最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2015/6/18

メンテ"力"upセミナー@札幌  トコ企画セミナー

6/16(火).17(水)は、メンテ“力”upセミナー@札幌文化教育会館
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

1日目は27人、2日目は26人と、
これまでにない少人数の、札幌でのメンテ"力"upセミナー。

でも、復習受講者の多いのが、このセミナーの特徴なのに、
今回は骨盤ケアを初めて学ぶ人が、9割以上を占め、とても新鮮。

復習者は、6/18(木)の新生児ケアセミナーや
7月に帯広開催予定の、骨盤ケア アドバンスセミナーや
安産誘導セミナーを受講するのだろうから、前進、前進(^_^)v

1日目のアシスタントは、札幌在住で
石狩で勤務助産師として働いている堀江さん。
     ↓
 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
                            ↑
     2日目のアシスタントは、芽室在住の前川さん
     長年保健師として働き、今はフリー助産師として活躍中。

前川さんには、2日目の最後の実習のベビーケアグループの
講師としても頑張ってもらった。

前川さんは、翌 6/18(木)の新生児ケアセミナーには、
受講生として参加。

小林いづみ講師と、アシスタントの三浦助産師の
手伝いもしてくれる、マメな人。

その前川さんが、セミナー終了後、私にメールを送ってくれた。

・・・前略・・・

今回は、これまで受講者として参加していた時とは
違った学びが、多くありました。

まず、周到な準備があっての講座であることが
よく分り、勉強になりました。

また、これまで受講してきた講座を振り返り、
とても有り難い気持ちになりました。

そして、何より、まだまだアシスタントとして
デビューする力量のない自分を認識し、
「ますます学習が必要!」と実感しました。

保健師であったベースを如何に発揮すべきか、
“予防”を視点に、「出来ることは何か?」と、
原点に立ち戻るきっかけを頂きました。

・・・後略・・・

広大な北海道で骨盤ケア・まるまる育児を普及していくには、
たくさんの有能な講師が必要。

新生児ケアセミナーの講師として勉強中の
三浦智奈美助産師をはじめ、たくさんの人に頑張ってほしい。

そうでないと、歩かず足腰の弱い北海道の、
母子の健康を守れないわ〜。
3
タグ: 札幌 北海道 助産師



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ