法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2021/11/28

目的が違う  季の散策

瞑想と座禅の違いはなんでしょう。
一見すると同じようですが、
その目的が違うとのこと。
前者は穏やかな気持ちになるのを目的とし、
後者は目的を設定しないのが目的?!とのこと。
目を閉じて、気持ちを落ち着かせ、
精神を研ぎ澄ます…。

さて、みなさんならどちらを選びますか。




         合掌




0

2021/11/27

楽しい夢  季の散策

寝ていて見る夢の中で、例えば、
ものに触れた感覚等ありますでしょうか。
もし、ちゃんとあるなら、
夢だけど「現実」ですよね(笑)。
こう考えると、現実と夢の境界線て、
案外と曖昧な気がします。
意識というのか、
脳が物事を判断するのでしょうから、
私たちの思う確かさは
もともと曖昧なんですよね。
と、そんなとりとめもないことを考えていると
楽しい夢なんかをみれなくなるかもしれません。
せめて寝ているときくらいは…。





         合掌



0

2021/11/26

ちょっと遠回りの  季の散策

できるだけ出かけないようにとは、
この二年に及ぶコロナ禍の心得。
それ以前だって、なるべく近道をして、
時短、ショートカットは時代の慣わし?!
それが、今般は自粛も解けて、
ちょっと遠回りの秋日和なんですよね。
不要不急と縮こまった気持ちを、
少しずつ解きほぐしていきましょう。



               合掌




0

2021/11/25

親指ほどの穴が一つ二つ。  季の散策

晩秋の硬い地面に親指ほどの穴が一つ二つ。
夏にセミが這い出たてような感じでしょうか。
これ、インターネットで検索したところ、
どうやら蛇の冬ごもりみたいなんですね。
穴の大きさはそのまま彼らの体長ということ。
いや、お疲れ様です!!と、言いたいわけです(笑)。
硬い地面をせっせと掘ったのでしょう?!
そりゃ大変ですよ。
春になって彼らと会うのはご遠慮申し上げるとして、
とにかく、この冬を無事に越せますよう、
地上からお祈り申し上げます。


           合掌



0

2021/11/24

簡単で難しい  季の散策

唐突ながら、人は欲しいものを
ひたすら求めると同時に、
手放していく生き物ですよね。
現実的にみんながいい家に住んで、
いい暮らしができるはずもありませんから、
当たり前なんですけど、ようは求め上手か、
手放し上手かが人生哲学になると思うんです。
言い換えれば、価値観の転換、気づきでしょうか。
断捨離よろしく、いろいろと手放すことを
考えるようになりました。
自分にとってに何が大切で何が要らないか…。
さても実に簡単で難しいじゃありませんか(笑)。





           合掌




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ