2011/2/17  23:08

『図書館雑誌』(日本図書館協会発行)2月号に高知の問題が  

 日本図書館協会発行の『図書館雑誌』2月号に高知の問題が取り上げられている。

 「北から南から」というコーナーで、元徳島県立図書館の職員で、のちに、徳島県内の2つの町の図書館長をされた棚橋さんによる記事である。

 ただ、棚橋さんは勘違いされていて、新図書館は1万7千平米になると思っていらっしゃる。

 まあ、通常の感覚だったら、205万冊も入れるのに1万3千平米などという発想はしないから無理もないが。

 だいたい1万平米に100万冊が相場だから、200万冊だったら2万平米あったっていいのだ。

 しかし、こんなに大きいのは利用しづらい。2つに分けた方がいい。ということで、結局、市立図書館と県立図書館は分けた方が利用はしやすい。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ