法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2019/6/25

ボタン一つの未来  季の散策

家電製品を筆頭に
便利さという「花」が一際輝いた昭和の時代。
耳に馴染んだフレーズに「ボタン一つ」がありましたよね。

炊飯器もそう。給湯器も、電話も…。

何でもホダン一つの
便利な時代になったと思っていました。

時代は更に進んで、
ボタンを押す代わりに機械に話しかけると、電気もパッ?!
そんな時代に入っております…。

ただ、便利さが増すほどに
原点回帰と申しますか、
手間をかけることへの機運も高まっておりまして、
若い人から大人まで「手間」={生きがい」とは何かを
模索し始めたのではないでしょうか。

ボタンを押し、機械に話しかけるのと同様に
自分のスイッチを押し、人と対面して話す、
そういう、未来が見えてきたような気が致します…。



             合掌




0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ