その5 操体法だけで。

2011/6/11 | 投稿者: 院長

「すみませんが遠いんですけど出張して頂けませんか? 全然動けないんです」と、SOSの電話。いつも車で来られる方なので余程のことなのでしょう。はじめていく場所なので、カーナビがあるとはいえ方向オンチなのでドキドキでした。やっとの思いで到着。ふとんに突っ伏したままの彼女。ほぐす為のゆさぶりもキツそう。「肩なら自分で動かせます」とのこと。肩のラクなほうを頭上方向に上げてもらって、ごくわずかな抵抗をかけフワッと脱力。足首も動かせるようだったのでヒラメ筋、腓腹筋の順に効くように足首を使った操体法。そのうち、仰向けができるようになり、少しホッとしました。あとはいつものように膝倒し操体法など色々。
結局、今回は最初から最後まで全て操体法でした。精算の時にはヨッコラショと立ち上がり、ご自身で財布を取りに行かれました。午後からどうしても行かなければならない所があったのだそうです。欠席しないで済みましたね。ヨカッタヨカッタ。(40代 女性)
0
タグ: 操体法 整体 気功



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ