ミッフィー美術館2 (Dick Bruna Museum)  旅行・オランダ (Travel・Holland)

ディック・ブルーナ美術館に入るとすぐに、金色のミッフィーちゃんがお出迎え。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっとミーハーかなと思いつつも、ミッフィーワールドにテンションが上がります↑

クリックすると元のサイズで表示します

さまざまな国の言葉に翻訳されたミッフィーシリーズ↓。

クリックすると元のサイズで表示します

特に印象に残ったのが、ディック・ブルーナさんの絵本作家に至った敬意や制作のようすが見られるビデオ。
この町ユトレヒトに住み、自転車でアトリエに通い毎朝8時から夕方の6時まで制作をするブルーナさん。
切手のデザインについて奥さんと相談している姿などほほえましく、ブルーナさんの人柄にとても好感が持てました。

クリックすると元のサイズで表示します

美術館自体は小さな建物だけど、子供も大人も楽しめる素敵な空間。
最初は「ミッフィー美術館にあまり興味がない」と言っていたマイクも、なかなか気に入ったようです。

クリックすると元のサイズで表示します


人気ブログランキング、応援クリックをお願いします^^
Ich nehme an Blog Rang teil, bitte einmal pro Tag unten klicken!
please klick here for blog rankingもみじ

人気ブログランキングへ

0



2012/11/7  1:22

投稿者:haru1000

すみこさん、

ディック・ブルーナさんはたしかもう80歳を過ぎていたと思うけれど、毎日目覚ましなしで6時に起きて自転車でアトリエに通い、昼食は家に戻って再び18時までアトリエをいう生活を送っていた(送っている?)そうです。
私も、生きているうちに美術館が出来るなんてと改めてびっくり。
色は白、オレンジがかった赤、黄色、緑、青と、動物の茶色のみ。
ミッフィーの顔一つ書くのにも、ゆっくりゆっくり線を引いていたのが印象的で、前よりもミッフィーが好きになりました^^

2012/11/6  22:02

投稿者:すみこ

ミッフィーの歴史って、まだまだ新しいんですね。
作者が現存で、こんなに有名になるなんて・・・
ミッフィーの魅力はシンプルさと原色でしょうか?
インパクトありますよね。

信号機が、かわいい!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ