法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2018/5/27

手ぬぐいを持つ午後  季の散策

湿度が高くなってきたからでしようね、
ちょっとした日差しにじわりと汗がにじみます。

ですからタオルが手放せなくて、
出かける時は二つ持ち歩いております。

さて、タオルという表現は
まさにタオルだからでしょうが、
昔は汗を拭くいえば、
日本手ぬぐいだったんですね。

この手ぬぐいという言い方を
あまり耳にしなくなりました。

腰にぶら下げて、闊歩するバンカラ学生も
もういません。


ぬぐう手にも今は、
使い捨てのウエットティッシュが
馴染むようです…。

それでも、
ふと、あの感触と使いやすさを思い出して、
首にかけておきたいときがあります。


これからの季節は何をしても汗が伴うので、
タオルと一緒に持ち歩こうと思います。



手を洗い、
顔を洗えばまた季節が進む、
法林院の午後・・・。



              合掌




0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ