最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2015/6/21

本降りの生駒の庭に咲く紫陽花  ガーデニング(生駒の庭)

6/21(日)は生駒での休日。

なのに、返事できていないメールや、
ブログにupできていない写真がいっぱい溜まっていて、
(土)の夜からほとんど、パソコンに向かいっぱなし。

(日)の午前中は日差しが強く、
庭に出て紫外線に当たるのも嫌や。

それに、カンカン照りだと写真も上手く撮れないので、
トイレや家事で立った時に少し体操をして、また、パソコンに…。

そうこうしているうちに午後。雲行きが怪しくなってきた。
全国的に不安定な天候との予報。

「今のうちに!」と、庭に出ると、間もなく、降りはじめた。
傘をさして、カメラを持っての撮影。

一番大きな紫陽花の木。色が濃くなってきた。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

その向こうの「城ケ崎の雨」が、咲いている!
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

生駒のは毎年このように青〜紫に咲くのに、
挿し木で増やしてトコガーデンに植えたのは、桃〜紫色。

クリックすると元のサイズで表示します

   今年はどんな色で、トコガーデンで咲いているのか、
      6/24の会議の日に見るのが、楽しみ〜。

    オオバギボシも咲いているが、やや散りぞめ。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ハンゲショウ(半夏生 or 半化粧)も白く色づいて来た。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

夏至から数えて11日目が半夏生(ハンゲショウ)。

その頃に花が咲くから、この名がついたというのに、
今年はまだ夏至にもなっていない。早すぎるわ。

すぐにザーザー降りになり、西の通路から裏には回れず。
これまでの降雨で倒れかかった枝を切り、3個の花瓶に詰め込んだ。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「アジサイには雨が似合あう」などと言われるが、
強い降雨は花を倒してしまうので、ほどほどに降ってほしい。

でも、生駒の雨なんて知れている。

近年、京都ほどは豪雨に見舞われていないし、
ましてや、九州と比べれば全然大したことない。

ガーデニング愛好者にとっても、
近年の異常気象は辛いね〜。
3
タグ: 紫陽花



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ