北海道な日々2ぽん's セレクション♪も宜しくです☆

2015/5/15  15:07

GW名古屋旅行 5/5(火祝) 名古屋城 天守閣と展示物♪  名古屋旅行(GW(H27)2泊3日)


では予告通り前記事の続きです


名古屋城一気にエレベ〜タ〜で6階天守閣展望室

行きました

クリックすると元のサイズで表示します

凄い混みようで上しか撮れない・・・

クリックすると元のサイズで表示します

真ん中に売店

クリックすると元のサイズで表示します

5年前に混んでる中お城模型を必死で会計お願いしたのを覚えて

ます。  ので今回はここでお土産品買いませんでした


5年前のお城模型・・・ガラスケ〜ス割れててて、帰宅後電話し

もう一つ名古屋城の絵葉書と一緒に送ってくださいましたので、

2つあります

クリックすると元のサイズで表示します

ぐる〜〜っと回って行き、やっと空いてる冷房効いてたとこから

クリックすると元のサイズで表示します

多分裏側・・・   梁を写してる状態で・・・

クリックすると元のサイズで表示します

いつもの恒例、お城のお屋根部分

クリックすると元のサイズで表示します

しばらくここで冷房凌ぎをしてました  のぼせそうだったので・・・

クリックすると元のサイズで表示します

では、登りと降りの階段が上手く交わらないで出来てる階段を降り

クリックすると元のサイズで表示します

登り用と下り用と別になってます。   

では5階を観て行きます   階段降りて左周りで

クリックすると元のサイズで表示します

三英傑(さんえいけつ)

● 天下統一に導いた中心的な三名の戦国武将、戦国大名の
呼称。その三名は織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の事を指す。
もしくは郷土三英傑は、現在の愛知県(当時は尾張国と三河国)
出身で名古屋にゆかりがあり、戦国時代において天下を統一へ
導いた3人の戦国大名について、主に愛知県や名古屋市で顕彰
する呼称。

画像左側

クリックすると元のサイズで表示します

年表    通路向かいに

クリックすると元のサイズで表示します

天守閣構造模型

クリックすると元のサイズで表示します

この右隣に詳細

クリックすると元のサイズで表示します

今回は焼失前をテ〜マで撮影してます

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

石引き体験コ〜ナ〜

クリックすると元のサイズで表示します

画像左奥でどなたか引っ張ってこの人形と石が動く様になって

ます。

クリックすると元のサイズで表示します

● 石引き体験コーナーでは、当時の石垣の石を運びこむ様子を
再現しています。当時の苦労がしのばれます。


お次は

クリックすると元のサイズで表示します

享元絵巻

● 「尾張名古屋は城でもつ」と言われる名古屋城の歴史について、
尾張地方が輩出した三英傑、名古屋城の築城、明治維新、戦災に
よる焼失そして戦後の再建までを、年表や資料を用いてわかりやす
く説明しています。


お次に出てくるのは、実物大金鯱模型だったけど、撮影待ち行列で

撮りませんでした・・・    なので

クリックすると元のサイズで表示します

そしてなぜかデッカイドウが貢献してた

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

と言う事で、徳川家紋(大好きなの)の千両・百両箱

クリックすると元のサイズで表示します

そして今回のテ〜マ、焼損鯱

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

4階へ降り、また左回り(あっしの足が左利きなので・・・)

クリックすると元のサイズで表示します

画像左側の壁

クリックすると元のサイズで表示します

武器・武具類の展示

クリックすると元のサイズで表示します

● 武器・武具類の展示コーナーは、往時の木造天守閣の内部を
模したつくりになっています。鎧・兜・火縄銃などの武器・武具類の
展示がされており、重厚、華麗な名古屋城の一面が紹介されて
います。

クリックすると元のサイズで表示します

本丸御殿コーナー

クリックすると元のサイズで表示します

● 本丸御殿コーナーでは、華麗な障壁画のパネルなどがご覧
いただけます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

石垣コーナー

クリックすると元のサイズで表示します

まず画像左の壁

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

目の前の門

クリックすると元のサイズで表示します

画像右側の壁

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

● 門柱には帯鉄が鋲で打ちつけられています。両側には石垣が
再現されています。石垣に見られるユーモラスなしるしは、刻紋と
いい、名古屋城築城工事を分担した大名とその家臣のしるしです。


5年前は刻紋を観に行き見つけましたが、今回は疲れてるし時間

無かったので外の奥へ行きませんでした・・・


門くぐると右に、駕篭乗り体験コーナーでした

● 小窓に流れる映像を通して、まるで駕篭に乗ってお城へ向かう
ような体験を楽しめます。


階段降りる前に、ここのフロア地図

クリックすると元のサイズで表示します

お次の階、3階の地図

クリックすると元のサイズで表示します

この階は、どうやら右回りの方がいいかなぁ〜と思い

クリックすると元のサイズで表示します

右折れて、右を覗いた図    そして左へ折れました

クリックすると元のサイズで表示します

城下町のにぎわい    堀川

● 堀川は、慶長15年(1610)の名古屋城築城と同時期に、徳川
家康の命令で当時広島藩主だった福島正則(ふくしま まさのり)に
よってつくられた運河(人工の水路)です。

名古屋城築城に際し船で大量の資材を運ぶことを目的に、城の
西の堀留(ほりどめ)から熱田まで、長さ約6キロメートル、深さ1.8
メートルを掘るという大事業でした。堀川がつくられる事によって
信州木曽の木材が豊富に運び込まれるようになり、堀川沿いには
木材問屋や木工職人が住み、やがて豪商の蔵が建ち並ぶように
なりました。


通路向かい

クリックすると元のサイズで表示します

この通路右奥に

クリックすると元のサイズで表示します

五条橋

● 名古屋市西区の堀川に架かる五条橋(ごじょうばし)は、かつて
清洲城下の五条川に架けられていた橋を、慶長15年(1610)に
始まった清洲越しの際に、この地に移築したものです。そのため
五条橋の擬宝珠(ぎぼし)には、堀川が開削された慶長15年より
古い慶長7年の銘が確認できます。

もとは木橋でしたが昭和13年(1938)にコンクリート製に架けかえ
られました。御影石の親柱、高欄、擬宝珠、石張舗装などの特徴が
あり、現在でも昔の雰囲気を感じさせます。
    


右のケ〜スに

クリックすると元のサイズで表示します

左側から

クリックすると元のサイズで表示します

丁度、夕暮れから夜になるところを見学中・・・

● 城下の一日
木戸、五条橋や軒を連ねる店などが再現されており、当時の
城下町の様子を知ることができます。城下町と堀川の1日の変化の
様子が再現されています。 (約5分間で昼夜の城下町を体験でき
ます。)

橋の画像左側

クリックすると元のサイズで表示します

暗くなってきたので、ガラ携カメラだから丁度ボケて、モデルさんは

外人さんでした。    茶店


画像左に折れて

クリックすると元のサイズで表示します

画像右は自身番    左側

クリックすると元のサイズで表示します

では右側のおうちから見て行きます

クリックすると元のサイズで表示します

本屋

クリックすると元のサイズで表示します

左隣は武具屋

クリックすると元のサイズで表示します

右側

クリックすると元のサイズで表示します

この通路奥壁

クリックすると元のサイズで表示します

すでに城下町夜バ〜ジョンになり、ナイトモ〜ドでもこのありさま

後ろ振り返り、通ってきた城下町を

クリックすると元のサイズで表示します

画像奥突き当たりが五条橋です。    この画像右に折れて

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

● 藩主の暮らし
「藩主の間」などを再現し、城内での仕事や食事など、当時の藩主・
藩士の暮らしの一端をうかがい知ることができます。藩主の間は、
本丸御殿対面所上段之間を参考にして作られています。

長持

クリックすると元のサイズで表示します

左のお部屋

クリックすると元のサイズで表示します

藩主の間    右側

クリックすると元のサイズで表示します

正面

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

正面の襖絵

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お食事

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この御部屋

クリックすると元のサイズで表示します

左隣

クリックすると元のサイズで表示します

台所    左側

クリックすると元のサイズで表示します

画像左下の釜

クリックすると元のサイズで表示します

台所右側

クリックすると元のサイズで表示します

入念に台所用品を撮影してる小学生が居た。  不思議なとこに

興味あるなぁ〜と思った

クリックすると元のサイズで表示します

通路向かいの壁

クリックすると元のサイズで表示します

お台所部屋、左隣は

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

では2階企画展示室へ行きます

クリックすると元のサイズで表示します

階段降りてまた左回りで、目の前。

今回は、特別陳列「天守にかける夢 
〜戦災焼失から70年」


左へ行き、突き当り右を覗き

クリックすると元のサイズで表示します

左へ折れます

クリックすると元のサイズで表示します

右側の壁

クリックすると元のサイズで表示します

● 慶長14年(1609)、徳川家康は名古屋城築城を決定しました。
3年後の慶長17年、巨大な天守が造営されました。名古屋城の天守
は、本丸を守る要塞(ようさい)であるとともに、歴代藩主の武具を
納める宝物庫でもありました。明治維新後は名古屋離宮として使用
され、さらに昭和5年(1930)、名古屋市に下賜(かし)されました。
同年に天守、本丸御殿などの建物24棟が、 城郭建築としては日本
で初めて国宝に指定されました。一般に公開されたのは、その翌年
です。
 市民の誇りであった天守は、今から70年前の昭和20年5月、戦災
で焼失しました。今の天守は昭和34年(1959)、鉄骨鉄筋コンク
リート造で再建されたものです。
 今回、戦災焼失70年を期に、400年間にわたる名古屋城天守の
歩みを示します。
※好評につき、5月17日(日)まで会期を延長します。


通路突き当りから左へ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その左隣

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

● 名古屋市は昭和7年(1932)から、名古屋城の国宝建造物の
実測調査を開始し、279枚の実測図が作成されました。戦災で多く
の建物が焼失してしまいましたが、それらの姿を詳しく知りうる、
絶好の資料となっています。

クリックすると元のサイズで表示します

このフロアは

クリックすると元のサイズで表示します

あっしは通路左側の壁画像に注目(テ〜マなので)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

天守瓦当

クリックすると元のサイズで表示します

● 昭和20年の戦災後、焼け跡から拾い集められた銅瓦。創建時の
大天守は5層屋根だけが銅葺で、あとは粘土瓦葺であったといい、
宝暦の大改修により、初層を除いて銅葺に改められたという。


天守破風鬼板

クリックすると元のサイズで表示します

● 大天守屋根の棟を飾っていた分厚い銅板で作られた鬼板の
残骸。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お次のフロアは

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

また左回りで

クリックすると元のサイズで表示します

左壁の写真(あっしのテ〜マなので)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2階回り切り、1階

クリックすると元のサイズで表示します

左側で、まず目の前右側へ

クリックすると元のサイズで表示します

模型コーナー

● 江戸時代の広大な名古屋城全域を再現したジオラマ模型、
本丸御殿の縮尺20分の1模型などを展示しています。

クリックすると元のサイズで表示します

最初に入った本丸御殿

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

キンキラキンだった襖もあり

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この模型の右横に

クリックすると元のサイズで表示します

● 江戸時代の名古屋城全域を再現したジオラマ模型

クリックすると元のサイズで表示します

画像左側

クリックすると元のサイズで表示します

このジオラマ、通路挟んで画像右側には

クリックすると元のサイズで表示します

フラッシュ撮影は×なのに、この階では外人がフラッシュ思い切り

かけて撮影してるのが目立った

クリックすると元のサイズで表示します

鏡で天井見えます状態に。    1階降りた時の左側へ

クリックすると元のサイズで表示します

本丸御殿障壁画(重要文化財)の展示

● 江戸時代前期、我が国を代表する狩野派の絵師によって描かれ
た桃山文化の象徴とも言うべき本丸御殿障壁画(重要文化財)、
障壁画の復元模写などを、展示替えしつつ公開しています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

復元模写

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

左へ入って行きます

クリックすると元のサイズで表示します

木子コレクション

名古屋城にご寄贈いただいた膨大な「故木子進發氏収集資料 
木子節子氏寄贈」から、刀剣・刀装具を展示しています。

クリックすると元のサイズで表示します

名古屋城収蔵品

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここから地下へ行き、小天守閣のフロア恒例の金鯱模型

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

画像右側には

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お外に出まして

クリックすると元のサイズで表示します






次回はこの後城外散策と最後の名古屋旅行のご紹介です



にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村 本日も行って帰って来るクリックいいね
感覚で(登録してないので・・・)宜しくお願い致します土下座 

皆様の応援で順位が随分と変わり、皆様と順位を上げてる事が
感じられて嬉しいです 読んで頂けたらポチ♪応援、宜しくお願いします土下座



● 本日のデッカイドウ、物凄く寒いです・・・

気温12℃・・・・・・  カ〜リング日和です・・・(笑


あっしは、足元ヒ〜タ〜を点けてます・・・  寒すぎ・・・

流石にババシャツ着てないので・・・  


今日はZくん呑み会で居ないから、明日実家へお土産あげにマミ〜

のお膝状態も観に行くから、夜の呑み会用のおつまみ作りをして

一人過ごします


マミ〜、立ってられないから家事も出来ず・・・ パピ〜頑張って介護

してます。


こうゆう時に心細いからって、あっしの弟を駆け落ち同然で黙って

戸籍まで抜いた奴を家を継ぐがてら戻したのに、役に立って

ません。

バカ嫁も看護師だってぇ〜のに自分の知ってるせんせ紹介する

だけ  こうゆう時に過去の仕打ち分やってもらうはずだったの

に。   なんせあっしより10歳も上です  非常識女なのです。


会社のバカ女と同じ感じで、非常識。  戸籍抜きとかも誘導し

しかも子供2人も居るのに14歳年下を物にする為の行為。   

説得も会いにも来ず、再婚する為にした手段。  酷過ぎて飽き

れる。


そんな嫁なので、介護を仕返しと狙ってるぽんです。

絶対許さないもの  未だに反省してないし


看護師のくせに、マミ〜家事大変ってなってるのに全く家に来ず。

何か助ける行動しないのか

それが過去の償いって事でしょうに・・・  許されてると思ってる

バカ嫁。


なのであっしは遠く離れてるのです。












0



2015/5/19  11:05

投稿者:ぽん

布哇の侍さん☆

沢山の人で床が抜ける心配・・・考えた事も無かった!(笑ww  コンクリ〜トなのでご心配なく(笑  
展示物でもご紹介されてる様に、第二次世界大戦で誤爆を受け、焼失してしまってる名古屋城なので・・・  昭和のお城でしゅ☆
人が居る中の撮影は確かに難しいでしゅ・・・  ガラ携の画素あまり無いのでサイバ〜ショットで写してますが上手い具合にブレたり(笑  ボケたりし、成功してましゅ(笑  しかし上しか撮れない場合も出・・・
ほんとどの家庭も絶対と言っていい程問題は抱えてましゅよねぇ〜・・・
Zくんの義母側は触らぬ神に祟りなし状態ww

http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

2015/5/19  11:01

投稿者:ぽん

よしえさん☆

名古屋城はかなり見応えありましゅよぉ〜〜☆  時間が無いくらい☆
5年前からちょっとは変わってるみたいで、料理サンプルとか無かった気がしましゅ☆
昔のお店とか、商店街通りは、照明で朝から夜までの演出するので面白いでしゅよぉ〜〜  あっしは丁度夕方から夜になっちゃって、撮影しにくくなり(苦笑
5年前からすると外人さん、多くなりました。  絶対楽しいでしょ〜☆
戦国・江戸時代、凄くわかると思います☆
嫁、誠意もお声すら何もないんでしゅ。  気にならない人なので。
なのでいい歳しておねぇちゃんが一々、うちの両親に謝ってる状態。  親居ないからでしゅ・・・
自分勝手に行動する、勝手な人なので散々縁切りで落ち込んだ両親にも未だ謝り無し・・・
なので一生許さない!って事なので、介護で償わせたいのでしゅ。  幸い丁度看護師だったって事で。
全く周りの事見れない人ってうちの家系は大っ嫌いでしゅね。




namikoさん☆

GWはほんと混んでましゅよぉ〜・・・  サラリ〜はこうゆうお休みしか取れないからしょうがないんでしゅよね・・・
どうしてもどのお城も天守閣は暑いので、名古屋城は凄い人で暑かった・・・
あっしも石垣に興味ありましゅ☆  詳しくはまだまだでしゅが、結構違いましゅもんねぇ〜☆
名古屋城の石垣はいたずら書きと言うのでしょうか・・・そうゆうお印物があって、皆さん遠くから石垣見て探すんでしゅよぉ〜☆  それを今回はしませんでした・・・
上手にレポ出来てました〜?  ちょっと自分の記録でもあるから、ちゃんと作成してみました☆
お褒め頂き、ありがとうございましゅ☆

http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

2015/5/19  10:50

投稿者:ぽん

ちかさん☆

名古屋城の螺旋的階段、上専用・下専用とあるので、常に人人人で凄いでしゅよぉ〜〜☆  声・足音も響いて凄いし(笑
名古屋城の城下町は実際無いんでしゅが、犬山城は良く再現した!ってここからすると思いました☆
名古屋城は街中中心街にあるから城下町再現は無理でしょう・・・
すぐ名古屋駅もあるくらい、中心街でしゅ・・・
昔の本屋、あっしが片付けたくらいの感じなんでしゅねぇ〜(笑
名古屋城の展示物はほんとたらふくありすぎて時間無くなりましゅ・・・
まだ、デッカイドウは寒くてお部屋の温度が17℃くらい・・・寒いでしゅ・・・
マミ〜のお膝、軟骨板が減ったのが原因の老化現象でした・・・  あっしも気をつけねば・・・と思うくらい痛いそうな・・・
パピ〜は・・・基本やりたくない人なので(あっしもww)あれやってこれやってと言われたらイライラして怒るんだって。  あっし、それ実家行った時イライラしたからわかる・・・(苦笑
あっしとパピ〜ってやってもらう側なので(苦笑  Zくんが介護状態だったら・・・  あっしイライラしましゅわ(苦笑
そそ、嫁、気遣いってのも全く無く、お声すらかけてません・・・ そうゆう気にならない人って腹立ちますし、償いすれ!って感じで、未だ謝っても居ない始末人。
いい年して代わりにおねぇちゃんがうちの親に謝る始末。  親居ないからそうなるのか・・・
だからあっしら一生許さないのでしゅ。  なので介護時は償いでやらせます!
丁度看護師だしって事で。  苦労させたいのだ。  両親はほんと勝手な仕打ちにどれだけ落胆して病気とかになったか・・・
だから許さないのだ。
あっしも人の事言えないおぉ〜〜  でもあっしはやることやって、それでも全く嫁って受け入れてくれない義母がZくんから突き放した形なので、あっしは何もしてません☆って感じで幸せ者でしゅ☆
男って嫁側に付くから上手く行くわけにゃいでしゅ☆

http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

2015/5/19  10:38

投稿者:ぽん

モリオリママさん☆

こんにちわ〜〜☆  名古屋城はほんといつ行っても凄い混みようです・・・  5年前からすると外人さんが多くなってましゅね☆
シャチホコの模型、上に乗って撮影出来るとこも上の階にあるんでしゅが、凄い行列でした・・・
お篭はほんとあの時代のは小さいでしゅよねぇ〜・・・  乗り心地悪かったと思います・・・
過去の身勝手な行動結婚に一生許さない状態の中、こうゆう時お声だけでもかけるとか、親孝行的にして欲しいところでしゅが、全く持って自分勝手で周りを気にしない人なのでこちらはむかつくんです・・・
いい年してまだおねぇちゃんから申し訳ありませんとうちの親に謝る状態・・・  親居ないからわからんちんなのかもしれません・・・
それで通る人ってある意味羨ましいでしゅ。
償いはしてほしいのよ。




ひな♪さん☆

5年前からすると外人さん、多くなりました・・・  なのでアジア系のマナー違反は堂々としたもので・・・  こちらが圧倒されます・・・
本丸御殿の見学は、近場にお住いの特権で全て完成してから行かれた方が絶対いいと思います☆  あと3年・・・
嫁は何に対しても全く気にしない人で、いい年しておねぇちゃんにうちの親へ謝ってもらうって感じなんでしゅ・・・親居ないから・・・
今迄の行いを償わせる為にやってもらうのでしゅ。  普通の状態じゃないので。
謝りも無いから、そうゆうのでちゃんと償いなさいと。  勝手なことした代償でしゅ。 そんな理由もあるのでしゅ。
そんな中、看護婦で丁度良かったって事でしゅ。

http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

2015/5/18  3:17

投稿者:布哇の侍

こんなにたくさんの人が来て、床が抜ける心配・・・はないでしょうが、
どなたかも書いておられましたが、人がいる中を写真をたくさん撮るのは難しいでしょうに、いつも人が入り込まずに上手に撮られていますね。

どの家庭もいろいろ問題はありますよ。
触らぬ神に祟りなし。です。

2015/5/16  19:23

投稿者:namiko

ほんとうにどこもかしこも混んでますねぇ
これでは冷房が効いていても人にのぼせてしまいそう〜

私は石垣に興味があります
石垣の積み方・・・
名古屋城の刻紋は沢山あるのでこれを探して歩くのも面白そう〜

沢山の写真を撮って上手にリポートしてて
いつもながら感心します。

2015/5/16  7:22

投稿者:よしえ

名古屋城、見応えがありますね〜!
料理まで、サンプルを見せてくれるなんて、芸が細かいです〜!
昔のお店まであるなんて!
これは外国人さん大喜びでしょうね。
下手な博物館に行くより、楽しめそうです。

弟さんのお嫁さん、そんな人にお母様も介護されたくないでしょうけど、誠意はないですね。

2015/5/16  5:00

投稿者:ちか

わ〜階段、上から写すとなんだかかっこいいですね。
登りと降りが交わらないように出来てるんだ。

城下町のにぎわいもいろいろ見れる所があるんですね。
楽しそう。
わ〜昔の本やってこんなのだったんだ。
展示物もいろいろあって見どころ一杯ですね。

昨日はそんなに寒かったんですね。
なんとヒーターまで。
お母さま、膝が痛くて家事も出来ないほどって大変。
旦那さんも大変でしょう。

看護師さんのお嫁さん、忙しいんだろうけどちょっとは足を運んで
少しは気遣って欲しいですね。

義父と母はとても元気だけど、私も結構疎遠だからあまり人の事
言えないんですけどねー。

http://tamapupu.blog100.fc2.com/

2015/5/15  21:42

投稿者:ひな♪

GWだから外人さんも多かったのね〜
しかし ここでもマナー違反(^^;

本丸御殿は全て完成してから〜行こうと思います☆
って まだまだ・・・ですよね(汗)

ご実家のこと 色々と大変ですね・・・
腹立たしくても これも個人の価値観の違いですので(血縁でも、です)
そして職業とプライベートは別物ですよ。残念ながら
我が娘も介護職だけど 私たちの介護は無理!と最初から言われました。
仕事だから割り切って出来ることだって〜〜〜
ま、我が家はそれで良いんですけどね

http://wind.ap.teacup.com/kimama/

2015/5/15  18:20

投稿者:モリオリママ

アロハ〜!
名古屋城、さすがに人気の観光場所。
にぎやかだったんですね。
やっぱり、大きいだけあって、威厳のあるお城ですよね。
シャチホコの模型、結構小さくて、ビックリした記憶が。。
それから、お篭も小さいですよね。
乗りにくかったことでしょう。。
あらら、弟さんご夫婦、そういういきさつが。。
なおの事、親孝行して欲しいですよね。

http://mollyblog.blog45.fc2.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ