法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2018/12/1

師走を思う午後  季の散策

夏の忘れ物とでもいいましょうか、
日焼け止めの瓶がひとつ出てきまして、
蓋を開けてにおいをかげは、
ほのかに「夏」が確かにあるんですよね。

それで、
半年前はどうだったのか…。
そんな想像をしてみますに、
遠くなったはずの梅雨から初夏の季節が
案外思い出せたりします。

反対に
半年後を想像しても、
これから迎える冬が邪魔をするからなのか、
あまり上手くはいきません。

さても、今日から師走。

とにかく、
毎日を大切に生きることだけを
考えていきたいですね。


もうすぐやってくる寒さを思う、
法林院の午後…。


             合掌





0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ