法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2018/3/31

春満開の午後  季の散策

桜の花の宴が続く中、
少し視線を上げて、
山々の稜線をぐるりと見渡せば、
そこにも美しい春があります。


若葉色を基調に、
ところどころに山桜の薄紅色や、
眩しいくらいの白色が、
独特の文様をして連なっているんです。


春の山は
生命力に溢れているんですね。


近くには桜の樹を、
遠くは山々の景を望む…。

春の遠近観は、
過去と未来を彩ります。


そこはかとなく、
春の季を眺めてみる、
法林院の午後・・。



              合掌



0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ