最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2015/6/20

夏椿がたった一輪(-"-;  ガーデニング(京都の庭)

名古屋→東京→札幌⇒東京と遠征し、
11日ぶりに、京都に舞い戻った 6/20(土)は、施術日。

9日(火)はまだ「蕾固し」だった夏椿(シャラの木)なのに、
見たら、咲き終わった花が、
茶色い見苦しい姿となって、たくさん落ちている。

「えーっ、咲いた姿を一度も見ない間に…」(-"-; 
と、上の方に眼をやると、あった! たった一輪!
                      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

こちらも一番きれいな時は過ぎ、きれいに咲いているのは少しだけ。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

如来さんの花瓶が二つとも空っぽになっていたので、
木の下部や後部で、花がまだ元気な枝を切って、お供え。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

咲いている期間が短い花は、愛でる暇もなく散ってしまうが、
秋になれば実が色づくことだし、まぁ、しゃあないね。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ