最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2015/8/1

重症化する子どもの便秘  赤ちゃん・子ども

7/31(金)の朝のNHKニュース「おはよう日本」の特集は
「重症化する子どもの便秘」

缶ビールくらいの大きさの、便の塊が写っている
6歳の女の子の腹部X線写真が映し出され、唖然(@@;

済生会横浜市東部病院の調査によると、
7割の子ども達が、便秘の悩みを抱えていることが分かった。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します 

詳しくはこちらを。

私は開業後、乳児を持つ親御さん達から「7〜10日くらいの便秘」
という相談を受けることが時々あった。

「そんなひどい便秘は、20年くらい前までなら
ヒルシュスプルング病”などという
めったにない病気でしかなかったはずなのに…?」

「これほどの頻度で、こんな病気があるはずがないし…?」と
疑問に思っていた。

でも、骨格の動きを良くするようにケアすれば、
腸を支配している神経の働きも改善するようで、
改善する子がほとんどだった。

最近は“まるまる育児”が広がってきたせいか、
そんなひどい便秘の相談を受けることは、なくなってきた。

「でも“まるまる育児”で育てられなかった幼児や、
小学生などの中には、ひどい便秘の子が、
たくさんいるのでは?」と思っていたら、やはりそうだった。

便秘は食生活や生活リズムが、
大きく影響することは言うまでもないが、
対策として、この特集の中で紹介された
「祝便体操」が効果的と思った。

教室で小学生が皆で「もしもし便よ便さんよ〜」と
「もしもし亀よ亀さんよ〜」の替え歌を歌いながら
右肘と左膝、左肘と右膝を交互にタッチする「祝便体操」をしていた。

これを見て、私は「この体操は効きそう」と思った。

なぜなら、腹斜筋を鍛える効果や、
腸の働きも改善させる効果が高いと思うから。

ひどい便秘の子は、腹直筋も離開していると思う。

腹直筋離開している人は、
右肘と左膝、左肘と右膝をタッチする動きは苦手である。

なので、腹直筋離開を改善させ、腹筋を強化し、
腸を支配している神経の働きを改善させれば
便秘は改善すると思う。

としたら最も簡単で効果的な体操は、
おひなまき体操”ということになる。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

私は便秘の経験がほとんどないもので、
自分で実験できない。

便秘に悩む大人も子どもも“おひなまき体操”
“おとなまき体操”をしてみれば、
「効果を実感できるのでは?」と思う。 ⇒7/29.30.31 の記事参照

効果があるとなれば、この体操は効果が長持ちするし、
毎日しなくても、体はどんどん良くなっていくので楽である。
10
タグ: 便秘 子ども



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ