様です。
嬉しい&ありがたいコメントありがとうございます。でも僕に感謝されても困ります(汗)
だって僕はMariaガールの喜んでいる表情を見て、気がついたのですから。

彼女は何でもいいからルアーで魚が釣れるだけで楽しく感じる、あるいは今まで経験のない自然遊びをするだけで新鮮なようです。

僕には当たり前のことが当たり前ではなくて…何だかそれが分かった瞬間に今の自分じゃいけないと思いました。

もっともっとありがたみを感じて謙虚に素直に格好つけずに釣りを純粋に楽しまなければいけませんね。

ブログでも恥ずかしがらずに堂々とボウズや失敗をご報告します。

コメントありがとうございました!

2010/9/13  16:46

投稿者:RYO

どんなに高価なタックルを揃えて、どんなに結果を出そうとも、本当に楽しいと感じていたのは駆け出しの頃でした。
思い出させてくれたなおきさんに感謝です。
トラウトロッド&マイクロワームでバス、シーバス、根魚なんでも釣っていた頃が懐かしいですよ。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ