2011/2/28  21:12

前県立図書館長パブリック・コメント第3弾  

前高知県立図書館長の丸地さんがパブリック・コメント第3弾を出したので、掲載させていただきます。


新図書館基本構想中間報告書(案)(以下、「報告書」)について

合築の賛否については、昨年、高知新聞へ寄稿したとおり反対なので、ここでは繰り返さないが、県として、真っ当な図書館行政が行われるようにするために意見を述べる。

1.「高知県図書館振興策」の策定

 県内の図書館整備が、ぶれることなく行われるために、明確な理念に基づいた図書館振興策を策定し、全県域を対象とした図書館振興を、県教委は県民に約束すべきである。その際には、県民や、図書館の現場の意見を尊重すべきである。

2.「高知県図書館基本条例」の制定

 上述の振興策を制度的に下支えし、担保する「高知県図書館基本条例」の制定が必要である。それには、「報告書」にもあるとおり、新図書館への必要十分な人的・物的投資や管理運営体制(直営であることや、館長の権限強化等)も含むべきことは言うまでもない。

3.「高知県図書館振興策」「高知県図書館基本条例」が必要であることの背景

@ 地域の問題解決には図書館の充実が必要
 これからは、社会情勢の変化に伴って発生する様々な問題を行政や住民が解決・軽減していくために役立つ資料・情報の必要性がますます高まる。したがって、新図書館はもちろんのこと、特に高知市以外の市町村立図書館も、今より人的・物的(=職員体制と資料費)両面を充実させるべきだし、未設置自治体には図書館を設置する必要がある。

A 生涯学習を促進する環境づくりが必要
 学校だけが学びの場ではない。人は常に、何らかの方法で必要なことを学んで生きていく。まさに「生涯学習」という言葉が当てはまるが、その1つが本を読むことである。
図書館は、「社会教育のための機関」だが、教育行政が直接的に関わる学校教育と社会教育のうち、図書館への投資が他県と比べて非常に少ない高知県は、生涯学習のための環境が整備されているとは言えない。県教委は市町村教委と協力し、図書館への投資を充実させて、県民の生涯学習を促進する環境づくりに努めるべきである。
 高知県の高齢化は全国平均より10年先行しており、人口減少も激しい。人口学的に見て人口減少に歯止めをかけるのは非常に困難とは言え、発生が予測される問題を解決する時間を稼ぐ意味で、県人口の減少を少しでも緩やかにするための対策を立てることは、県が取り組んでいる県外住民の移住に関する施策も含めて、非常に重要である。生涯学習を可能とする環境づくりはそのためにも必要であり、それには図書館の充実が必須である。
 
12



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ