最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2015/6/6

「とりなご」@京都府福知山市  グルメ(外食・中食)

6/6(土).7(日)、京都府福知山市でのメンテ“力”upセミナーの
1日目終了後、地元でセミナー成功のために頑張ってくれた助産師達と
私と川西事務局員とで、食事に行くことになった。

選ばれた店は、助産師の一人の知り合いが働いているという
「とりなご」。鴨料理の店で、東京の恵比寿にも支店があるそうな。
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                            ↑
            “鴨すき”がこのお店の看板料理
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

子どもの頃は毎年、近所の人からもらった鴨で、
鴨鍋を食べていたが、
何となく「青臭い」と感じて、私はあまり好きではなかった。

でも、50年以上は食べていない気がする。
子どもの頃とは味覚も違うだろうし、プロの鴨料理は楽しみ。

美しい肉! シシノミ(イノシシ肉)みたい。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                ↑
まずは、もも肉の唐揚。豪快で美味。鴨すきも上品で美味しい。
実家ではブツ切りだったから青臭かったのかも?   これが私
                                   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

サラダやいろんな料理を次々と注文し、飲んで食べて。
一緒に食事していた人たちの施術も、次々にして、

クリックすると元のサイズで表示します

店員さんも軽快に歩きまわり、爽やかなに応対してくれる。
注文した料理は次々に運ばれて来て、ミスもトラブルもなし。

美味しく気持ち良く食事ができ、
いっぱいおしゃべりもできて、本当に楽しかった。

近畿以外では、これだけ気持ちのいいお店は少ないと感じる。
なにかと店員さんがドンクサイんやね〜。
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ