外壁は雨漏り箇所のコーキング処理したのが、その際北側の日の当たりにくい箇所は薄く緑色になって、苔の色のようです。ペンキを塗り替えて凡そ8年、水性ペンキなので持ちもこ…" /> 我が家の緑色した外壁の塗装をしないと | オジンの徒然日記

2019/11/15

我が家の緑色した外壁の塗装をしないと  

我が家のホーム外壁は雨漏り箇所のコーキング処理したのが、その際北側の日の当たりにくい箇所は薄く緑色になって、苔の色のようです。ペンキを塗り替えて凡そ8年、水性ペンキなので持ちもこんなものかも知れません。

緑色の外壁の面積もそれほど広いわけでもないので、おじいちゃん素人のオジンが暇に任せて油性ペンキを塗ってみようと算段しています。今日はお店に行って何が必要か、費用はと全く分からないので取りあえず、様子見です。

必要なものはペンキを塗る筆、油性ペンキ、薄め液、苔を取るブラシそしてペンキを作業に使うために薄め液と混ぜたりする容器などが必要になるようだ。量はそれほど必要としないのだが、それでもペンキが3,500円ほどそして他の諸々を入れると最低でも5千円はかかりそうです。

油性のペンキを塗るには冬の寒い季節に行うと溶媒の揮発が少ないので作業はやり易いのでは思っています。それにしても塗装作業について何も知らないのでネットで良く調べるところからになります。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ