最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2015/12/16

ホンダ スマイル ミッションの放送内容、ネットで見られる!  SNS・出版・報道

12/14の記事でお知らせした、
12/16(水)8:10〜放送のJFN系列の
FMラジオ ホンダ スマイル ミッション で
予定通り、私の取材番組が放送された。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

こちらの12/16をクリックすると写真をたくさん見られ、
記事はこちらから見られますので、ぜひどうぞ。

ルーシー'Sブログの12/17日の記事「一発正解」
「股関節が痛い」というルーシーさんを、
私が施術している写真や記事が読めます。

12/17は、赤ちゃん発達応援セミナー。
会場の京都トコ会館の1階研修室に入ると、

「昨日、FMラジオ聞きました!」
数名が声掛けてくれた。

そして、「たった5分間で、あれだけの内容を、良く喋れましたね〜」
「杉浦太陽の声も良かったけども、信子先生の声も良かった!」
などなど、身に余る称賛の声をいただき恐縮。

私は聞けていないので、
どんな声でしゃべったのか…、わかりません。

ディレクターさんが、放送内容を録音して、
送ってくださるそうなので、楽しみに待つことにします。

杉浦太陽さんが、ルーシーさんの
“おとなまき”体験レポート後、

「育児も、仕事も、家事も、もちろん車の運転も、
今よりもっと快適になるかも知れません!」

と話されているが、
妊娠・出産・育児だけでなく、車の運転も、
「しやすい体」と思えない人が増えていると感じる。

事故を起こさず上手に車の運転をするには、
集中力・状況判断力はもちろん大切。

そして、目で周囲を見ながら、ハンドルを適切に操作するには、
良く動く首や目が、絶対に必要だと思う。

私は運転免許を持っていないので、
運転をしたことがないが、それくらいはわかる。

車の運転の下手な人が増えれば交通事故が増える。

高齢者が事故を起こすリスクが高いからと、
運転免許の自主返納を呼び掛けている。

高齢者が運転が上手くできなくなることは、
やむを得ない、生理的現象である。

しかし、「運転が怖い。事故を起こして被害者になりたくない」
という若者が増えていると感じる。

若者が起こしたとんでもない交通事故も、
しばしば報道されている。

また、若者の車離れが進行していると報道されている。

その理由として、若者の経済力の弱さや、
趣味の多様化…云々といわれている。

たが、私はそれだけとは思えない。

安全快適に運転できない体の若者の増加が、
表に現れない理由として、広がっている気がして仕方がない。

車を上手く運転できない若者が増えるということは、
他の仕事も上手くできない若者が増えることに、つながると思う。

そう考えると気分がめいってしまう。

でも、体は変えることができる。

“おとなまき”でセルフ整体をして、
仕事も車の運転もレジャーも楽しめる体を
手に入れてほしいと願うばかり。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ