日野晃のさむらいなこころ

周囲に惑わされずに「生きる」その極意!自分を貫いて人生を歩くには!

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Yai
この記事をみて、すごく共感をおぼえました。

自分がなにがしかを伝えている時の目前の相手からの反応を観て、また、自分の中に沸く心を同時に感じていくと、違和感があった出来事からです。

自分の中に「なぜ、わからないんだろう?」と思う自分の心に純粋に沸く疑問と同時に

私が「〇〇だろう!」
とそもそも伝えている内容が、目前の人の言葉に包括された意味を捉えて、それに対しての答えなんだろうか…という目前の相手というより自分への疑問と同時に沸いた時、

相手への一方向というより自分を含めたこの二人全体を捉えて味わっている時、まさに「感覚」だったように感じます。

この事を

「理解して、判断する」ときは、どうしても、一方向からだけの正論としてにしかならず、相手にとっては、頭や言葉では、言わんとすることは把握したとしても、心で納得するというところまで行っていない…

その時に、私は、心で感じ観て、心で感じ聴くという事を試みたら、相手のバリアが外れた事を感覚として味わったように感じました。

ありがとうございます。

プロフィル

拙著「考えるな、体に聞け」が5刷になり、ジャンルを超え多くの方に読んで貰っています。芸術は元より医療関係やアスリート、一般の方他、目から鱗だとお手紙が届きます。現在、フランスを中心に世界13ヶ国に指導。日本各地でもワークショップを展開中です。まだまだ元気な71才です。

メッセージBOX

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

拍手ランキング

1位 みんなが先生
19拍手
2位 白ける一瞬が来る
17拍手
3位 結果次第で変更
14拍手
4位 思い通りで気づいた事
12拍手
5位 つもりの人には通じない
11拍手
5/24〜5/31までのランキング結果です。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ