ミエナイチカラ

出馬初見

大阪杯の「コレ」を思い出す07番−08番。川田の08番。

桜花賞の4枠07番08番にも、踊らされたしな。

指標位置アドマイヤにはなぜかなぜかのCルメ。
横山武史は権利獲ったタイトルホルダーでなく3戦3勝馬エフフォーリア。
ココでいい感じで負けられれば今年のダービー馬候補。。。とか。
それはもちろん親子がテーマだから2着は父典弘とか。。。チョー妄想チョー脱線(苦笑

うん。ギャロの井崎資料館もね、「大阪杯」を思い出せな記事だからさ。

クリックすると元のサイズで表示します

ミエナイチカラ 投稿者:海豚と泳ぐ日 投稿日:2021年 4月17日(土)22時07分57秒

親子制覇がテーマな時の皐月賞。

1枠02番ゴールドシップ
3枠06番ディープインパクト
5枠09番オルフェーヴル
5枠10番ディープインパクト
6枠11番ディープインパクト
7枠13番ドゥラメンテ
7枠14番ヴィクトワールピサ
8枠16番ディープインパクト


多い父皐月賞馬。まあ三冠馬が種牡馬として人気だから。。。

枠で考えると父皐月賞馬の同居は5枠と7枠。
オルフェーヴルは府中の皐月賞馬だから純粋なのは7枠か。

人気の4枠は、3戦3勝馬とホープフルS優勝馬と2頭で合わせてコントレイル。
ただ弥生賞1人気で3着と、余計な出来事が加わってる意味はあるはず。
7枠にはその弥生賞優勝馬。

4枠と7枠は1着3着。あるいは2着3着の関係かもしれないな。
まだ弥生賞が最重要トライアルとしてのチカラが残っていればなのだが。。。

クリックすると元のサイズで表示します
4
投稿者:虹色海豚
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ