2011/3/6  23:32

再び丸地前県立図書館長のパブリック・コメント  

前高知県立図書館長の丸地さんがまた、パブリック・コメントをお書きになったので掲載します。

以下、丸地さんのパブリック・コメント

新図書館基本構想中間報告書(案)(以下、「報告書」)について

合築の賛否については、昨年、高知新聞へ寄稿したとおり反対である。今回は、高知県2月定例会をビデオ・オン・デマンドで拝見し思うところと併せて、中間報告への意見を述べる。
1.相互信頼関係と現場を支える姿勢、覚悟が大切
 図書館の新築・整備と開館後、運営を軌道に乗せるまで、現場には非常に大きな重圧がかかる。特に、その陣頭指揮にあたる館長の受けるストレスは並大抵ではない。だからこそ、図書館の新築・整備が成功するためには、館長も含めた現場職員と、教育長をはじめ県教委の担当課職員との間の相互信頼関係が大切である。後者が、前者を信頼して任せ、最後まで支える姿勢と覚悟が必要である。
2.これでは失敗する確率が高い
 しかし、2月定例会で池脇県議の第2問に対する教育委員長や教育長の答弁を聞いて、失笑を禁じ得なかった。詳細はビデオ・オン・デマンドを見ればわかるが、要するに県教委が自ら、「合築ありき」で進めていることを公の場で認めてしまったのである。池脇県議も「もう決めたとおっしゃられたら、今ここでやっている議論はもう決まった上での議論になる。検討委員会の中間報告でも『合築で決まりました』ということにされていない。」と手続き上の矛盾を鋭く指摘している。それに先立つ田頭県議も議会軽視を指摘し、「これまで4代の知事と論戦したが、こんな形での予算の提案というのは初めてだ」と強く批判している。県教委・県庁が結論ありきの議論をせず、手続きも順当に踏みさえすれば、受けなくて済んだ指摘や批判である。
県民の代表が執行部をチェックする県議会に対してでさえこうなのだから、図書館の現場が軽視されるであろうことは火を見るよりも明らかだ。これでは上述のような相互信頼関係を築くことは到底できないし、失敗する確率が高いと言わざるを得ない。館長のなり手を探すのが難しいのも道理である。
3.慎重な審議を
 県議会におかれては、くれぐれも慎重な審議をお願いする次第である。1つの建物に4施設を無理やり詰め込もうとしているが、これではそれぞれが機能不全を起こす可能性が高いし、駐車場問題等、具体的な解決策が提示されていない課題もある。議論の土台がしっかりしていないのである。「薄氷を踏む」とはまさにこのことである。踏み出して氷が割れた後では遅いのである。
22



2011/3/14  16:41

投稿者:factory coach outlet

おっ、それについての投稿ありがとうございました。トピックは興味深いが表示されます。


http://www.factorycoachoutlets.com

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ