その1 

2011/4/2 | 投稿者: 院長

3月11日に起きた地震以来、街なかは静かになってしまった。桜も咲き始めているのに誰も浮かれていない。
マグニチュード9という、あまりにも大きな被害、巨大津波、そして福島第一原発の信じられない事故。
トリプルで押しよせてきた恐怖。そして現在でも未だ止まない原発の恐怖。
その恐怖が日常生活を送っていても心の底におもりのように沈んでいる。

昼近くに「もうダメだ〜」と患者さんが見えました。
やはり私と同じような気持ちのようでした。お店をやっている彼女、「こんな時勢、誰もお客がきてくれない。商売あがったりよ。いろいろ心配してたら肩バリバリになっちゃった」
確かにバリバリ、腰が右に回転しにくい。それどころか首が全然動かない。
ラクな左へ膝倒しのまま、両手指を右へラクな角度に向けての連動操体法。
胸椎のこわばりがとれたことで首もまわる。残り時間で仕上げをしました。
「あ〜ラクになった〜」この言葉が最高の励みになります。(40代 女性)
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ