法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2018/6/27

夏の景を想う  季の散策

竹林の向こうに清流があり、
そこへ続く小径には夏雲がのぞく。


夏の原風景を想像しながら、
あたりを見渡せば、どこかそれに
かなうものがあるもので、
例えば、
グラスに水をはってふちを爪で弾くと
ピンと、澄んだ音が清流を思わせます。


今を生きていても、
気持ちのどこかでは、いつも
過去に出会った物事を探そうとして、
それでつい、原風景になぞらえようと
試みるわけです。



一期一会の夏は
もうすぐそこにあるのですが…。




暑さの和らぎを期待して
黄昏の刻を待つ、
法林院の午後・・・。



              合掌





0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ