2009/8/11

しっかり  

しっかりと腕を切る左腕で細かい制球を考えず、球威のあるキロ前後の速球でグイグイ押す投球スタイルで小気味良く放る投手。
年目の阿斗里に熱い視線を送った。
フリー打撃への登板は初めてだったが、は十分。
回途中から登板の戸狩は本来のを欠き連打される原因として、が落ちた、球が真ん中に集まった、配球が単調になったなどが考えられる。
このパートでは その結果、アップとコントロールアップが実現します。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ