最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2015/8/13

旅行中に夫を“おとなまき”に  体作り・健康増進

夫は、子どもの頃から、近所でも有名な悪ガキ。

小学生の時に、お寺の門扉に登って遊んでいて
頭から転落。気絶したことがあるらしい。

中学生の頃からずっと耳鳴りがあり、
高校生の頃からすでに高血圧傾向。

36歳の時に、交通事故でひどいムチウチになり、
首が回らなくなったが、
これは、私の施術で48歳のときに良くなった。

近年は左足の動きが悪い。
最近は「右の首すじが凝って痛い」と言う。

触診すると首と頭のバランスか悪いが、
太くて短くて、重くて、私の手に負えない。

「一度“おとなまき体操”をさせてから、
師匠に施術をしてもらったら、良くなるのでは?」と思って、
7月中旬、私の京都施術日の昼休みに、
私のカイロの師匠と夫を、トコ会館に呼び寄せた。

師匠に施術をしてもらう前に
私と助手と2人がかりで手伝って
“おとなまき体操”を、5分あまり続けた。

その間「痛い! 背中! 腰!」と、叫び続けていた。

でも、体操の前後に私が触診すると、
わずかな時間なのに、
ずいぶん凝りが柔らかくなり
頭・首の骨のバランスも改善!

それから師匠に施術してもらった。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                        ↑
すると、160/90前後だった血圧が、
その後何度測定しても、130/80前後に落ち着いた!

顔色も表情も姿勢も良くなり、
自他共に5歳以上若返った感じがした。
すごい効果に、私もしばし呆然。

しかし、その後は夫の“おとなまき体操”に付き合う時間は
私にはない。もちろん、夫は一人でてぎない。

超早寝早起きの夫と、全く反対の私。
夫は4時頃起床、その少し前に就寝する私。

生駒の家に同時にいても、
時々食事のときに一緒の行動をするくらい。

お盆前に、長男に施術してもらって、
体操を教えてもらった。

右首すじの痛みは、「ましになった」と言うが、
「また痛みが復活して来ている」と言う。

「まじめに体操せんからや」と言っても、
効果が現れる体操を、一人で上手くできる人ではない。

そこで「旅行中に絶対に“おとなまき”をさせよう(o^-‘)b」
と思ってバッグに詰め込んだ。

野呂高原ロッジの6畳の狭い部屋で、
敷き布団を2枚、シーツでピタッとくっつけ、
首の触診をした後、顔まで包んだ。
この状態で、まずは横にゴロゴロ⇒クリックすると元のサイズで表示します

「もぞもぞと動くように!」と言っても、
なかなか動かない。動けない。

クリックすると元のサイズで表示します

肩から斜め前に起こすように手伝ったり、
最後にだるまさん起きさせようとしても…、

重いこと。重いこと((+_+)) 私はヘトヘト_| ̄|○

これまでに“おとなまき体操”を私が手伝った100名弱の中では、
これより重い人は、多発性硬化症の人くらい。

なんとか“おとなまき体操”を10分ほど続けた後、
解放し、首の触診をしたところ、ずいぶんと改善していた(^_^)v

そこで、これまで改善しきらなかった部分をトライ。
すると割と簡単に、骨さん達はきれいに収まった!

「どう?」と尋ねると、「右首すじの痛みが消えた!」
と言ったとたん、爆睡。

「良かった〜、やれやれ、これで今回の旅は
無事に終えられそう」と、私は安堵したのでした。
9
タグ: 体操 肩こり



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ