法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2021/6/27

蓋を開け、また蓋をする。  季の散策

片手でその器を掴んで、
もう片方の手で蓋を開ける。
一口つけてまた蓋をする。

はい、この一連の所作に
どんな場面を思い浮かべますか?
すぐに落語の高座を連想した方は
なかなかの「通」ですね(笑)。

いや、実はこれ多くの方が
毎日無意識にしていることです。
そう、携行するペットボトルの
飲み物のお話なんですよね。

話の合間、移動の途中etc…
高座の落語家よろしく、
絶妙な間(ま)で、日常という
演目が続きます。

下げは、飲み終わりに分別して
所定のゴミ箱へ。

おあとがよろしいようで…。








           合掌




0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ