北海道な日々2ぽん's セレクション♪も宜しくです☆

2012/9/13  22:00

五十嵐威暢さんの作品、かぜのび♪  つぶやき(H24.7ー12月)


それでは、前記事より次に向かったところは・・・

以前『いろんな発見があったドライブの続き♪

の記事でご紹介した、山道を走ってたらマンゴ〜とあか毛和牛

見つけたとお話した場所から更に山を越えると・・・



五十嵐威暢いがらし たけのぶ)さんの彫刻作品がある

● グラフィックデザイナーから彫刻家に転身。50歳から彫刻家と
して活動している。 多摩美術大学学長。

風の美術館 かぜのびに行きました

クリックすると元のサイズで表示します

新十津川町立旧吉野小学校です

クリックすると元のサイズで表示します

左側は校庭グラウンドに、閉校記念碑があります

クリックすると元のサイズで表示します

● エントランスのトンネルに続く鉄のフレームと、103年の歴史に
幕を下ろした103個の地元の石で作った閉校記念碑です。


真正面から撮っちゃったけど、横からアングルで撮れば良かった

ですよねぇ〜・・・  へたくそでした・・・

いろいろサイトで見てください土下座





で、真後ろにはそのエントランスが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

左側体育館を

クリックすると元のサイズで表示します

左側からエントランス全体を

クリックすると元のサイズで表示します

エントランスに入って行きます徒歩 入場料200円かかります

クリックすると元のサイズで表示します

奥ガラス扉のところから、振り向きざまに後ろを

クリックすると元のサイズで表示します

先程説明したエントランスのトンネルに続く鉄のフレームです

● 校庭の閉校記念碑の御影石に太陽の光があたり、その光が
トンネルを抜けて、館内に届きます。
過去と未来をつなぐ橋、「吉野小」の人々と「かぜのび」をつなぐ
ひかりの橋は、晴れた日の正午に出会えます。



ガラスの扉に入って行き、お靴を脱いで入って振り返り

クリックすると元のサイズで表示します

の右下に

クリックすると元のサイズで表示します

Untitled (無題)
● ロサンゼルス時代に製作した一連の石彫作品の中のひとつ
です。 イタリア、カラーラの石をダイレクトカーヴィングして
います。



入り口左下には

クリックすると元のサイズで表示します

Circle pond(円池)
● これから紹介するDevil's plateau(悪魔の高原)、White crest line
(白い波頂線)とともに、札幌駅のJRタワ〜の
プラニスホール(飛んで頂ければわかりますが、JRタワーの黄色い
ロゴも五十嵐さんのデザインです)
で開催されたパセオリニューアル記念
「流政之・田村能里子・八鳥治久・五十嵐威暢」展 ―「テルミヌス
物語」と美の匠たち
で発表した作品です。



お次に入り口入って、あっしの好きな右上目の前にある

クリックすると元のサイズで表示します

こもれび
● 自然界の生き物のかたちをくり抜いた作品。 スケッチも下絵も
なく、ハンドルーターで気のむくままにつくりました。 五十嵐さん
が米国から帰国後、神奈川県横須賀市秋谷のアトリエで制作を
始めた「こもれび」シリーズの中の1点です。



真上を

クリックすると元のサイズで表示します

吹き抜けです。



左側の空間には

クリックすると元のサイズで表示します

これがDevil's plateau (悪魔の高原)
● 二連作

クリックすると元のサイズで表示します

この部屋の右側には

クリックすると元のサイズで表示します

brack ravine(黒峡谷)
● 合板の一部を火で焦がしています。 焦げて崩壊したエッジと
墨汁で塗られた木との境界は、見分けがつきません。



いよいよ、入口入って左側のロ〜カ側を

クリックすると元のサイズで表示します

右側の作品をズ〜ム

クリックすると元のサイズで表示します

波 光
● 鉄の板が球の中心に向う構造を持つ彫刻です。 その構造に
よる強度が確保される範囲内で、いくつかのパ〜ツを足していく
うちにたどり着いたのが、このかたちです。 ボール紙の小さな
マケットが、ここにある鉄のマケットに拡大され、最終的に都内
中野坂上の再開発地区に直径3メートルの作品として設置
されています。


奥のは先程説明にも出て来たWhite crest line(白い波頂線)



この空間から2階を

クリックすると元のサイズで表示します

2階は廃校した思い出の物が収まったままで、観れません。



その下の部分は

クリックすると元のサイズで表示します

Depths of the sea (海の真中)
● 合板や木を絹弦で結びながらつくりました。 スケッチや下絵や
設計図のようなものはなく、穴を開け、絹弦を通して、結ぶことで、
気の向くまま、空間に書を書くようにつくりました。 五十嵐さんが
ロサンゼルスで制作し、パサディナ市のAsian Museum
展示された作品のひとつです。



では、その左横入り口からお部屋に入って行きます

クリックすると元のサイズで表示します

ベンチが見えてきました。 その前には・・・



じゃ〜〜〜ん ココのメインです。

クリックすると元のサイズで表示します

思い出せない白の伝説

クリックすると元のサイズで表示します

● 信楽に滞在し1年がかりで制作した作品です。 故郷の滝川で
経験した厳寒の冬の自然と風景の記憶を作品にしました。



実は皆さまは、この作品の茶色バ〜ジョンをもぉ〜先に観ておるん

です


以前『6/24(日)の1日♪』の記事で安室ちゃん

ミュ〜ジアムのPV衣装バックの壁がそうなんです。


そして遅らばせながら、今頃第二段紹介(笑

クリックすると元のサイズで表示します

 バックがそうなんですよぉ〜


こうして

クリックすると元のサイズで表示します

衣装を観て頂き、今回は動画無しで・・・  ネタが無くなったら動画

付けて第二段正式に紹介します

クリックすると元のサイズで表示します

そして例のバックは

クリックすると元のサイズで表示します

こうなっていたんです  凄いおねぇ〜




そしてさっきの部屋からの続きで

クリックすると元のサイズで表示します

ロ〜カに出まして、アレをズ〜ム

クリックすると元のサイズで表示します

これは説明がにゃい  なんだこれは・・・



そしてロ〜カの奥の体育館へ行き・・・

クリックすると元のサイズで表示します

まだ発展途上の状態です。  左後ろ側

クリックすると元のサイズで表示します

ワイヤ〜だけ準備されてて・・・  

クリックすると元のサイズで表示します

● かぜのびのアトリエと、横須賀市秋谷のアトリエとで、体育館に
設置する作品の制作をいよいよスタ〜トします。 数年かけて
仕上げる予定です。



通って来たロ〜カを

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

あの先右側にカフェル〜ムがあって、そこで館員の女性とお話

しながら五十嵐さんについていろいろ知り得ました。


携わってきた作品の写真集みたいのがあったので、見てました。




そして帰り際に館員さんが、外の体育館側奥に何やら埋めてった

があるので観て行ってくださいとの事で

クリックすると元のサイズで表示します

撮りました。

クリックすると元のサイズで表示します

ズ〜ム

クリックすると元のサイズで表示します

● イームズファミリーと五十嵐威暢さんは、ココ新十津川町
かぜのびで今年8月4日にロサンゼルスからチャールズ・
イームズ
の孫であるイームズ・デミトリアス氏の家族が、彼の
アートワークである「カイメリアプロジェクト」世界各国に架空の伝説
に関わる、メッセージ銘板設置のために来日。五十嵐さんの
作品が展示している、新十津川町の「かぜのび」にて、五十嵐さん
の作品こもれびの前で記念撮影。デミトリアスさんとは3度目の
再会。映画も作成中とかで、札幌国際短編映画祭のプログラムを
渡す。



簡単にご説明しますと、このお方、世界いろんなとこ行って銘板を

埋めて来てるそうで、五十嵐さんとおじ〜ちゃまのチャ〜ルズ氏が

お知り合いだったので、日本第一号として孫が五十嵐さんのこの地

に埋めてったって訳です。




段々と銘板の事が世界的に有名になれば、ココの地は凄い事と

なるでしょう。



大きな地図で見る



そして画像お借りしながら、五十嵐さんのデザイナ〜ロゴをご紹介

して行きます

クリックすると元のサイズで表示します

これ旧明治乳業のです
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


皆さまがご存じな代表物だけ紹介しました

デッカイドウにはもっと貢献してくれてる物が多々みたいです



次回は、このドライブ後に行った所を紹介します



にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが単身赴任の主婦へ
にほんブログ村 本日も行って帰って来るクリック、宜しくお願い
致します土下座 皆様がご覧になってくださってる事を感じられます

からは ダンナが単身赴任の主婦ランキング こちらを
ポチッとなで、宜しくお願いします土下座 いつもありがとうございます☆



● いや〜〜〜昨夜から作成しててエライ時間かかった

お仕事もしながらだから、なかなかねぇ〜・・・ 


そしてこれだけ観て来て、一切知らなかった五十嵐さんの凄さに

FANになってしもうた


これから、デッカイドウいろんなところに行くと作品にお目にかかれそう

です  その時はまた話題にすると思います


あちゃこちゃに作品あるんですよねぇ〜




2



2012/9/18  11:56

投稿者:ぽん

duesseldorflifeさん☆

遊びに来てくださってありがとうございましゅ〜〜〜〜☆  めっちゃ嬉しいんでしゅが!!☆
雪が無い時期は走り回ってましゅ〜〜〜☆ 
実際美術館って良くわかんないのが現状なんでしゅが、こうして説明見ると良くわかるので、今回の記事は作成しながら凄く勉強になって、FANになっちゃいました☆
企業ロゴは皆さまがご存じであろう物だけを今回はご紹介しましたが、49歳迄デザイナ〜だったので、まだまだ作品は多々の様でしゅ☆




よしえさん☆

またまた、廃校美術館でしゅ☆  ほんと広いし、再利用出来てる校舎は羨ましいでしゅ☆
>>「思い出せない白の伝説」は題名がユニークです。
フランス人が喜びそうな内容だと思います。   そちらではこうゆうの大好きなんでしゅね☆
あっしも好きになりました☆

http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

2012/9/18  11:26

投稿者:ぽん

mizocyanさん☆

こんにちわ〜〜☆  3年前に廃校で真新しいでしゅが、全校生徒が10人位しか居ない状態ではあったみたいでしゅ。 山のふもとって感じの場所でしゅしね・・・ 廃校になりましゅよね・・・  正確には統合でしょう・・・
五十嵐さんは、ここに通ってた小学生や地元の人達とこれからも作品を作っていくみたいで、いい感じでしゅよねぇ〜  作品どんどん増えていくみたいだし♪
鉄のエントランス、何かかっこいいでしゅおね〜〜☆ さすが芸術家さんって思う作りでした☆
結構作品をバックアップしてる照明とか室内の色とか、それも素敵でした☆
作品が増えたら、また行くと思いましゅが、結構札幌駅周辺自体に作品があるので、そちらも撮影して、またこの記事を振り返れる記事が出来ればなぁ〜と思ってましゅ☆




arisさん☆

以前にも新冠の廃校小学校の外人さん美術館に行った事もありましゅ☆  デッカイドウは廃校が多々だから、もっと素敵に再利用してもらえたらなぁ〜って思いましゅ。
通ってた人達も入れるっていいじゃないでしゅか☆って思えて♪
【風の美術館】、五十嵐さんのテ〜マ的でまたいい感じでしゅよねぇ〜☆
暑い日の外歩き回り、クタクタになりましゅよね・・・ お疲れ様でしゅ・・・
そしてまたパソからもわざわざ来て頂きましてめっちゃ嬉しいでしゅ☆ ありがとうございましゅ☆
エントランスのトンネルに続く鉄のフレーム、流石芸術家さんって思わされる感じで凄いでしゅよねぇ〜☆
>>石をダイレクトカービングしたオブジェも素敵です。   こうゆうの触りたくなりましゅよねぇ〜(笑  あっしも素敵で好きでしゅ☆
【中野坂上】、お住まいだったとかでしょうか?☆  その公園に行って見に行ってみてくださいおぉ〜〜(笑
プリンター直りましたか!☆ 良かった〜〜結構使われる方からするとちょっとした時に不便さ感じちゃいましゅもんね・・・
うちは、会社ので印刷しちゃうから、家は年賀状時期だけなんでしゅ(笑

http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

2012/9/18  11:12

投稿者:ぽん

namikoさん☆

廃校になったのも3年前と真新しいのでしゅが、再利用してもらえる学校はいいでしゅよぉ〜
デッカイドウは廃校多々だから、殆どがほったらかしか壊されるので、残って利用されて中に入れるってのはいいと思いましゅ☆
皆さまはご存じのロゴだけ今回はご紹介したのでしゅが、49歳迄デザイナ〜だったのでまだまだたらふく作品はありましゅね☆




Sakulanboさん☆

この記事は時間かかりました〜〜  でも作りながら結構勉強になって、凄さ倍増しました(笑
五十嵐さんをすっかりお気に召してくださったのでしゅね☆  なんか時間かけて良かった〜〜〜☆
あっしも実際芸術作品って良くわからないのが現状なんでしゅが、こうして説明をしてくと良くわかりました☆
一緒に作品をわかって頂けて良かったでしゅ☆ なんだか記事作成してる時、沢山わかりやすく説明してあっしがお気に召した感じを知ってもらえたらなぁ〜って思いながら作成してました☆
結局自分が一番良くわかって、尚FANになっちゃった感じでしゅが(笑

http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

2012/9/18  10:53

投稿者:ぽん

じろははさん☆

あっしも初めてこうして知り得まして、皆さまがご存じのロゴしかご紹介してませんが、49歳迄デザイナ〜だったのでまだまだ沢山あるみたいでしゅ☆
この施設は1階のみでしたが、どんどん作品増えるみたいでしゅ☆  そそ(笑 かぜの「び」なんでしゅよね(笑
「こもれび」、一番好き〜〜☆ 五十嵐さんの作品なんてちっとも知らなかった時からお宿のオブジャで知ってたんでしゅよぉ〜 お気に召してたんでしゅが、まさかここで知り得るとは思っても居なく、びっくりしました☆
「白の伝説」、凄くかっこいいでしゅよねぇ〜☆  マンションに設置(笑www  凄い迫力でしたよぉ〜〜☆




みほさん☆

この校舎、ナビにも載って無いのでわかんなかったでしゅよぉ〜〜
凄い事に♪ 床・壁綺麗に美装されてましたので☆
撮影のセンスは全くありませんので、なんとか頑張って撮影しました。  皆と一緒に観てる風〜に(笑
車じゃないと絶対行けない・・・  山越え途中の場所でしたもの・・・ バス停はありましたが・・・
元々全校生徒が10人位程度しか居なかったとこで、3年前に廃校になったみたいでしゅ。

http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

2012/9/18  10:45

投稿者:ぽん

ちかさん☆

ほんと、全然知らない人だったんでしゅが、凄い人だったんでしゅよぉ〜  お話聞いてるうちにほんと凄い人が滝川から誕生してたんだぁ〜って思わずにはいられない☆
どんどんいろんなア〜ティストの方々が廃校スペースで何かやって欲しいわ〜〜☆  ほんと面白いでしゅ☆
今回は1階だけでしたが・・・ どんどん作品増えるみたいでしゅ☆
安室ちゃんのバックの壁、そうだったんでしゅよぉ〜 それまで知らなかった・・・(苦笑
一応、皆さまがわかるご存じのロゴしかご紹介してませんが、結構49歳迄デザイナ〜だったので、いろいろ作品はあるみたいでしゅ☆
実際作品だけ観たら、全然わかんないのが現状なんでしゅが、こうして記事にして説明入れてるうちに良くわかった感じでまたまた勉強になりました☆




たれぼうこさん☆

こんにちわ〜〜☆  この小学校も廃校なのです・・・  3年前から・・・  なので新しいんでしゅが・・・
元々、そんなに全校生徒が居なく、数える位しか居なかったみたいなんでしゅものぉ〜・・・
皆さまご存じのロゴしかご紹介してませんが、結構49歳迄デザイナ〜だったから沢山作品はあるみたいでしゅ☆
安室ちゃんの衣装、細過ぎでしゅ!!

http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

2012/9/16  16:53

投稿者:よしえ

またまた、廃校美術館ですね。
とっても良いアイデアだと思います。
「思い出せない白の伝説」は題名がユニークです。
フランス人が喜びそうな内容だと思います。



http://happy.ap.teacup.com/123789/

2012/9/14  22:04

投稿者:duesseldorflife

こんにちは〜。おお、文字通り走り回っていらっしゃった
んですね!こちらの美術館、素敵ですね。現代芸術ってい
ろんなギャップに自分が驚くのが楽しいし(素材と見た目
のギャップとか)、研ぎ澄まされる感覚になりますね、ち
ょっとだけですが・・・。あと企業のロゴ見て、あっこれ
全部同じ人がデザインしてたのと驚きました。

http://dussellife.exblog.jp/16790192

2012/9/14  19:25

投稿者:aris

元小学生が美術館になっているなんて素敵です、私の身近にないから 特に そう思えるのでしょう・・・ 【風の美術館】という名前も ひきつけますね。今日は【暑い外を歩き回り】クタクタになりました、また改めて パソコンから伺います。

2012/9/14  18:47

投稿者:mizocyan

 ( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
 103年もの歴史有る此処も元小学校だったんだね・・・矢張り廃校ですか・・・
記念碑を見ていると矢張り寂しさを隠せませんね・・

 勿論、手直しされて綺麗な美術館に転換されましたよね〜
鉄のエントランスは何か時空を超えて行くみたいだニャァ〜
室内は白一色で其処に作品の展示が引き立ちます・・
女性がもっとも楽しめるミュージアムも有るんだ〜
 ぽんちゃんも感動しリピーターに成るニャァ〜


http://blog.goo.ne.jp/mizocyan

2012/9/14  15:36

投稿者:Sakulanbo

わ、これは作るの時間かかりますね。
私も、五十嵐さんのお名前って
初めて伺ったのですけれど、すっかり
気に入ってしまいました。
芸術作品って理解できないものが
ほとんどなのですけれど、この方の
作品、自然な感じと芸術的な感じが
がとても素敵です。


http://sakulanbo.blog60.fc2.com

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ