北海道な日々2ぽん's セレクション♪も宜しくです☆

2012/8/29  22:11

小林酒造探検続き♪  つぶやき(H24.7ー12月)


ではでは、前記事の続きで、小林酒造の左工場側を探索して

みましょう



では、入口です

クリックすると元のサイズで表示します

● 酒蔵入口には『北の錦醸造元』の看板。中を覗くと造り酒屋の
シンボル『酒林』が吊られています。蔵人が毎年1ヶ月を要して
制作する力作です。『木の温もり酒道具の舘』入場口にもなって
います。

 

いろんな酒造に行ってきましたが、必ずあるあのぼんぼん、あれ

酒林って言うんですね

知らなかった ずっと不思議ではあったが・・・

● 秋、米の収穫が終わると酒造りが始まり、年末になるとその年の
新酒が出来上がります。
 そして、酒蔵の軒先には杉の葉を束ねて丸く刈上げた酒林」が
吊るされます。青々としたそれは「今年も新酒が出来ました」という
酒蔵から近所の人々へのお知らせでした。
(より詳細は太文字クリック




中に入って〜(その酒林です

クリックすると元のサイズで表示します

右側が売店裏の事務所的な感じでした。


入り切って、左側を

クリックすると元のサイズで表示します

右側は関係者立ち入り禁止札が付いてる、工場側です。



で、左側に・・・

クリックすると元のサイズで表示します

何か展示物があるので、入って見ましょ〜


入り口付近に

クリックすると元のサイズで表示します

右側から歩いて徒歩回ります

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

回って左側です

クリックすると元のサイズで表示します

旧事務所の物ですね。



さっきの右側関係者立ち入り禁止のとこです

クリックすると元のサイズで表示します


では戻って奥へ進みます。 左側

クリックすると元のサイズで表示します

突き当り奥まで進むと・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ベンチの方から来た方を

クリックすると元のサイズで表示します

これから行く先の方を

クリックすると元のサイズで表示します

その前に、右のおうちを

クリックすると元のサイズで表示します

● 現3代目小林米三郎の住宅は歴史的建築資料として、つとに
有名。明治33年の木造建築は小林酒造の旧事務所としても使用
されていた。その名残は100年以上も一切、手つかずに厳重に保存
されている。但し、一般公開はされていない。


中はほんと手つかず状態で、住んでる家かと思うくらいだった・・・

見たかった・・・


その左横を

クリックすると元のサイズで表示します

お庭も凄い・・・


この向かいに

クリックすると元のサイズで表示します

暮らし展示がありました。

● 明治時代の旧精米所。小林家所蔵の生活用品を使用して大正・
昭和初期の民家を再現しました。時代に置き去られた日常品の
数々、その温もりが本当のエコロジーとは何かをやさしく問いかけて
いるようです。


入り口左横に、お茶サ〜ビスです

クリックすると元のサイズで表示します

例の赤いベンチに座ってお飲みください


入ります。 入って右側を

クリックすると元のサイズで表示します

左側を

クリックすると元のサイズで表示します

真正面を

クリックすると元のサイズで表示します

奥左を

クリックすると元のサイズで表示します

後ろ向いて、出口左側を

クリックすると元のサイズで表示します

右側を

クリックすると元のサイズで表示します


はい、出ちゃいまして、目の前の例の家のフェイス上に

クリックすると元のサイズで表示します

こうなってました(左側です

クリックすると元のサイズで表示します

歩いてきた方を

クリックすると元のサイズで表示します

ここは終わりです


後ろ振り返って、その先を

クリックすると元のサイズで表示します

右奥にずっと道が続いてて、後から行ったらフラワ〜公園とかに

なってた


この左側に

クリックすると元のサイズで表示します

今の本社事務所みたい

● 本社事務所。不明な点は何で訪ねてください。隣に植えられて
いる木蓮(もくれん)の巨木は5月初旬に開花。空知地方では屈指
の名木として有名。


そして駐車場の隣に蕎麦屋さんがあると前記事に書きましたが、

あれ、元役員住宅だったんだって。

● 昭和元年建設。古き良き時代を今に伝える風雅な建築物。
現在は『酒とそばの錦水庵』として親しまれております。


こんな感じでした

クリックすると元のサイズで表示します

詳しくは、記念館・酒造マップ



そして前記事でも書いたZくんの自分土産

クリックすると元のサイズで表示します

北の錦 大吟醸です


(追記)

大きな地図で見る



次回は、この酒造の側にある、お菓子屋さんへ行きます。



にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが単身赴任の主婦へ
にほんブログ村 本日も行って帰って来るクリック、宜しくお願い
致します土下座 皆様がご覧になってくださってる事を感じられます

からは ダンナが単身赴任の主婦ランキング こちらを
ポチッとなで、宜しくお願いします土下座 いつもありがとうございます☆


このブログ開くと音がなるのは・・・イルカさんのジャンプ音です
(追記=左に居るお☆ クリックでジャンプします。 シャチ出てくる時も♪)



● ヤバイヤバイ

記事紹介が終わらない・・・  週末になってしまうよぉ〜・・・

ちょっと急ぎ気味で公表しております


ので、毎回画像多々になって重くなってるかもしれません・・・土下座


でも、一緒に楽しめたら嬉しいです


最後に写ってる日本酒を支えてるお菓子が次の紹介場所です

そしてお次はワイナリ〜ワインです

0



2012/8/31  10:41

投稿者:ぽん

mizocyanさn☆

こんにちわ〜〜☆  こちらの酒蔵なんてそんなに年代物はそちらからするとないでしゅよぉ〜  古くても明治からでしゅもの・・・
そちらは江戸からとかでしょぉ〜  もっと時代を感じます。
見学時は全然お酒の香りしませんでしたよぉ〜。
大吟醸は高かいでしゅおね。 だから小瓶です(笑




すぴかさん☆

>>かかしみたいな案内人が面白いです   そこに目が行きましたか☆(笑
こちらもかかしで町おこししてるとこあるんでしゅ☆
楽しみにしてくださってありがとうございましゅ☆
癒しのイルカさん♪  和んで頂ければ幸いでしゅ☆

2012/8/30  22:25

投稿者:すぴか

そうだったんですか〜
イルカさんの飛び上がった時の音だったんですね〜

それもこの前から気になってました^^

http://blog.ap.teacup.com/spicafe/

2012/8/30  22:23

投稿者:すぴか

かかしみたいな案内人が面白いです

かかしで町おこしみたいなのをやってるところがあるので気になりました^^
明日も楽しみですよ〜

http://blog.ap.teacup.com/spicafe/

2012/8/30  20:38

投稿者:mizocyan

 ( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
 杉の葉のお守りに守られて、美味しい「北の錦」が出来るんですニャァ
矢張り酒蔵というのは年代物が多いよね
神戸も灘の酒蔵が有名なんです・・昔、その傍で暮らした事があるんですが、良く時代劇の撮影なんかに使われていましたね〜
板塀の白壁と古い瓦葺と、時代劇には最高のロケーションですよね・・

 見学の時も結構、お酒の香りで酔わなかったですか〜〜ェへェ
彼のお土産の大吟醸は高かったでしょうね・・・ 

http://blog.goo.ne.jp/mizocyan

2012/8/30  10:56

投稿者:ぽん

ちかさん☆

こんにちわ〜〜☆  この音の秘密を追記しました☆  左にイルカさん居るんでしゅよぉ〜☆  何度もクリック♪
そして地図も追記しました。 忘れてた・・・
酒林って言うなんてほんと知らず・・・  こうゆうのってしめ縄の様に時間かけるのが和って感じでしゅよねぇ〜
飾る事にも意味があったのも勉強になりました。 その後の杉の色の変化にも意味があったんでしゅ!!
現場ってわからないから見てるだけになりがちだけど、こうして記事にする事で何度も行ってるのに勉強になり始めて知りました。
しかも、この場所、見れるの知らなかったんでしゅ(笑
どんだけいつも終わりごろに来てるのかって事でしゅ(笑
一緒に勉強になって良かったでしゅ☆
大正昭和のくらし館、現場ではただの置いてる物ってしか感じないんだけど、そうゆう物だったんだぁ〜って記事作成して思いました。
次のお菓子屋さん、お菓子屋さんって言うのか、お菓子なのか・・・
駄菓子的な物で表現が出来なかった・・・
ただの小屋でしゅが・・・(笑




よしえさん☆

>>酒林って、新酒が出来たお知らせだったのですね。   いや〜〜いろんな酒造をご紹介させて頂きましたが、ちっとも知らなかったでしゅ。 確かにどこにでもあるので、シンボル的な物なのかとしか思ってなかった・・・
昔からの意味合いがあったのでしゅね・・・ 当たり前でしょうけど・・・
あっしも、魔よけか何かと思ってました。
ここの酒造は一際老舗感がありました。  これだけの館があったからかもしれません。
博物館はそりゃ〜綺麗なところ♪でしゅから違いましゅよねぇ〜☆
現場ではただの置いてある物しか感じなかったんでしゅが、こうして記事にすると凄い物だったんだぁ〜って知りました。  あの家も。
そして、イルカさんのとこと地図追記しました☆

2012/8/30  9:51

投稿者:aris

 ウイスキー・日本酒 それぞれの製造場所に魅力と温かい雰囲気がありますね。【酒林は お知らせ】だったのですね 皆さん年末を楽しみにしている事でしょう・・・ やたら新しいものに飛びつく現代 古きよきものは癒されます特に木は ぬくもりを感じさせてくれます。

http://cat.ap.teacup.com/2011/

2012/8/30  8:07

投稿者:よしえ

酒林って、新酒が出来たお知らせだったのですね。
なんか魔よけかと思ってました。(笑)
老舗の酒蔵はレトロな雰囲気が素敵です。
下手な博物館へ行くより、良いですね。
古さや歴史を肌で感じられるイメージを持ちました。

http://happy.ap.teacup.com/123789/

2012/8/30  4:54

投稿者:ちか

おはようございます〜この音は何の音かと思ったらそうだったんですね(笑)水の音かとは思ってたけど(^m^ )クスッ
へーーー。これは酒林って言ってそんな時間をかけて作られてたものだったんですね。それにこれを飾る事はそんな意味もあったんですね。
普通に見てるだけじゃ全然知らずにでしたねー。勉強になります♪

大正昭和のくらし館、いろいろ物見てるだけでも楽しそうですねー!
次のお菓子屋さんも気になるー。

http://tamapupu.blog100.fc2.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ