法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2016/3/28

人に優薬の妙あり・・・。  季の散策

窯変(ようへん)というと、
陶磁器を焼成する際の釉薬の変化のこと。
予期せぬ変化は作品の魅力に他なりません。




どのような「変化」を見せるのか、
作り手と作品の一期一会の対峙があるのでしょうね。





人事を尽くして天命を待つ
という心境でしょうか。







たとえは違えども、
人生もまた窯変に似たり・・・。




この春から新しいスタートをきる
人たちに、それぞれの素敵な変化
を期待する法林院の午後・・・。



           合掌




0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ